fc2ブログ
公共事業としての「除塩」、「瓦礫処理」
ここは仙台市若林区蒲町交差点そばのY字路である。
秋晴れに恵まれた本日、私は無性に田舎の空気が吸いたくなり、愛車シェルパを仙台市東部郊外へと走らせた。

バイパスのそばであり交通の要所であるY字路にこんな祠を見かけた。
この辺で遭遇する祠は極めて珍しい。
南無阿弥陀仏、慈悲深い言葉である。
添えられた花と茶碗に注目して欲しい。
信心深いかたのお心遣いと思われるがありがたい御心に触れ、癒しを感じる時である。

この日の往路(オレンジの線)と祠のある場所(○印)を航空写真で確認して頂きたい。

ご覧の通り、既に稲刈りの終わったところもかなり存在する。

少々マイナーではあるが、田舎の神社は旧道との密接な関係を示すものであり極めて興味深い。

この神社にも馬頭観音などの祠が祀れていた。

神社の位置を航空写真で確認して頂きたい。

除塩作業の主役はブルドーザ―である。
私が見た限りでは塩分を含んだ土をこのように押し一箇所に集積し、他に搬出しているようだった。

除塩作業は国の公共事業としての発注(発注者:東北農政局)である。

ここは大沼といって農業園芸センターの近くに存在する大きな沼である

大沼と掲載した写真の位置を航空写真で確認して頂きたい。
□:ブルド―ザ―位置、○:大沼撮影位置。

ここは大沼からさほど遠くない場所にある「再生骨材」販売所である。
ここで瓦礫となったコンクリート片を受け入れて、破砕機にかけて再生骨材にして販売する。
タイヤショベルが忙しく動き回っているのが印象に残った。

再生骨材販売店の航空写真をご覧頂こう。
もちろんここも昨年津波を被った場所である。

これは別の公共事業である。橋の修理ということだが、復旧が待たれるものである。

これは現場に導入されていた10トン積みの不整地走行用ダンプである。

ここは塩竈-亘理線の交差点であるが、ダンプの走行が頻繁であり、白い土埃が舞っていた。

次に私が向ったのは宮城野区六丁目中町のそば屋「草太」である。
ここは食べログで☆3.5以上がついていた店であり、以前から是非行ってみたい店であった。

そば処「草太」の場所を航空写真で確認して頂きたい。
赤□のところがそうである。

これは「草太」の主人の能書きである。そばに対する並々ならぬ心意気がうたわれている。

この店に11時半に来た時はご覧のように一番乗りであった。

このようにガラス張りで、そばをうっているのが見れるような配慮も素晴らしい。

天童蕎麦、300グラムのボリュームで普通の店なら大盛りの部類に入るのかも知れない。
宮城県の蕎麦の多くは手打ちでないため、こういった店は少数派である。
山形並みの「本場のそば」を宮城県に居ながら味わいたい…
その願望をこの店は見事にかなえてくれた。
 
この固さをしいて例えるなら固めのチューインガムくらい
とにかく歯ごたえが半端でないのだ!
また、蕎麦の大切な要素は固さだけではない。
繋ぎのほど良い加減(ぼそぼそ過ぎないこと)も非常に大切な条件である。
 
この蕎麦はこの条件をハイレベルにクリアしていた。
本当に美味しい穀物は下手な味付けは無用であり、シンプルさが一番と思う。
私は蕎麦の素材に感謝しながら天童そばをたいらげた。

関連記事

コメント

No title

まだまだ復興の途中なんですね。
家に戻れない人も多いですし、終わってないんだな、と実感します。

本格手打ちそば!いいですね!
こちらにもあるにはあるのですが、なぜか高いです(汗
気にはなりつつも、安い店で我慢しているのが実情です。

URL | みきてぃ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
ニュースでは、あまり話題にならなくなりましたが、被災地ではまだまだ大変な思いをされているのですね。
小さな神社や祠、こういう場所にこそ、昔からの信仰の形があるように思いました。
蕎麦、画像からでも麺のコシが伝わってきました。美味しそう!

