FC2ブログ
本日ゴルフ練習の帰りに亘理町の田沢地区を訪ねた。目的は田沢磨崖仏(岩地蔵)を見ることである。田沢磨崖仏のある所はさほどわかり難い場所ではない。目印となる建物は岩地蔵排水機場である。

阿武隈川は河口近くで右に大きく蛇行するが田沢地区はそのインサイド側に当たる。

岩地蔵排水機場から来るとこのような石碑群が立っている。

左側の茂みの処に4窟の横穴があり、4体の岩地蔵がある。


田沢磨崖仏(岩地蔵)概要(以下:亘理町教育委員会)
前方の阿武隈川に突出した岩塊に刻まれた磨崖仏群を田沢磨崖仏あるいは岩地蔵とよんでいる。この付近には古墳時代末期の横穴墓群があり、後にこれからの横穴墓の幾つかを利用してこの磨崖仏が刻まれたものと思われる。磨崖仏は鎌倉時代から室町時代初めのものと思われ、四窟からなり、四体の地蔵尊と三枚の板碑が刻まれている。

この場所は古来、稲葉の渡しと言われた所で、阿武隈川を渡る重要な地点であった。磨崖仏はこの渡しの安全を願うということと深い関係があったものと思われる。この磨崖仏は昔から名が知られており、奥羽観迹聞老志、封内名蹟志にも記されている。左甚五郎が船を待つ間に彫ったとか、飛騨の匠の作とかの言い伝えが残っている。

見学者の安全確保の為にこのような手摺が設けられている。但しこの角度だと北側の地蔵がわかり難い。

北側の3体が見えるところから撮影。右端の地蔵は葉っぱに隠れてはっきり見えなかったが、足場が悪くこれ以上の接近は転落する恐れがあるので諦めた。

これは一番南側に位置する地蔵である。この場所での撮影は足場がいいので難しくない。

Google航空写真で田沢磨崖仏(岩地蔵)の位置を確認して頂きたい。

対岸の岩沼側を望んでみた。その昔、渡し船がここを往来していたと思うと感慨深いものを感じる。

上流側に沿ってこのような旧道のような道が続いていたが、時間がないので今回は断念した。旧道巡りは次回の課題としたい。

横町挨拶
亘理町教育委員会の説明によると、この岩地蔵は七、八百年前に造られたもののようです。橋のない時代、ここは渡し船が往来したり、上流の天領(信夫郡)からの米を積んだ小舟も行き来したものと察しております。そういう意味で阿武隈川の水運の研究では見逃せない地点と捉えています。先日、阿武隈川河口を訪れたばかりの私ですが、今回の田沢磨崖仏訪問で更に接点が広がりそうです。

歴史研究に於いて、引き出しが増えるということは、執筆の対象が増える事とイコールであり、大変有難い事と認識しております。これを契機として、今後は阿武隈川水運にも執筆の範囲を広げて参りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

こんばんは~
足場の悪い所に良くも石仏様を掘られたのでしょうね
昔の人は危険も考えずにされたのですね

とても景観の良い場所ですね
渡し船の往来が懐かしく思えます

URL | ともたん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは、

懐かしいですね
地図にある大森山は、職業軍人であった母の兄が、北支から引き揚げて来て、戦争に負けて恥ずかしいからと、一家だけで開墾に入った所です
山の上なので、野菜と桃を作っていました
子供の頃、何回か遊びに行った時、渡しにも乗っています
岩崎敏夫先生が亘理は渡しから来ていると言ってましたね
古い所、古い人など思い出しています
ありがとうございました

URL | ginrin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
なるほど、この断崖に岩地蔵を彫るには足場が覚束ない。それを考えると彫った人の心理が偲ばれます。多くの御仁はこの岩地蔵に際し、手を合わせたくなる。昨日の自分はそれを肌で感じて参りました。

ここは渡し船が往復した他に、阿武隈川水運の中継地点でもあったわけで、藩政時代は小舟が行き来したスポットでもございました。船乗りや関係者の多くは、ここを舟が通過する度に航路での安全を祈ったのでは?と察しております。

お言葉により、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
七、八百年前に造られたというだけで興味を引かれる岩地蔵ですが、4体の地蔵様を拝し、彫った人の安全を祈願する気持ちが痛いほど伝わる気が致します。恐らく彫り人には民衆の呼応と尊敬もあったことでしょう。昨日それを肌で感じられたのは願ってもないことでした。

本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
彫り人の意図はおっしゃる通りと受け止めております。岩地蔵を拝し、儒教思想の浸透と仏教的なものの融合も感じました。日本人の優しさの原点を垣間見た気が致します。

おはからいにより、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
中世の頃の阿武隈川水運が果たしてどんなものだったのか大変興味を惹かれます。稲葉の渡しは古くからあったのでしょうが、上流と下流の行き来は東回り航路の拓かれた藩政時代から盛んになったと認識しております。それでも中世の頃も皆無ではなかった?と考えています。

お陰様で、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
そちらは上方ですので、こうした岩地蔵は各地に相当あるものと察しております。実は今からちょうど二年前に隣県の福島の南相馬市小高区の「東北最古、最大級の大悲山石仏」を紹介した経緯がございました。

その時ヤスミンさんからは「❶彫った修行僧の気迫と❷古寺巡礼への願望」のコメントを頂いております。https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34373417.html
今回紹介した岩地蔵は大悲山の石仏の二三百年後に彫られたものですが、人々を煩悩から救いたいという意思に於いて共通するものを感じました。

本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
昨日のゴルフ練習は息子と二人で行きました。その帰りにこの岩地蔵に立ち寄った次第です。この岩地蔵、左甚五郎が活躍した江戸時代初期とは時代が合いませんが、彼の作風が人々にそう思わせるのかも知れません。

