fc2ブログ
 力いっぱい相手にぶつかる姿を神に奉納する
そうです、相撲は角力とも書くのです。力一杯、精一杯相手にぶつかるのが真の相撲道です。
少し古い動画になりますが、きょうは角力、相撲道に相応しい印象に残った力士を紹介します。
それは大鵬のライバルと言われた柏戸(山形県鶴岡市出身)です。

 動画の二番目の取り組みをご覧ください。これは電車道と言って相手を立ち合いで圧倒し、のけぞらせ、一気に土俵下に押し出す相撲のことでよほどの力の差がない限りできない技です。
一方的な内容でもあり、あまり素人受けしないのかも知れません。また大鵬が一方的に負ける相撲はほとんど記憶にないかたが多いと思います。
 
 でもここに私は素朴な力比べである角力としての魅力を感じるのです。新進気鋭の大鵬を電車道で圧倒した柏戸のすさまじい気力、飛び抜けた体力(瞬発力)を私は改めて評価したいと思います。
 
 ここに紹介する電車道以外の取組も柏戸が勝った相撲ばかりですが、相撲人生後半になってくると彼はほとんど大鵬に勝てなくなりました。名前(柏戸剛)の通り「剛の柏戸」「柔の大鵬」と呼ばれていたのが両者の特徴を良く物語ります。「柔よく剛を制する」の言葉通り、二人の対戦成績は後半になればなるほど大鵬有利の図式となっていきました。 
それでも無敵と言われた大鵬にこれだけ勝てた力士は後にも先にも彼以外にいなかったのです。

【横綱伝】 柏戸・佐田の山
頭から行かず、胸を出す豪快な立ち合いは圧倒的な体力があってのことです。
この時の強烈なのど輪は後に相撲評論家に「爆発的なパワー」と言われました。
変化技もいいですが、相撲の醍醐味は力と力のぶつかり合いです。
押し合い、付き合い、寄り合い…
今の力士にもこういった力相撲を見せて欲しいと思います。

昭和の古き良き時代に大鵬、巨人、卵焼きと言われましたが、私は違いました。
強くもあり、もろくもある彼の豪快無比な角力(あえて相撲とは書かない)に魅せられたのです。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)