fc2ブログ
大川家は士族か?
現在私は歴史小説「我がルーツと大河北上」を執筆中だが、或る資料に出合い、自分の思い違いが判明した。それは野谷地(遊水地)の開拓に携わった人足(私のルーツ)は農民(例え下級武士であっても、士族が掘削や農地開拓などをするわけがない…)とばかり思っていたのだが、みやぎ北上川の会発行「みやぎ北上川今昔」P57によると、これを行ったのは年貢を課せられた農民ではなく、家臣、陪臣(家臣の家臣、又家中)であったということである。

仙台藩祖伊達政宗は新しい領地で家臣に知行地(家臣が所領する土地)を与えるときに、耕地(作物が取れる土地)と野谷地(これから開墾して農作物が実る土地)を併せて支給し、一定の期間(5年~7年ほど)は年貢を取らず、期限を迎えたところで検地をし、初めに定めた知行高(所領地の石高)を超えて新田となった際は、超過分を藩直轄地(蔵入地)としたというのである。

このときに与えられた知行高は10石以下が圧倒的に多く、農民とあまり変わらない生活をしている家中(家臣)もたくさんいたという。農民との決定的な違いは年貢を納めなくてもいい、または少ない年貢を納めるだけでよかったことである。逸話として他の藩の人が仙台藩に旅に来て農具を持った人が武家屋敷に入るのを見て驚いたという話があるが、これは他の藩から見れば珍しいことであったという。

また、戊辰戦争を終えたばかりの明治13年(1880年)、自分の祖父方ルーツである大川家は牡鹿原(現石巻市大街道地区)開拓に携わったが、これは士族授産(明治維新前に62万石だった石高が半分以下の28万石に減ぜられ、多くの武士が所領や石を失った際に行われた救済措置)が目的であった。こうした二つの点から我が大川家は下級ながら士族であった可能性が高いと察している。

今回はその点を考慮してストーリーを見直してみることにした。ところで大川家が仕えたとされる川村孫兵衛重吉の菩提寺は門脇地区の普誓寺だが、実はここは彼の屋敷(往時は牡鹿郡大鈎村:現石巻市中浦2-2-11)があった場所であるという。今昔マップ(大正時代初期)で普誓寺の位置(赤●)を確認して頂きたい。

ここで改めて、川村孫兵衛について二つの資料を基に振り返ってみたい。引用元は「石巻門脇ゆかりの人たち」の「永遠の南浜、門脇」である。

引用その❶石巻市史第2巻』河川史、第4章から引用
長州阿武郡出身(山口県萩市)の人。元医師(『日本歴史大辞典』)。初め毛利家に仕え、関ケ原の戦いの後、浪人となる。慶長年年間(1596~1615)、卓越した土木技術を見いだされ、伊達政宗に召抱えとなる。元和9年(1623)から北上川改修工事を行い石巻湊を整備。この功績により3000石の家禄となる。釜(現:大街道地区)で製塩事業を行い地名の由来に。菩提寺の大鈎山普誓寺は遺言により自宅跡に建立。石巻市は毎年8月、孫兵衛の功績を讃えて「石巻川開き祭り」に際し「墓前祭」を開催。養子の川村孫兵衛元吉もまた土木技術に功績あり、栗原郡の伊豆野堰工事に名を残す。

※赤:川村孫兵衛重吉の菩提寺の普誓寺
※黄色:青葉神社(伊達政宗公を祀り、旧仙台藩士による大街道開拓の際に、藩祖への感謝と開拓の成功を祈願した神社)
左は大正時代初期の地図、右は現代の地図である。

引用その❷〈普誓寺開基略〉より
 『奥州牡鹿郡大鈎村 大鈎山竜観院普誓寺開基略記』という同寺の縁起によると、「重吉又鉱山に精はしく、封内の山川土色を視察して能く金銀鉱を探見し、荒蕪の原野を開拓しては膏そうの田となせるもの幾百町歩。或は海浜の地処々に◆長堤を築いて◆巨竃を置き以て◆塩を焼く等、世を益し且つ公に貢献する所非常に多かった。此を以て采邑を◆磐井郡猿沢邑、◆宮城郡小田原村南目村、◆牡鹿郡大鈎村等数ヶ所を賜はわり、◆三千石を拝領した。」
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
我が祖父方先祖代々の言い伝え「我が大川家のルーツは古くは岩手県に住み、やがて宮城県に南下し、川村孫兵衛に仕えた。」
②牡鹿原開拓(1880~)でこの付近に広い土地を得た。(この事業は士族救済の為の事業であった)
を総括的に考えると、大川家は川村孫兵衛に仕えた家臣(士族)で、野谷地の開墾をしながら、北上川改修の普請にも携わり、改修が済んだ後も川村家に仕え、川村家の屋敷の近くに住んだ可能性が高い(そう考えるのが自然)と認識している。

門脇地区(釜)の航空写真(昭和の頃の撮影か?)をご覧願いたい。開拓当時と比べたらだいぶ住宅地が広がっているが、周囲には美田が広がり昔の面影が残っていると捉えている。我が祖父もこれとさほど違わぬ景色を見たのではないだろうか?

横町挨拶
この著物(みやぎ北上川の会発行「みやぎ北上川今昔」)と出合わなければ、祖父方ルーツは農民(葛西氏に見切りをつけ帰農)とばかり思っていたので、意外な気が致します。これによって作品のストーリーも変わってくる気が致します。そろそろ自分が投稿しているみちのく春秋の締切日が迫っていますが、まだ間に合うので、早速取り組みたい所存です。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)