fc2ブログ
本日ゴルフ練習の帰りに亘理町の田沢地区を訪ねた。目的は田沢磨崖仏(岩地蔵)を見ることである。田沢磨崖仏のある所はさほどわかり難い場所ではない。目印となる建物は岩地蔵排水機場である。

阿武隈川は河口近くで右に大きく蛇行するが田沢地区はそのインサイド側に当たる。

岩地蔵排水機場から来るとこのような石碑群が立っている。

左側の茂みの処に4窟の横穴があり、4体の岩地蔵がある。


田沢磨崖仏(岩地蔵)概要(以下:亘理町教育委員会)
前方の阿武隈川に突出した岩塊に刻まれた磨崖仏群を田沢磨崖仏あるいは岩地蔵とよんでいる。この付近には古墳時代末期の横穴墓群があり、後にこれからの横穴墓の幾つかを利用してこの磨崖仏が刻まれたものと思われる。磨崖仏は鎌倉時代から室町時代初めのものと思われ、四窟からなり、四体の地蔵尊と三枚の板碑が刻まれている。

この場所は古来、稲葉の渡しと言われた所で、阿武隈川を渡る重要な地点であった。磨崖仏はこの渡しの安全を願うということと深い関係があったものと思われる。この磨崖仏は昔から名が知られており、奥羽観迹聞老志、封内名蹟志にも記されている。左甚五郎が船を待つ間に彫ったとか、飛騨の匠の作とかの言い伝えが残っている。

見学者の安全確保の為にこのような手摺が設けられている。但しこの角度だと北側の地蔵がわかり難い。

北側の3体が見えるところから撮影。右端の地蔵は葉っぱに隠れてはっきり見えなかったが、足場が悪くこれ以上の接近は転落する恐れがあるので諦めた。

これは一番南側に位置する地蔵である。この場所での撮影は足場がいいので難しくない。

Google航空写真で田沢磨崖仏(岩地蔵)の位置を確認して頂きたい。

対岸の岩沼側を望んでみた。その昔、渡し船がここを往来していたと思うと感慨深いものを感じる。

上流側に沿ってこのような旧道のような道が続いていたが、時間がないので今回は断念した。旧道巡りは次回の課題としたい。

横町挨拶
亘理町教育委員会の説明によると、この岩地蔵は七、八百年前に造られたもののようです。橋のない時代、ここは渡し船が往来したり、上流の天領(信夫郡)からの米を積んだ小舟も行き来したものと察しております。そういう意味で阿武隈川の水運の研究では見逃せない地点と捉えています。先日、阿武隈川河口を訪れたばかりの私ですが、今回の田沢磨崖仏訪問で更に接点が広がりそうです。

歴史研究に於いて、引き出しが増えるということは、執筆の対象が増える事とイコールであり、大変有難い事と認識しております。これを契機として、今後は阿武隈川水運にも執筆の範囲を広げて参りたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)