fc2ブログ
 The Rolling Stones ダイスを転がせ

ROLLING STONES - Tumblin' Dice
 そろそろ季節の変わり目である。昨日帰宅途中で寒冷前線と見られる雲に遭遇した。
それは全く不思議な形をした雲だった。
 
 太陽に照らされた上空の高層雲がまるで映写機に照らされたように直線的に切れて見えたのだ。それは気象にさほど知識のない私でも波乱を予感させる雲だった。

サラリーマン生活を送る私だが心の迷いがまったくないわけでもない。
煩雑な日常は入れ替わり立ち替わり様々な迷いを私にもたらす。

そんな迷いを感じながら、私はこの不揃いの雲がもたらす荒天を予期した。果たして遠くの暗雲の中に一瞬稲妻が走った。このままでは夕立どころか土砂降りが来そうだ。

***
 しかしながら夜半になっても明け方になっても雨は降らなかった。
「杞憂だったのか…」
私はきょうになって昨夜の天候への憂いを今の心の迷いに重ね思慮にふけった。
ふと、わたしはある哲学者の言葉を思い出した。
 
『人間は行動を約束できるが感情は約束できない。思うに人間の感情はそれだけ気まぐれなものだからだ。』 ニーチェ
 
 元来、人と人とが関わり作りだされる物事の結果の予測は難しいことであり、結果を心配することなどナンセンスなことなのかも知れない。気まぐれな人間の感情はその時の気分一つ、環境一つで違った結果をもたらすのではないだろうか?
 
 そう思うと少しだけだが心が軽くなってきた。既に運命のダイスは振られているのだ。さすれば振られた瞬間にダイスの目(運命)はきまっているはずだ。
ダイスの目などは単なる結果であってそれに到る過程が大切なのではないか。
結果など気にせずとにかくがむしゃらに前に出たい…

きょうは辛口の酒に酔いたかった。私は家に帰ると埼玉清酒「通の辛口」の栓を開けた。

関連記事

コメント

No title

ダイスの目など信じない。いや、見もしない。

抗う。

そんな反骨を感じました。

「カエサルものは、カエサルへ」

いずれの選択も我が人生。全ての責任は自分。

『結果など気にせずとにかくがむしゃらに前に出たい…』

共感いたします。

URL | yam*bu*i_fl**er ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ダイスのたとえは 自分の手で転がす事で
予想できない事でも運命は、自分の力で切り開かれて
道を作っていくような意味にもとれました。
前へ転がり結果より過程が大事、というのは納得です。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ヤマブキさん、共感を頂きありがとうございます。
これは聖書のことばですね。

結果だけを考えるとどうしても足がすくみがちになりがちですが、
結果より過程を重視する言葉として志賀直哉の「仕事は手段にあらずして目的だ。」も今の私の心境に近いのかも知れません。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、深い考察を頂きありがとうございます。
ニーチェの言葉にもあるようにどうしても感情が絡む人間同士が関わり合いで決めることにはあまり執着してもしょうがないと思い、この記事に現わしました。

所詮ダイスの目などはどうでもいいのかも知れません。
小事にはあまり拘らず大志を抱いて人生を歩みたいわたくしであります。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん。
お久しぶりです。

私事ですが俺にも明るい光が見えて来ました。
もう少しハッキリしてからブログでお伝えしたいと思っています。

復興支援頑張って下さい。

頑張って下さい。としか言えない何も出来ない自分に歯痒さを感じますが今は、自分の事で精一杯です。

チャーリー・ワッツ大先生いつ見ても紳士ですな~!

俺の憧れの人は、やっぱり世界一気持ち悪くてカッコイイです!!

