fc2ブログ
昭和ロマン薫る和菓子屋の特製菱餅
私は以前からこの店が気になっていた。その店は旧国道4号線(奥州街道)と幹線の旧道のT字路にあった。下の写真の信号に沿って左右に走る道路が奥州街道である。

丹野屋菓子舗の位置を地図でご確認ください。(クリックすると航空写真にもなります。)
旧道に建つこの店の全景を眺めるにつけ、懐かしの昭和に逆戻りした感を覚えなくもない。

名物がん月、銘菓ゆべしにも大いに興味をひかれるところだが、時節柄入り口のガラス面に貼られた「ひしもち」の貼紙が私の心をとらえた。

こういうノスタルジーを感じる店舗にとって、店の装飾は大切な要素であるが、このステンドグラス風の装飾は店の雰囲気を損なわずセンス良く施されており、この店の価値を一層引き立てるものである。

店に入ってみよう。完全に昭和の和菓子屋そのものであり、これはもう「懐かしい」というしかない。実は私の生家も昔菓子店を営んでおり多くの思い出がこの光景に重なった次第である。

表彰状はこの店が老舗の証である。棚にはこのように日本茶も売られていた。
和菓子とお茶はよきパートナーでもある。

和菓子は単なる食べ物でなく地域の良き伝統であり文化でもある。
鳴子こけしやダルマなど地元特産の工芸品もこの店の雰囲気を演出するのに一役買っていた。

少数ではあるがこの店にはこのようにクッキーも売られていた。
水飴の缶が私を少年時代にいざなった。
夢多き少年時代、私は学校から帰ると一目散に友達と近所の駄菓子屋に駆けつけ、好奇心溢れる目でその商品を喰いるように物色したものである。(笑)

私はひな祭りにちなんで菱餅(右)とおきな餅(左)を購入した。
店のかたによると菱餅の材料はらくがんでありそれに水分を含ませて作るとのことであった。
おきな餅は菱餅と外見は似ているが水飴を原料としているということである。
 
おかげで昨日は家族とともに桃の節句の気分に浸ることができた。
ささやかなことであるが、私の心にもようやく春が来た感がある。
 
このような老舗和菓子店においては是非今後も永く営業を続けられ、後世に古き良き文化、情緒を伝えてもらいたいものであると願う私の昨今である。
                   桃の節句シリーズ
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)