fc2ブログ
 武士道を心の片隅に置き、誇り高く現代を生きる

※以下ヤフー百科事典を基にいろんな著書の補足をまとめ編集。
新渡戸稲造(1862―1933) 教育家、農政学者。文久(ぶんきゅう)2年9月1日、岩手県の盛岡で南部藩士であり十和田開拓で有名な新渡戸家の三男として生まれた。東京英語学校を経て、1881年(明治14)札幌農学校卒業。同農学校在学中、内村鑑三らとともに受洗し、キリスト者となる。
 

1883年東京大学に入学する際の教授面接の際、「あなたはなにになりたいか?」の問いに対し「太平洋の掛け橋になりたい。」と答える。その後翌年退学、アメリカに留学する。留学中、札幌農学校助教授に任ぜられ、農政学研究のためさらにドイツに留学。1891年帰国し、同校教授となる。
 
その後元来の生真面目さがたたってか、神経衰弱となるが全ての職を辞しアメリカで療養に専念、その後1899年に「武士道」を著す。
 
1901年(明治34)台湾総督府技師に任ぜられ、殖産事業に参画。1906年第一高等学校校長となり、7年間在職。1909年より東京帝国大学教授として植民政策を講じる。1918年(大正7)東京女子大学学長。
 
一方で国際連盟事務次長(1920~1926)、太平洋問題調査会理事長(1929~1933)として、国際理解と世界平和のために活躍。1933年(昭和8)カナダで開かれた太平洋会議に出席したあと病を得て、同年10月16日同地にて死去。
 
日本における農政学、植民政策論の先駆者であり、最初の農学博士として著名であるのみならず、理想主義、人格主義の思想家であり著述を通して多くの青年男女に大きな影響を与えた。
 
きょうは最近、私が読んだ本をここに紹介する。これは新渡戸稲造の書いた「武士道」を基に東京大学大学院教授、山本博文氏が書いたNHK読本である。

私自身もこの本を読むまでは武士道をおぼろげにしかとらえていなかった。新渡戸がこの「武士道」を著す以前の武士道は武家社会における歴史的事象の中でしかとらえることのできないものであった。しかし新渡戸はそこに深くメスを入れることになる。
 
彼はこれまで学んだ西洋の学問を駆使し、今まで成し得なかった論理的方法で「武士道」を分析し著したのである。ここにその要点を記す。
 
武士道の根源は①仏教②神道③儒教思想からなる。すなわち①の仏教は生に執着しない心であり、②の神道は主君への忠誠、先祖崇拝③の儒教は孔子の教えである五者(君臣、父子、夫婦、兄弟、朋友)との関係の重視である。
 
新渡戸はそれを大原則とし、修養として武士が身につけなければならない特目を五つ挙げている。それは次の通りである。
 
「義」…侍にとって卑怯な行動ほど恥ずべきことはない。「勇」…侍たるもの単なる犬死をするのではなく、死ぬべき時が来てこそ初めて死ぬべきである。「仁」…他人への思いやりは人間に備わったものの中で最も尊いものである。「礼」…社会的地位へ相当した相手への敬意。「信」…武士に二言はないという言葉に代表される誠(うそをつかない心)。
 
これらをわきまえたうえで新渡戸は武士道の核心を述べている。それは「武士にとっての忠義は主君に対する無文別な服従、ましてへつらいや追従ではなく、誇り高い武士の名誉を求める行動である。」という点である。

本書ではこの武士の心得の核心について赤穂浪士を始めとした武士の数々の切腹の例を挙げ説明している。

最後に本書はこう結んでいる。「武士道は独立した理論の掟としては消えゆくものだろう…しかしながら、その光と栄誉は永く生き延び、桜の花の如く風に散った後も、人生を豊かにするその香りで人類を祝福するだろう。」
 
    読後感想と御礼
 現代社会の構造は権力による様々な歪をもたらす。もしあなたがその歪によって世間に対し引け目を感じていたならこの著を読むべきだろう。何を隠そう、私もその一人であったが、この「武士道」解説を読んでふっきれた気がする。

悟りの境地に至るには宗教もいいだろう。但し思想哲学も人を悟りに導く立派な媒体と心得る。武士道が現代にそぐわない時代遅れな考えというのは必ずしも当たっていない。何故ならこういう考えを持つことによって人生を悲観しないことにも繋がり、堂々と現世を生きることへの礎となるからである。
本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)