fc2ブログ
   カルメン 第一組曲 闘牛士   
 大観衆の注目を集める闘牛士、彼らを支えるのは卓越した技術と勇気である。彼らは命を張っているのだ。数ある戦いの中では彼らは命を落とすこともある。だからこそ彼らは注目されるのである。では彼らとは違った一般人はどうなのか?
 
 ご存知の通り、世間には自己顕示欲の強い人間がいっぱいいる。だがニーチェに言わせると彼らのほとんどは注目されたくても注目されてないというのだ。それは一体なぜなのか?ここに人間心理の深層部を鋭く突いた彼の言葉を紹介する。
(以下「超訳ニーチェの言葉」から引用したものを要約しアレンジ)

        以下ニーチェ「人間的なあまりにも人間的な」より
 
 パーティーに出てみると自己顕示欲の強い人によく遭遇する。多弁家、目立つ衣装を着た人、顔の広さを鼻にかけた人、孤立した人…彼らは共通して自分だけが注目されようとしているが、この考えは間違っている。これは彼らが自分だけが注目されるべき役者だと思っており、他の者を全て観客と思っているからだ。これは観客の居ないオペラと同じことである。

 人生においても同じことが言える。ある人は権力で、ある人は学歴で、ある人は同情を誘う哀れさを人にアピールすることで注目を集めようとしている。だがこの目的はほとんど果たされていない。なぜならこれらの多くの人は自分が主役であると同時に観客であるということを忘れているからだ。

                   筆者コメント
 
 多くの人は自己顕示欲を持っている。だがニーチェの言うように、注目されたいと思えば思うほどそっぽを向かれることだろう。ここでキャッチボールを例におげてみよう。
 
 まず自分の投げたボールをパートナーがしっかりと受け止めてくれる。これで相手に対する信頼が生まれるだろう。今度はパートナーが投じたボールを自分が受けとめる番である。だがこれを軽視してはならない。
 
 キャッチボールにおいては自分が相手の取りやすいところにボールを投げるだけでなく、相手の投じたいろんな球筋をきちんと見極め、確実にボールを取ってやることが重要である。
 
 むしろ相手から信頼を得るには、相手のボールを確実に取る(相手の言っていることをしっかりと聞く姿勢を持つ)ことのほうがより大切なのではないだろうか?世の中は他人と自己の双方があって初めて成り立つことをよく考え、改めて心に刻みたい。

関連記事

コメント

No title

こんばんは。
自己顕示欲、人は多少は持っていると思います。人とは違う自分でありたい、と願っています。
自分自身も若い頃は、そのように考えていましたが、身体が丸くなるにつれ、自分の考えも丸くなり、ありのままの自分を受け入れる努力をする様になりました。客観的に見て、自分が優れた人間でない事を理解し、それを前提として、残りの人生を送る事を考える様になりました。
自己主張やわがままな生き方を、個性的であると勘違いしない事が、重要と考えています。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おっしゃってる事が、わかるような気がします。
一方的に自分のエゴや価値観を主張するのは空振りな気がします。
私の仕事でも、まずは傾聴し関わることが
大切だと感じて接しています。
そこから、お互いの信頼関係や理解が深まっていく気がします。
自己顕示欲の強い方も多いですが、自分だけではなく
相手を理解する気持ちもとても大切ですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、自己主張とわがままはニュアンスが違うと思います。
独りよがりなわがままは成り立ちませんが、相手の意見を良く聞いたうえでの自己主張はありだと思います。
これは考え方の相違ですが私は自分と考えの違う人のいうこともよく聞き、共存することが大切だと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、生前、人付き合いの苦手なニーチェでしたが、この言葉通りの生き方を彼はしてなかった、否プライドがじゃまして出来なかったと私は思います。
でも彼の心の奥底にはこういった冷静な分析がされていたんだなと思い、改めて彼の非凡さを感じました。
ここ言葉は「自分を客観視する」ことの大切さも教えていると思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
すいません、ちょっと自分の言葉選びがちょっとまずかったです。
ミック様のおっしゃる通り、相手の意見を踏まえての主張は有りだと思います。過度の自己主張と 書くべきでした。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちわ
ご無沙汰しております
社会において自分を誇示しようとすることによって
かえってそっぽをむかれることは多々あることだと思います
話し上手は聞き上手 優秀な営業マンほど
全てが終わったときにその人柄の違いははおのずと理解されるものだと信じます
相手の情報をすばやく的確に入手して
顧客の懐に飛び込むのが上手なものです
下手な営業マンは 自分や商品を売り込むことばかり考え
一方的にしゃべり続けて押し売りをするものですね

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

小生は目立ちたがり屋で、他人さまが「へぇ~」と言うとニタニタしているのです。これは自慢たらしくやると嫌らしいので、ピアノなどは黙って練習しておいて、パッと弾くのですが・・・ゴルフでも・・・!