URL | KEITH ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今初めて気付いたのですが。。。ミック様
ミック・ジャガー様だったのですね。
すご~い!! カッコイイ!
小学校1年の頃初めて聞いたのがローリングストーンズ
だったの。 大好きなお兄さんがファンで
部屋でエレキギターを弾いて、乗ってる車が真っ赤な
オープンカーで。。。鮮明に記憶の中に残ってます。

URL | まゆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

KEITHさん、ご無沙汰しています。
お体のほう大丈夫ですか。
回復されますことをお祈りしております。

昨日は思うことがあってこの曲を聞きました。
ダイスの目に拘らずに人生を真っ当に生きたいと思います。
凹みがちの時はやはりストーンズの曲がいいですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

まゆさん、その通りです。
欧米型の考えはミック・Jとは性格が似ているのかも知れません。
宜しければ書庫の「Rolling Stones」をご覧ください。
メロディーから連想し私が作った詩も掲載しております。

自他共に認める武骨で不器用ながら彼の開き直りの精神で綱渡り的世渡りをしているわたくしであります。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

結果は自ずから付いてくる!、小生はそのように思っています。やるべき事をやるべき時にやっておく、一つ一つ確実にやっておけば、心配することは全くないのです。

URL | 行雲流水 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

行雲流水さん、ダイスの目は気にせず過程を重視してやっていきたいと思います。
アドバイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
今の空はとても移り変わりが激しいですね。世の中の変化も激しくて、それに心も翻弄されてしまいます。
結果よりも、瞬間、瞬間での心の有り様が大事なのは、よく分かるのですが、今の仕事では、どうしても結果を重視していまいます。なかなか難しいです。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、初コメントありがとうございます。
つい最近私のブログで志賀直哉の「清兵衛と瓢箪」を取り上げ、骨董への興味が増した矢先に貴ブログに出会いました。
仕事の一つ一つはおっしゃる通り結果は大切ですが、ここでは人生を通して大局的にという意味でこのような表現をさせて頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
大局的に見た人生の場合、確かに一つ一つのプロセスが大事だと思います。結局、死ぬ間際にならなければ、自分の人生の価値や意味、そして結果も分からないのかな?と最近は感じています。
志賀直哉は、数々の骨董の名品を所持していました。それらから、あのお話は、インスパイアしたのでしょうね。
またお暇な時に、当ブログにご訪問いただければ幸いです。今後も宜しくお願いします。

URL | ひがにゃん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひがにゃんさん、おっしゃる通人生は最後にならなければわかりませんね。
過程と結果は必ずしも比例しませんが航海のない人生を送りたいものです。

志賀直哉は同郷でもあり尊敬する作家です。
彼のように人生を正面から見る人間でありたいと思います。
骨董の記事、期待しております。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん こんばんはぁ~☆!

雲のお写真、ホント~~~に不思議な雲が
写ってますねぇ・・・最近、以前見たことが
無かった様な雲が多く見られますよね・・・

人って、迷いが多い生き物ですよね。
過去のことでさえ、「あれでよかったのか?」と
悩んじゃったりしますよねぇ。
でも、前を見て、その時出来ることに尽力するしか
ないですね。
「きっと結果は後からついて来る!!」と思いながら
自分を信じて進んで行きたいなぁと思います。

「通の辛口」美味しそうですねぇ~~ (^▽^)

URL | Maya ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Mayaさん、この日の雲の変わりゆくショーに自分の今の心境を重ねてみました。
人は結果重視の考えから不安と焦燥の中に身を置きがちですが、果たしてプロセス重視にすれば如何ほどなのか、自問自答してみました。
「行動は約束できるが、感情は約束できない」というニーチェの言葉がヒントになりました。

物事に集中することによって不安や焦燥が薄れるのはよくありますが、杞憂はなるべく避けたいものです。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

この曲も大好きな曲です。
自分の生き方と重ねながらストーンズの曲をセレクトするのも素敵ですね!
色々な想いを感じながら、この景色にもピッタリな感じがします。
トラックバック、ありがとうございます♪

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

joeyrockさん、昨夜はストーンズの曲を聴かせて頂き感謝しております。
記事を見ますとその時折々の自分の感情が入って往時を思い出します(笑)
①トラックバック先へのコメント、並びに②相互トラックバックを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)