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

未だに復興されていない場所を見ると1日も早く修復されて欲しいと
思う気持ちが一杯です。
小さな神社は祠にも、昔からその土地に住む方達の願いや想いを
感じますね。
そして、こだわりの手打ち蕎麦!これは良いですね!('∀`)
蕎麦打ちを見ながら、そのお蕎麦を食べる事が出来るのも
素敵だと思います。美味しそうですね~!

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ライトさん、昨日は酔いにより睡魔と戦いながらブログをアップしました;;
到らなかった文章を今朝校正し、多少は見られるようになったかと思います(笑)

ダンプの行き交う交差点は荒浜といって実は一つの集落でした。
昨日なにも無くなっていたのを見た時は大きなショックでした。
道路復旧、河川整備、田の除塩…
仮設住宅もこの近くに建っていますが、一日も早い復興が待たれますね。

反面、公共事業としての瓦礫処理、除塩の派中は建設業に多くの雇用をもたらしており、昼休みのコンビニは多くのダンプのドライバーで混んでいました。

この蕎麦は「食べログ」で下調べして行っただけに「当たり」でした。
手打ち蕎麦は店によってレベル差が顕著に出ますが、この店はAクラスの太鼓判を押したいと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、昨夜は睡魔と戦いながらのブログアップでした(笑)
復興の工事として多くの公共事業が発注されていますが、海に近くなればなるほどいまだに惨状が広がりますね。

最初の祠は非常に珍しい場所にあり以前から気になっていました。
神社や祠に接すると、心が和むのを感じますね。

この蕎麦は下調べしていっただけに最高でした。
蕎麦にまつわる記事も昨日のものでは粗末でしたので、今朝校正をかけ大幅に見直しました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、睡魔と戦いながらのブログアップで到らない文章になり、恐縮しています。
今朝、要所要所に手を入れて校正をかけました。

こうして見てみると、改めて震災のもたらした規模の大きさに驚きます。
反面、復旧の公共事業が建設業に活気をもたらしているのも事実です。
昨日はそんな雰囲気を実感したくなりこの地に足を運んでみました。

多くのものが姿を変えていく中で変わらない祠や神社に触れると心が落ち着きます。
家内、道中安全、豊作を願う昔人の思いも伝わってきます。

この蕎麦は是非リピートしてみたいですね。
バイク仲間で「草太」の蕎麦を食するオフ会も企画に値するものかも知れません。
PS:この但し書きを見て、或いは蕎麦打ち作業を拝見し、「蕎麦作り一筋」の親方の真摯で一途な人柄に触れた気がしました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

家内の実家も海水に浸かった事がありましたが、塩害というのは厄介です!
蕎麦屋さんもここまでくると、たいしたものですね。それにしてもミックさまは、最後は麺類で締め括り!
今日も有意義で楽しいバイクの散策を、有難うございました。

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、除塩作業は試行錯誤しながら徐々にやっていっているようで手間がかかりそうですね。

この日も定番の麺類での締めになってしまいました。
蕎麦屋の主人は弟子入りして修行を積んで独立したようです。
この能書きの「生涯をたくし云々」部分を見て感心しました。
是非リピートしたい店の一つですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

「除塩」という言葉をはじめて目にしたのですが、雨に流れてなくなってしまうようなものではないのですね。(驚)

我々関西人が知らない苦労がまだまだ山積みなのですね。

ところで時間がゆっくり過ぎているような雰囲気、私も好きです。

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は(#^.^#)

海水による土壌の塩分濃度の調整は大変だと聞きます。どのように塩分濃度を下げて行くのかわかりませんが、年月がかかるし、大変な作業ですよね。それでも諦めずに挑戦されて行く東北の皆さんに頭が下がります。

