fc2ブログ
 Peter Cetera - Hard To Say I´m Sorry (Live) 
リンク曲について
本日のリンク曲は本日の記事のタイトル「人付き合いのコツ」に関連を持たせたつもりである。曲ありきのタイトルなのか?それともタイトルありきで選んだ曲なのか?読者各位から見れば、そんなことはどうでもいいことなのかも知れない。それでも自分にとっては付加価値をもたらすのがブログの音楽リンクと考えている。もちろん手間と時間が掛かることなのだが、自分としては記事の構成や選曲をするのもゾーンであり、大いにエンジョイしたいことなのである。

ブログを書くにあたっては、迷ってはいけないし、人の目を気にし過ぎても良くない。然らば、開き直って在りのままの自分を読者の前に晒し出すのみである。もちろん訪問者が多いほうが士気は上がる。それでも表面上の数字のことばかりに気を取られるのは自己を失うことになりかねない。よしんば、訪問者が減ったならば奮起の材料とすればいい。飽くまでもアイデンティティーを貫かねばならないのがブログの真髄であり、自分の意地でもある。但しその中にも守らねばならない理念がある。本日はその話をしたい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
人付き合いのコツ
躁鬱病を患ったこともあり、現役時代の自分には常に様々な胸の支えがあった。どうしても腹に据えかねて口に出し、一気に人間関係を悪化させたことは数知れない。対人関係において減が増を上回れば、自ずと取り巻きは減り、最後は孤立を招く。相手の立場を省みず、唯我独尊に走り自己を主張し続けるならば、やがてこうした摂理に見舞われることだろう。自分はこうした泥沼から這い上がって無事に定年退職を果たしたわけだが、それでもまだまだ未熟だった。本日はそんなほろ苦い過去を振り返りながら、新たなセカンドライフで培った思考である「人付き合いのコツ」について箇条書きで述べたい。

❶挨拶は七難隠す特効薬である。
横町考察:自分は挨拶を重視している。挨拶は二度、三度と重複しても全く憚ることはない。人から挨拶されて気持ちの悪い人は存在しない所以である。
❷馬には乗ってみよ。人には添うてみよ。
横町考察:一度や二度の接点で先方との相性を決めるべきではない。草花に水をやればいつかはその成果が出る。すぐ出ないからといって短気を起こさず、辛抱強く待つ。その度量が必ず先方に伝わり、先方は心を開くものである。
➌常に等身大の自分であることを心がけよ。常に驕らず謙虚であるべし。
横町考察:自分が相手より勝っていることは絶対に口に出してはならない。また忖度させるようなことを言うのも避けるべきである。謙譲は人間関係の潤滑油と心得るべし。これは自分の信念である。
❹笑顔を絶やさない。
横町考察:ブログでは顔が見えない分、背筋を正さねばならない。然らば相手を讃え、自分は笑顔でそれに応える。自分の考えていることをどう表すかが問題ではない。「沈黙は金なり、雄弁は銀なり」という言葉があるが、笑顔によって誠意が伝われば例え無言でもいい。自分は人様に対して笑顔に勝る誼はないと考える。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
横町挨拶
読者の皆さん、ブロ友の皆さん、本日は自分の偽らざる気持ちを吐露させて頂きました。これ以上の多言はいたずらに文章を長くするだけゆえ、無用と心得ます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)