fc2ブログ
 David Seaman
David Seaman(デビット・シーマン)
「Mr.セーフハンド」の異名を持つ安定したセービング技術を持ったゴールキーパー。イングランドリーグのピーターバラ(82~84)、バーミンガム(84~86)を経てQPR時代(86~90)に頭角を現し、当時アーセナルの監督だったジョージ・グラハムに才能を高く評価されてアーセナルへ移籍。以降、同クラブで長年に渡って正GKを務め、91年からイングランドを代表するGKへに定着。ワールドカップでは2大会連続(98・02年)出場した。国際試合出場75試合。

オールバックに口ひげ、常にポーカーフェイス、時として難しい顔をして味方にげきを飛ばす。彼はけして派手なキャラクターではない。しかし彼には哲学がある。それは他のキーパーに防げない領域で敵のシュートを止め、ゴールを死守することである。

時として必死に向ってくる敵のドリブルに果敢にタックルをかけ、ヘディングで空中戦を挑む敵と烈しく競り合う。そんな時でも彼の冷静な判断は光る。パンチング、キャッチングを駆使したセービングは鍛え抜かれた者だけが反応できる領域である。



2002年で現役を退いた彼だが、彼のゴールを死守するイングランド魂はいつまでも深く私たちの心に残ることだろう。
私も彼のように常に冷静にかつポーカーフェイスで家庭を守り、人生という名のゴールを死守したい
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)