fc2ブログ
Under Cover Of The Night by Rolling Stones
オリジナルアレンジ和訳
中央街42番地で叫び声を聞いたぜ。
脳みそを吹き飛ばすには十分な騒々しさだ!
反対勢力が2つに割られちまった。
街から離れないとお前もアブナイぜ。
10万人ものならず者がよ、
南アメリカの刑務所から脱走しちまったんだ。
抱きついていろよ、ベイビー!
しっかり抱きついているんだ。
抱きついていろよ、ベイビー!
目を伏せておくんだ!
見ちゃいけないぜ。
目を伏せておけ!
夜の裏側ってヤツだ。
性の警察は通りの上に向こうにいる。
法が破られないように見回っているんだ。
民族武装組織は指をむずむずさせてる。
はるばるニューヨークからアフリカへ送り返そうとな。
抱きついていろよ、ベイビー!
見ちゃいけないぜ。
抱きついていろよ、ベイビー!
寝たふりをしているんだ。
抱きついていろよ、ベイビー!
見ちゃいけない。
見ちゃいけない。
見ちゃいけない。
目を伏せておくんだ。
夜の裏側ってヤツだぜ。
すべての若い連中は集められ、
寄せ集めの強制収容所に戻される。
連中は口々にささやきごまかし合う。
一度でも尊大な父が卑屈なまねをするなら
若い娘たちはみんな真っ青さ。
みんなまっすぐ中央街42番地へ連れ戻されちまうさ。
見ちゃいけないぜ。
目を伏せるんだ。
見ちゃいけないんだ。
目を伏せるんだ。
見ちゃいけないぜ。
目を伏せるんだ。
見ちゃいけないぜ。
目を伏せるんだ。
夜の裏側ってヤツだ。
売春婦たちのバーに降りていく。
レースで着飾ったりゴムで固めたり。
ジョンの店にゃおバカなG.I.ジョー気取りのガキどもがよ、
キューバやロシアから任地休養でやってきてるんだ。
性の匂いと、自殺の匂いってとこさ。
なにもかも俺にゃガマンできねぇんだよ!
見ちゃいけねえんだ。
目を伏せるんだ。
夜の裏側ってヤツだ。
夜の裏側ってヤツだ。
夜の裏側ってヤツだ。
見ちゃいけねえんだ。
見ちゃいけねえんだ。
夜の裏側ってヤツだ。

俺が口髭を生やした理由を教えてやろう!
俺は強がりばっかり言ってるけど、実は気が弱いんだ。
だから顔の露出しているところを少しでも隠したいんだ。
人間、隠したいものは誰だってあるだろう!
俺には隠したいものがいっぱいあるのさ。
だから口髭で少しは救われているんだ。
でももう一つ大きな理由がある。
人と違ったものを持つということは責任も果たさなくてないんだ。
ああ、そのくらいはこの俺様も心得ているさ!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)