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、ここで私は昨日と逆に「注目される理由」について述べたいと思います。
ニーチェの文の「ほとんど」というところがミソです。
ほとんどということは逆にいうと一部は注目されるということであります。
もしその人が凡庸の域を越えて一流になったとしましょう。
これはそっぽどころか、もちろん注目されることになります。
あくまでニーチェの言葉は「普通の人」へのメッセージと考えていいでしょう。

お言葉の件は気にされないでください。
こちらこそ気を使わせてすみませんでした。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

あぶさん、こちらこそご無沙汰しております。

買ってもらいたい一心で商品のアピールだけをする営業マンはどうかなと思います。
私は商品を売る前に相手の意見を聞く度量を見せるのがいい営業マンだと思います。
主役と脇役と観客を上手に使い分けることが営業センスと言えるのでしょうね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲龍水さん、いろんな世界で負けず嫌いの人が一流になるのはよくありますね。
一流になるためには自己顕示欲も必要となることでしょう。
ニーチェが文の中で「ほとんどの人…」と言っているように、困難に打ち勝ってその道を極め、一芸に秀でたかたは逆に注目されることになります。
私はそういう立場のかたも認めながらも彼の言葉を改めて心に刻みたいと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

自己顕示欲を満たすには、まずは協調性を見せろ、という事でしょうか。
それができる人は、自己顕示欲を持たない気がします。正直。

しかし、自分を売り込む必要がある場合、自分の長所だけを述べるだけでなく、相手の懐に入って会話を交わし、日常的な部分に自分を印象付ける事が鍵ではないか、と感じる事があります。
そこらへんにいる平凡な人間だけれど、その人がいないと悲しい。それが本当に「注目される」「頼られる」などという事ではないでしょうか。

URL | みきてぃ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ライトさん、ニーチェの言葉は多くの哲学者の例に漏れずに矛盾も含みます。
自己顕示欲と協調性は確かに相対することですが、ここでは協調性というより聞く耳を持てという程度に考えたほうがいいと思います。

そういうニーチェも人付き合いは苦手で、心を割って話せる友人は極めて少なかったようです。
おそらくこれは理論ではわかっていても彼の苦手な分野であり、頭の中で考えても実際には実行できてないことだと思います。

人との対話は大切ですね。
対話によって心を動かされることはよくあります。
平凡な対話の積み重ねこそ、やがて非なるものとなり得ることと私は思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、こんにちは。

私は、皆さんの様な難しいコメントはかけませんが、信頼関係は
絶対に必要です。
長年、自営業を経営してました、其の時の顧客と信頼関係がないと
商談がまとまりません。
これが、私の率直な意見です。

こんな、コメントですみません。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、コメントから十分にお気持ちが伝わりました。
ニーチェは人間にとって対話が大切であることをこの言葉で表したかったのだと思います。
わたくしも皆さんとの信頼関係を第一に掲げ、対話を大切にしてブログを運営していきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん こんばんはぁ~☆!

ニーチェの言葉、ミックさんの言葉、両方とも
とても身に染みて感じました。
相手を認めてこそ、初めて自分も認められる。
相手に誠意を尽くしてこそ、初めて信頼を得る
んですよね・・・自分のことばかり考えていては、
周りが振りむいてくれるはずがないですよね・・・
先ず、自分が他の人たちの観客であることを
意識しないといけないですね。
心に刻んで生活をしようと思います!!

ナイス☆!

URL | Maya ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Mayaさん、ニーチェの言葉では注目されない理由については語っていますがされる理由については読者の想像を掻き立てるような言い回しになっていました。
それで私は注目されるにはどうするかをサブテーマとして掲げ、あえてここで述べさせて頂きました。
【自分が相手の観客になるから相手の信頼をもらい、やがて自分の観客になる】…ギブ&テイクの精神、これはいろいろな世界に通用することではないでしょうか?

ここに告白しましょう。実はこの言葉は私にとって図星だったのです。
人間は図星のことを言われると大概の場合、反感が湧くものです。
私にとってこの図星ながら悔しい言葉を受け入れられるようになったのは数日の冷却期間を経てからでした。(笑)
ナイスありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)