手打ち蕎麦はいいですよね!私も自宅の近くに美味しいお店があります。今のところ、他の蕎麦を食べても家の近くにある蕎麦屋さんが一番です。もう少し時間ができたら、是非、ミックさんの行かれた蕎麦屋さんまで行ってみたいです(#^.^#)

URL | mamiya ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

gt_yosshyさん、除塩はまだ始まったばかりでこれからが本番と言えそうですね。
ダンプが行き交う交差点の向うは荒浜(別名深沼)という部落があります。
ここはその昔、文豪島崎藤村が仙台の現在の駅の近く(ここから10キロ近く北西)に下宿していたころ、波の音が聞こえたことで有名になった浜でもあります。
この日は走りながらそんな思いも頭をよぎりました。
由緒ある浜が一日も早く復興するのを望みたいですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

mamiyaさん、除塩は土をはぎ取る深さなど、未知なことも多く、思考錯誤しながらうやっていくしかないようですね。
仕事とは言え、大変な作業のようです。

この蕎麦店はインターネットで調べ、評価が高く、かつ一般の民家(農家)を改造したようなたたずまいに魅力を感じ足を運びました。山形の地方に行くと古民家を改造した屋敷でわびさびを感じながら、極上の蕎麦が食べれる場所が多く、魅力を感じます。

この店の一番の持ち味はなんと言っても素材にこだわるご主人のまじめなお人柄ですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。

ミックさん、連休はどうされていましたか?
ゆっくり何か楽しんめたかしら…

園芸センターはもう再開しましたよね。あそこまでも津波の被害と思うと切なくなります。
田畑は塩を取らないと作物ができませんものね~
果てしなく大変な作業です。

そんな思いの中のお蕎麦は美味しかったでしょう~
太めでコシが利いていて…
これから新蕎麦ですね~

ミックさん、山形蔵王温泉の「 もってのほか 」に是非行かれてみて下さい。私の一押しです! ナイス

URL | ミント ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

あれだけの大津波での海水ですから、塩害で大変でしょうね。
塩害の対策は進んでいるのですか?

放射能除染と同じで難しいのでしょうね。
関係者の頑張って頂くしか有りませんね。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミントさん、ナイスを頂きありがとうございます。
連休はバイク七分、読書三分といったところで、きょうは蔵王に行ってました。

園芸センターは残念ながら熱帯植物用の温室と賃貸家庭菜園がいまだに再開していません。
私も冬場によく行っていましたので、大変残念なことです。

草太は大当たりですので是非行ってみてください。
山形蔵王温泉の「 もってのほか 」…本日もう少し走れば行けたのかも知れません。
次回の楽しみにとっておきます。
情報ありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、ナイスを頂きありがとうございます。
除塩ですが、工事現場の立て札には「試験中」と書いてありました。
この言葉からおそらく試行錯誤も覚悟という印象を私は持ちました。

まさに力仕事しかないという感じですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん こんばんはぁ~☆!

震災から1年7ヶ月が過ぎた今でも、地震や津波の
爪痕が残っていますよね・・・
でも、少しずつ復旧復興していく姿を見て、
人間の強さ逞しさを感じています。

お蕎麦、美味しそうですねぇ~!!
4号線のその付近を通る度に、実はとっても
気になってました。
今度、是非行ってみたいなぁ~と思います https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s368.gif">

ナイス!☆

URL | Maya ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Mayaさん、聞いてはいましたが津波を被った田の復旧がこれほど手間のかかるものだとは思っていませんでした。
公共事業としての発注は当然だと思いますが、この日は震災から立ち直ろうとする人々の心意気を感じました。

この蕎麦屋さんは確かにバイパス(R4)から近いのでアクセスしやすいですね。
箱堤交差点か六丁目交差点から入るのがベターと思います。
位置的には産業道路の中間点、第2斎喜ビルの北西側200メートルになります。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)