fc2ブログ
 仙台市南部長町界隈から広瀬川河畔を散策する
前回は仙台の南の副都心である長町を紹介したが、きょうは長町から対岸の土樋方面を紹介する。私はこの日、この道に着目していた。これは長町の交差点に変則的に交差する五差路の一つで一見なんの変哲もない小路に見えるが実は由緒ある旧道である。

この石碑を見ると奥州街道(東北と江戸を結んだ旧道)と最上街道(仙台と山形を結んだ旧道)が交わるのがこの付近であったことがわかる。

写真中央に左右に走るガードレールが確認できるが、この道が最上街道である。
またこの堀は郡山堀といい、文献によると非常に古い人工の堀であることがわかる。

この堀は江戸時代から農業用水にも使われてきた堀でもある。

この白い欄干の下を隧道になって流れているもう一つの堀がある。その名は木流し堀。
実はこの木流し堀は信じられないかも知れないが、先ほどの郡山堀と平面上で完全に直交しているのだ。

 木流堀とは富田付近の名取川六郷堰から入れた水を、広瀬川まで引く、全長約6㎞、深さ約1メートルの水路で仙台藩が家臣に支給する燃料の丸太(間太)を運搬するために造らた。
 
 郡山堀は広瀬川のすぐそばで木流し堀の下をサイホンの原理で作られ、けして合流していないというのだ。当時の土木技術にしてこれは驚嘆に値することである。

※二つの堀の位置関係を地図でご確認ください。(シティハウス長町一丁目の目の字のところが交差部になります。)

詳しい地図で見る
ここは木流し堀が広瀬川に注ぐ下流側の河原である。

上流側に目を移そう。仙台市中心部に向かって遠くのほうに見える橋は宮沢橋である。

旧奥州街道に掛る橋は広瀬橋、橋の欄干のデザインは由緒ある旧道の名に恥じないレトロなものであった。旧漢字の「廣瀬川」もまたいい感じである。

広瀬橋の中央にこぶ状になったスペースがあった。ここから東岸を眺めた。
東岸の川沿いには遊歩道(写真右側)があり、私の好奇心を大いに刺激した。

 東岸遊歩道から西岸、八木山方面を望んでみた。この辺は私が幼稚園時代に住んでいた地域でもあり、当時を思いを馳せながらの散歩となった。
 
私は目を閉じてみた。すると数少ない親父の思い出がセピア色になって浮かんできた。
親父に一度だけボートに乗せられた記憶がかすかに私の脳裏に残っていたのだ。
あれは季節のいい時分で広瀬川にそよぐ薫風が感じられる好日だった。
ボートを漕いでいた親父はたくましくもあり、その存在がやけに大きく見えた瞬間でもあった…

東岸の遊歩道を行けるところまで行くと行き止まりとなった。仕方がないので東側の辺りを散策することにする。
ここは愛宕堰取水樋門と言って広瀬川西岸の堀への取水口となっている場所である。

これは取水口から少し入ったところから上流側を望んだビューである。

間もなくこの堀は二つの堀(六郷堀と七郷堀)に分岐する。
コンクリート製のアーチらしきものはかなり古いものに見られた。

次に分水堰のやや上流側の土樋(つちとい)を散策してみた。
三太郎日記で有名な哲学者の阿部次郎の住まいがここにあったのには驚いた。
広瀬川河畔は中心地に近づくにつれ、歴史と文化の香りが一層濃くなっていくのである。

この後再び地下鉄に乗って北仙台駅で下車、仙台市北部の寺巡りをしてみた。
これは伊達政宗公の母、保春院の墓のある覚範寺である。

家督騒動を巡る毒殺未遂事件、事件の真相は謎に包まれたままであるが、風雲児と言われた伊達政宗はこの母ありきで生まれた人物に違いない。

寺と寺の間に存在する道、これこそ旧道そのものであるに違いない。
都会の雑踏から解放され、非常に落ち着いた気分になった私は昔に想いを馳せた。

 陽がだいぶ傾いてきた。冷え込みの厳しい冬の一日だった。気温は既に氷点下となっていた。周囲には人っ子一人居ない。西日に照らされた木々が時空を越えて私を遠い昔に誘った。私は最近読んだ志賀直哉の小説「暗夜行路」の一節を思い出していた。それは主人公の時任謙作が大山に行ったとき体調を崩し、一人で下山しようとした時に脳裏に浮かんだことだった。
 
      以下小説暗夜行路より引用
 
「疲れ切ってはいるが、それが不思議な陶酔感になって彼に感ぜられた。彼は自分の精神も肉体も、今、この大きな自然の中に溶け込んでいくのを感じた。その自然というのはけし粒に小さい彼を無限の大きさで包んでいる気体のような眼に感じられないものであるがその中に溶けていく…言葉にできないほどの快さであった。なんの不安もなく、眠い時に睡(ねむり)に落ちて行く感じにも多少似ていた。…」
 
※「暗夜行路」読後感想へのリンクhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/30025253.html

二月に入ったことを実感できた。寺の門を出るとまだ夕方の陽が残り、仙台の市街地を照らしていた。かすかに感じられる早春の陽の光に心底感謝して私は帰路に着いた。

                                
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)