fc2ブログ
震災から一年半、石巻の復興更に進む
きょうは休みを利用して朝早くから実家石巻の墓参りに行った。
墓参りを終えてから気になる復興の進み具合を確認したくなり、石巻市中心地に足を運んだ。
このあたりは間違えなく津波の被害にあったところである。
 
現在も被害を受けた建物の解体作業は進められていた。
しかしこんな魅力のあるカフェも営業していた。
私はこの中南米の国を思わせる派手な国旗に思わず目を奪われた。

店は2階で営業している。メキシカンハットの銘版がいい感じだ。
これを見て私はこの店に入ることを決めた。

アンティークな内装デザイン、飾られた抽象画もこの店のイメージに合っている。

アイスコーヒー¥380、長居をしたくなるカフェである。
復旧した目抜き通りの往来を見ながら頂くコーヒーの味は格別だった。

眺望や凝った吹き抜けの演出は一流カフェの証でもある。
こういう店はリピートしてみたくなるものである。

時刻は11時半を回った。私はカフェの路地を隔てた向かいにある「もりや」という食堂に入ることにした。

テーブル席の他に小上がりが2カ所もあり、客の主要能力は十分である。

塩ラーメン¥680、麺はこの地方特有の細いのもであり、スープのつきは抜群によい。
スープ表面に浮いているのは白ゴマである。
味はあっさり系でくせのないものであった。

これは石森章太郎のマンガに登場する佐武と市のモニュメントである。
そう言えば確か小学校の時マンガ本で読んだことがあった。
これは懐かしい



我々はこの日をけして忘れてはいけない。
いつの間にかモニュメントのそばにこんな碑が立っていた。
そう言えば震災間もないころ、この辺はヘドロの海だった。

下の地図で撮影場所を説明する。
1:コーヒー館、食堂もりや
2:佐武と市のモニュメント&津波襲来の地の石碑
3:立町の町名由来石碑
赤い線:石巻市唯一のアーケード街「立町」

ここが立町である。
親父の墓参り以来、約2カ月ぶりの訪問だったが今回ははっきりと活気を感じた。
工事中の店も結構多かったが七割がたの店が既に営業を開始していたのだ。

立町は私にとって非常に思い入れの深い町であった。
私はここで目を閉じて立ち止まった…
 
あれは4才ころだったろうか?
まだ物心おぼつかない時期、祖母に連れられ唯一の百貨店丸光デパートに行きソフトクリームを食べたこと。
洋服店を営む友達の家に遊びにいった小学生時代。
川開き(石巻の夏祭り)の時見た体の不自由な元兵隊さんが奏でるアコーディオンの奏でる哀愁を帯びたメロディー…
 
けして忘れはしない…
これらのことは私のその後の感性に大いに影響を与えたことである。
思い出の地、石巻市立町。
今ここに数十年の長い時を経て、それらのことが一つ一つ鮮やかに甦る。
 
立町の由来を記した石碑である。
立町の起源は1800年代前半、先に拓けた中町に縦に交わるのが命名の由縁とされるがあくまで推定の域を出ないとのことである。
その後1800年代中盤になって野菜を売る市の設置が藩に認められたと書いてあった。

最後に駅前で見かけたモニュメントを紹介する。
伊達政宗の遣欧使節団派遣で支倉常長が乗り込んだサンファンバウティスタ号である。
400年前に政宗の夢を載せたこの船だが、今は石巻市民の切なる思いを載せ、復興へと船出していくことだろう。
私も石巻出身者としてこの船出をしっかりと支えていきたい。
そんな想いを胸に私は高速バスで帰途に着いた。

関連記事

コメント

No title

お墓参りご苦労さまです。お父様も喜んでいることでしょうね。

お墓は津波の被害はなかったのですか?

去年、仙台の友達の家に遊びに行き、津波の後を見ました。友達の実家のお寺に行くと、お墓が津波で流されたり、凄い被害でした。

大分、復興したようですね。

なんか、ゆっくりできる 喫茶店いいですね。

URL | おったん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お彼岸ですね。小生は明日、お参りするつもりです。
ミックさまは、お墓に向って何を語りかけましたか?
近況報告? お願い事? 感謝の言葉?

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
今も被災地の方達は、大変な思いをされていると思います。完全に元に戻る事はないと思いますが、今は、人間の身体で例えるとリハビリテーションの期間と言えるでしょうか?一日も早い、回復をお祈りします。
街の標識の後ろのサイボーグ009の006の像が気になりました。9人全員あるんでしょうか?