これを拝すると誰しも自然と手を合わせたくなる。昨日はそんな印象を持ちました。現地取材は執筆欲の特効薬でもございます。ほとぼりが醒めないうちにペンを走らせたいとも思います。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ともたんさん
岩地蔵の彫られた場所は非常に足場の悪い場所で、昨日は撮影に際し転落の危険さえ感じました。こうしたリスクを冒して彫られたものだけに、彫り人の鬼気迫る心理も感じて参りました。安全を祈願したものという意図は十分に感じますが、逆に言えば事故も珍しくなかった?と想像しています。
時代を問わず人々の慈愛の気持ちは大変美しゅうございます。それに触れられた昨日の探訪でした。

お陰様で、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ginrinさん
大森山と伯父様との関わりをお聞かせ頂き、改めまして、貴兄と亘理町の深い関係を認識致しました。亘理と言えば以前、山本周五郎の奥様の出身が亘理であるのを聞いたことがございます。

慶月院の墓も亘理にございますが、二年前自分も亘理在住の時訪れたことがございました。然らば、亘理という地名には貴兄との因果を抱きます。なるほど、岩崎敏夫氏の言葉も説得力がございます。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

磨崖仏が川を向いているのは、やはり川を行き交う人々の安全を祈願したものと考えるのが普通ですが、誰が何の為に作ったのか興味深いところです。
こういうものは、わざわざ訪れないと中々見ることが出来ません。本日は興味深いものを拝見させていただきました。

URL | motoyoshi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> motoyoshiさん
稲葉の渡しのある場所の地蔵は下流の荒浜湊のほうを向いています。位置としては阿武隈川が大きく右に蛇行し、澱む場所でもございます。往時の小舟の渡しは増水時にかなりのリスクがあったゆえ、この場所に渡しが出来たのはごく自然の成り行きと考えています。それでも水難は絶えなかった。渡しの安全を祈願する気持ちは民の思考の現われで、彫り人はそれを形にしたと察しております。

橋が架けられたのはずっと後のことで、長い歴史から言えば一握り、ここに我々現代人からは、なかなか見えないものを感じて参りました。貴兄のおはからいにより、本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、

橋の無い流れがある川での唯一の交通手段は渡し舟だったのですね、
過去には事故もあったかも知れません、
渡し舟の安全を祈願しての岩地蔵でしたか、
危険な場所での岩地蔵の作成も大変な作業だったでしょう、
今では想像もつかない強靭な精神で安全を願って彫り続けた岩地蔵ですね、

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
慈愛の心は時代を超えて人々の心に響きます。昨日は現地を訪れ往時の彫り人の気持ちを肌で感じて参りました。足場がどうだったのか気になるところですが、亘理町教育委員会の説明書きにもある通り、この横穴は古墳時代に掘られた横穴古墳でした。

室町後期には既に洞窟としての基盤があり、或る程度の足場があった。彫り人はそこに石地蔵を彫ったことになります。年代的に言いますと、横穴が掘られてから既に700年前後経っていたことになります。そしてその700年近く後に現代人である我々の目に触れる。そう考えると限りないロマンを感じます。

お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

たびたび氾濫の恐れのある川沿いでも今までしっかりと残っているところに、昔の人の知恵のようなものを感じます♪

興味深いものを紹介いただいてありがとうございます。

URL | 暇人ity ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 暇人ityさん
この岩地蔵、相当風化しているのですが、彫った当時の雰囲気は十分感じられます。儒教で言えば仁を感じる。これが自分の第一印象でした。ところで、南相馬の小高区には東北最古、最大級の大悲山の石仏がございます。https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34373417.html
興味がございましたら、行ってみてください。小高駅の近く(南に500メートルほど)にあります。

本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。今週もいい週となりますことを心からお祈りしています。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは~
阿武隈川に突出した岩に彫られたお地蔵様。
足場の悪い大変な場所に~今から7~800年前に
時を経ても流される事なく今も人々の心の
よりどころになって、ありがたいお地蔵様ですね。
険しい場所に彫られて、彫る人の気高さも一段と
深さが増すようです。

URL | ボタンとリボン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは
ここは気になっている場所でいつか訪れたと思っています
摩崖仏だけでなく摩崖板碑も存在しますね
田沢には湊の存在したと考えられていますね

鎌倉で戦乱に巻き込まれた斯波氏の一族がここまで落ち延び大崎へ帰り着いたという話が残ります

つまり陸上、河川交通の要衝となります
物流や人の移動だけでなく摩崖仏や板碑など信仰の伝播という役割も果たした場所なのでしょうね
三十三間堂官衙や亘理権太夫の伝承も残ります
魅力的な場所です
楽しい歴史探訪ができそうですね

情報をありがとうございました

URL | ししん ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ボタンとリボンさん
彫り人の気持ちは一心不乱だったと察しております。横穴古墳が掘られて7~800年してこの岩地蔵は彫られました。往時の人から見れば昔でした。そして地蔵が彫られてから、同くらいの年月が経ちます。

これだけでロマンを感じます。そして稲葉の渡しとの関わりは如何に…この感動を心中に留めず、いつか文章として著したい気が致します。本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ししんさん
田沢には湊があったのですね。素晴らしい情報を頂き感謝しております。お陰様で、亘理町図書館に再訪する大きな動機付けになりそうです。稲葉の渡しと石地蔵は郷土史家との話題にも発展しような気が致します。同時に藩政時代の阿武隈川水運の中継地として果たした役割についても知りたいと考えています。

おはからいにより、本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)