fc2ブログ
 Whitesnake - Love Hunter 
きょうはあえてKRのライディングを洋楽に例えよう。
このマシンにはこんな曲が一番似合うと言ったらおわかりになって頂けるだろうか?
そう、奴は人に媚びないのだ。だから奴を自由自在にあやつるには逆に奴の機嫌を取らなければならない…
これは最新の4stマシンに乗っている人から見ればまったく理解できないことなのかも知れない。
でもあばたもえくぼという言葉がある通り、大きなあばたのあるこいつはこの上なく愛らしい奴でもあるのだ!
日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/
KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/
鉄馬再生LIFEへのリンクhttp://tetsu-uma.web.infoseek.co.jp/index.html
これは今日の仙台市北部郊外の一こまだ。
本ブログで何度か紹介した泉ヶ岳はすっかり雪化粧しているのがおわかり頂けることと思う。
読者のかたにはこんな寒い中でもバイクで走りたい気持ちはなかなか理解できないかたも多いことだろう。

北に行けば行くほどこの通り、雪がどんどん深くなって行くとともに路面には融雪剤の塊、小石、砂などが多く散らばり、シーズン中のロードコンディションとは全く異なった様相を呈している。
これは4輪車ならば大した影響があるまい。だが2輪の世界はシビアだ!
なぜなら一瞬の油断が事故につながるからだ。
その油断の危険を用意周到な危険予知で未然に防ぐこれが2輪のセーフティーライディングの極意なのだ!
そういう意味で悪コンディションでのライディングには、神経を研ぎ澄ますことが不可欠と言ってもいいだろう。

そして日の当らない北側の裏通りに行けばこの通りだ。当然だがこういう時はアクセル操作、ブレーキ操作は一切禁物、逆に言えばこの区間に入る前にマシンを減速し、適切なスピードをKEEPしなければならないのだ。

私が愛車KR500レプリカを駆ってこの目的地のカフェに到着したのは昼ごろだった。
周囲はご覧のような住宅地
だ。
気温5度と寒いが洒落たカフェを前に思いの他、私の心は弾んでいた

カフェの名はコゼット、ご覧のように植木には雪
を頂いている。
これはクリスマスイブ

のきょうには大いに趣があり、けして悪くない演出だろう。

※Cafeコゼットの位置を地図でご確認ください。
なんと正面に見えるのは泉ヶ岳だ。このカフェの立地条件は素晴らしい!
さあ、室内に入ろう!思った通り雪を頂いた泉ヶ岳が見える!
こんな素晴らしい景色を見ながらコーヒー
を飲めるのか…
私はしばしこの感動に酔い、至福を味わった。

カフェにはこんな中庭もある。
気の合った同志、こんな庭を見ながらのコーヒータイムも悪くないだろう!

これはまるでサーキットのチェッカーフラッグ
だ!
このように床の仕上げも吟味されているのはなんともうれしい限りである。

室内にはスタンドピアノも置いてあった。
是非こんなカフェでピアノ演奏を聴きリッチな気分に浸ってみたいものだ。

注文したロイヤルブレンドコーヒー(¥400)はことの他、コクがあり味わいが深いものだった。
これはもちろんこのカフェの雰囲気が成せる業である。
この値段で心の贅沢が買えるならこれは安いとしか言いようのないことである。

心の贅沢を存分に味わってからカフェを出た。
泉区の住宅地を望むと放射冷却のせいか非常に遠望が利いた。
明日から天気が崩れるらしいので、実質的にきょうは乗り納めになるだろう。

私は帰りの登り坂で全開をくれ、奴をいたわった。
KRよ、今年もパフォーマンスをありがとう。来年も頼むぜ!

Merry Christmas!
Thanks KR500replica!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)