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お墓参りに行かれて、お父様も喜ばれている事と思います。
被害に合われている地区が少しづつでも改善に向かわれて
いる事を願っています。
とても素敵なくつろげる雰囲気のカフェですね。
石森章太郎と言えば私は009を子供の頃に良く観ました('∀`)
色々な思い出を今日は思い出す事もあったと思います。
これからも復興が進んでいくと良いですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おったんさん、うちの墓も津波に浸かりましたが大きな被害はありませんでした。
でも周囲は殺伐としていて心が痛みます。
郷里の復興が気になって中心部に足を運びましたが2カ月前より活気が出てきていて自然治癒力を感じました。
もちろん自然治癒だけではいけないので金を落としてきました。
更なる復興推進を望みたいと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、墓参りの際は感謝の気持ちとともに私もご先祖様を見まもりますという気持ちを伝えるようにしています。
それと戒名と没年を見ながら、先祖各人の生前のことを一人一人思い浮かべております。
昨日もそうして参りました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、海に近づけば近づくほどいまだに殺伐とした光景が広がりますが、歯抜け状態ながら家を直したり建てたりして住んでいる人が増えたのが確認できました。
中心部は以前と比べて店を開けているところが大幅に増え、活気を感じました。

サイボーグシリーズは石巻駅からこの立町を中心に全部そろっております。
石森章太郎漫画館の復旧も待たれるところです。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、墓参りにいくたびに郷里の復旧を感じうれしく思います。
大型店舗が内陸側を中心に軒を連ね、やや斜陽の感がある旧中心部の立町界隈ですが、この地区は石巻の顔とも言えるだけに活性してくると周辺にも影響が及びますね。

戦後~昭和30年代、遠洋漁業で栄えた港町の繁華街として賑わった往時の面影を取り戻して欲しいと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます(#^.^#)

震災は悲しい出来事ですが、教えられることが多すぎて、考えさせられます。
現地の皆様にエネルギーを与えられたことも確かだし、震災の影響は現地の人だけでなく、日本の人々全てに影響がありましたから。。

少しでも、現地の方々が次のステップを見つけられることを願うばかりです(#^.^#)

URL | mamiya ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

mamiyaさん、毎回、墓参りのついでに郷里の復興の進み具合を見てきております。
海の近くはまだまだですが中心部はご覧の通り、復興が進んでいます。
失ったものも多いですが、復興が進む町でこの日幼少時の忘れがたい思い出に一瞬浸りました。
そのセピア色の思い出を胸に更なる石巻の復興を願いたいと思います。
石巻と他の被災地の復興が日本全国に再び活気をもたらしますことを!

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、今晩は。

震災復興が進んでいるのですか?写真を見る限り被害が少ない
様に感じますが。
頑張って復興してもらいたいですね。

ナイス!です。

URL | 好日写真 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

好日写真さん、郷里の石巻、少しずつですが復興してきており、墓参りに行くたびにそれを実感します。
励ましのお言葉&ナイスを頂き、ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん こんばんはぁ~☆!

震災や津波の襲来で被害を受けた故郷が
復興して行く姿を見るのは、「嬉しい」と言う
言葉では足りないくらいの喜びですよね。
以前にも増して活気のある町になって欲しい
ですよね!!

カフェ、おしゃれですね~!!
ミックさんのリピートしたいと言うお気持ち、
記事を読むだけで、とってもよく分かります!!

ナイス!!

URL | Maya ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Mayaさん、彼岸の墓参りのついででしたが、自分の生まれ育った町が日ごとに変わっていくを感じたこの日でした。
カフェに集まっていた年輩のかたの笑顔に触れ、ようやく町に待った復興(本当の意味での体力回復)が始まったんだなという気持ちになりました。

立町という名称は仙台にもありますが、共通するのは目抜き通りに極めて近く、『歴史の中に栄華と憂愁を感ずる町』であるという点であります。

立町は説明書きにも書いたように昔から商いで賑わった通りで石巻の顔と言ってもいい場所なので、この復興は市民にとっても大きな意味があります。
私は由緒ある商いの町である立町界隈の復興ぶりが「石巻の希望の灯」となりますことを切に願っております。

温かい激励のお言葉とナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)