fc2ブログ
 長町を散策し奥州街道の面影を探る
 長町(仙台市太白区)は藩政時代には根岸村と平岡村と呼ばれ、仙台城下から江戸への最初の宿駅(街道筋の宿)として栄え、昭和三年に仙台に合併した。二キロに渡る長い街並みから長町の町名が生まれたとされる。
 
 仙台の中心地は二つの中規模河川によって挟まれる。北が七北田川、南が広瀬川である。この挟まれた部分を仙台のシティ(都心)と言うなら、それ以外の近接した地域は副都心である。北側の副都心である泉は近年になってめざましい発展を遂げた地域であるが、南側の副都心の中心が長町である。長町には戦前から停車場や青果市場もあり、庶民の町として親しまれてきた地域でもある。
※長町の位置を地図でご確認ください。

詳しい地図で見る
 そんな地域をゆっくりと回り、長い歴史にはぐくまれた街並みを心行くまで堪能したい。かねて私にはそんな欲求があった。きょうはそんな欲求を実現すべく、地下鉄を利用して徒歩で散策してみた。
 
 私は地下鉄を長町一丁目駅で下車し、地上に出た。ここは昭和51年まで市営の路面電車が走っていたところだがその面影は全くない。地下鉄入り口の建物はご覧の通り、周囲の街並みを意識してかモダンな石造りにデザインされており、レトロであり一種の安堵を感じるさせるものである。

 長町の表通り(旧国道4号線)はご覧の通りビルが立ち並び残念ながら奥州街道の面影はまったくない。相変わらず気温の上がらないきょうであったが、ビル街に差し込む明るい日差しにかすかな春の兆しを感じなくもない。

 それは長町を歩き始めたほんの初っ端だった。とある商店にさしかかり、この張り紙を目にした私は思わず微笑んだ。「奥州街道長町」果たして昔の奥州街道の面影が現在の長町に見られるか…私の胸は期待に高鳴った。

 路地に目を移そう。私は思わず立ち止まってしまった。奥州街道とは言えないものの大正、明治あたりのなごりのある日本家屋が見られた。大谷石で積まれた基礎を見るのは現在では珍しいことであり旧道のなごりを感じさせるものがある。

 本格的な散策を始める前に、昼が近くなってきたので腹ごしらえすることにする。寒い日は熱いラーメンに限る。私は思い切って表通りのラーメン餃子店であるたき屋に入った。「武士ラーメン」なるものがえらく気になったからである。

 ご覧の通り、店内の装飾には美人の錦絵も飾ってあり、武士のイメージに相応しいものであった。こんな絵を見ながら往時の奥州街道に想いを馳せるのも悪くないだろう…

 武士ラーメンは魚の煮干しからダシをとったものであり、一切の調味料は不要で素朴な味で飾り気のない凛とした武士道の精神を感じさせるものであった。

 たき屋を出たあと、JR長町駅前に昭和時代風の和菓子屋を見つけた。私の育った生家もその昔菓子屋を営んでおり、きんつばなどの菓子は懐かしく思わず目を奪われてしまった。

旧国道286号(秋保街道)沿いには八百屋もあり、その昔あったとされる青果市場を彷彿させるものである。

酒屋に貼られた地酒の銘柄をよく見るとなんと津軽の酒であるじょっぱりの名が見られ、これには少し驚いた。

裏通りにはこんな煙草屋もあった。昭和へのノスタルジーを感じるものである。

小路にはちょっとした歓楽街もある。ここは電車帰りの勤め帰りのサラリーマンの憂さ晴らしの場でもあることだろう。

これは仙台でも有名なキャバレー、ジャンボミカドであるが、かなり古いだけに私も今でもあるのにはいささか驚いた。

高層マンションの裏に昭和と見られる木造住宅を発見!
年々少なくなってきた昭和の建物に出会うのはうれしくもあり、懐かしさを感じるものである。

長町の大通りから一本西に入った裏通りでご覧のような神社を発見した。なにやら由緒がありそうな神社である。左側の八幡神社はよく見かけるが右の蛸薬師如来はかなり珍しい。

ご覧のよう二社の神社の社殿が立ち並ぶのも珍しい。
今回の掲載で旧奥州街道のなごりを感じさせるのは残念ながらこの神社のみであった。

この裏通りから更に東西に走る小路を行くとこんなかわいらしい洋食の食堂に出くわした。

シーズンになったらバイクで訪れようか?
オムライス¥650、ハンバーグピラフ¥650、スパゲティミート¥450…とリーズナブル。
そしてマニアックな店の雰囲気、これは要チェックポイントである(笑)

更に裏通りにはこんな昭和の低層ビルも見られた。これは店舗付き住宅のようである。

これも雰囲気は悪くない。一階が食堂、2、3階が貸しアパートのようである。

次回はこの地区を流れる郡山堀、木流し堀、広瀬川界隈についてお伝えします。お楽しみに!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)