fc2ブログ
寒さにめげず気温4度の仙台平野を縦横無尽に走る
 
 この温度になると寒さ対策がものを言います。私の今日のいでたちを紹介しましょう。
これはかなり着ぶくれしています。撮影の便宜を図ってカメラマンコート着用です。
 
 写真では素手になっていますが、軍手の上にゴム手袋着用、それと万一の転倒に備えて装甲はご覧のように固めています。
日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/

まず最初に行ったのは青葉区三居沢の水力発電所(記念館)です。

これは相当古そうです。この古い建物がいい感じをかもし出しています

明治の建物でした。そして有形文化財の指定も受けています。

水力発電発祥の地がここなんですね。

記念館の内部(一階)です。部屋の中央の展示品に注目してください。
この機械は一体なんでしょう?

説明を読むと。この機械は東北に初めてあかりを灯した発電機ということです。

三居沢の水力発電所の次に向かったのは青葉山の仙台城跡です。

ナビをご覧ください。ここが青葉城跡です。

仙台と言えば伊達政宗です。
野心とともに生きた戦国の世の風雲児、彼は最後まで天下を伺った大名として有名で、郷土の誇りでもあります。

彼が見据えた仙台は今このような百万都市に成長しました。

放射冷却のせいか非常に遠望が利く今日の仙台市街です。

「頑張ろう、仙台、宮城伊達魂」という文字には力強さが感じられました。

お腹が減ってきたので腹ごしらえすることにします。これはおやつの牛タン串(300円)です。

牛タンと言えば伊達の牛タンが有名です。門松が新春を感じさせます。

 これは仙台城西部の断崖絶壁(八木山橋から撮影)の奈落の底を示す写真です。 天守閣こそありませんでしたが、仙台城は自然の地形を利用した難攻不落の城と呼ばれました。
 
 伊達政宗は徳川家康に表面上は恭順を装っていながら、期があらば…と思っていたのです。

この後、仙台市太白区の農村部に行って屋敷林を取材しました。その模様は日を改めてお伝えしたいと思います。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)