fc2ブログ
    郷里、石巻に復興を!
昨日は墓参りと巻石の確認で郷里の石巻を宮城交通高速バス
で訪れた。
巻石の現状については昨日ブログに掲載した通りであり、意気消沈

する。
しかし泣き言ばかり言ってられない。
そこできょうは石巻を元気づけるキャラクターとご当地グルメ(B級)を紹介する。

高速バス
を降りて石巻駅に着くとやはり閑散としていた。
仙石線(仙台と石巻を結ぶJR線)も全線復旧していないせいもあるだろう。
また女川行きの石巻線も依然開通していない。

そんな中で私を向かえてくれたのは彼女だった。
石森章太郎作サイボーグ003
、彼女の微笑みに癒されたのは私だけでないだろう。

駅前通りを少し行くと今度は005(左)と001が私を出迎えてくれた。やあ~!

このあどけないベイビー
と強面
のキャラの対比がなんとも言えないが、思わず微笑みたくなる

ご存知主人公の009である。う~ん、なんとカッコよいのだろう!
改めて石森章太郎を尊敬

する。

墓参りを終えてから駅前を自転車
でぶらついた。これは老舗旅館で津波
に浸かったはずだが、とっくに営業を再開していた。洗濯物を見ると工事関係者
のものらしき作業服があった。
この近辺の宿泊施設は復興に携わる人で繁盛しているようだ。

駅前には他にも数店のビジネス旅館があり、どの旅館も盛況のようだ。

だが、駅前通りを真っすぐ行ったT字路交差点は信号機
が依然復旧していなく、警察官
が手合図
で交通整理を行っていた。
そして、車
の往来が途切れると彼
は意外にも自転車
で通りかかった私
に気さくに「どうぞ~!」と言って誘導してくれたのだ。
シドロモドロ

ふ~、暑い。この日は9月も半ばだというのに30度を越えていた。
墓参りも終わったし、巻石
も確認した。
よ~し、石巻の景気づけに貢献しよう!
まず私は駅前通りの中華料理屋に入ると、待ちかねたようにビール
をあおった。
がんばろう!石巻、大好きな石巻をみんなで復興させよう!!の文字がうれしかった。

ほんとうは鯨肉
入りの餃子を頼みたかったがあいにくまだやってないとのことで普通の餃子を注文した。やみつき餃子の名の通り、そのジューシーな味はやみつきになりそうだ。
おっと、ごん狐
読まないと…

中華料理屋を出た私が次に向かったのは同じ駅前通りの並びの「くるるん」という店だった。
この店に入った理由は石巻焼きそば
(B級グルメ)が食べたかったからだ。

これがくるるんの店内である。私が来た時は既にひと組のカップル
が来ており、店のマスターとなにやら話し込んでした。「お客さん、どちらから来られました?」「東京
です。」
石巻焼きそば
の知名度は遠方からの客を呼ぶに値するのだ。

左の掲示を見て欲しい。3月の大津波
では、なんと―印のところまで津波
が押し寄せたのだ!
そして津波
は数日引かなかったという。

お待ちかね!石巻焼きそば
が来た。ソース味がバッチリ効いてグ―

だ。
例えていうなら以前食べた浪江焼きそばの麺を細くした感じで非常に歯ごたえがある。
※私の過去のブログ投稿「極太の麺が美味いぞ!浪江焼きそば」へのリンクhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/28208178.html
マスターのお袋さんらしき人がその由来をこう語ってくれた。
「昔冷蔵庫もない時代に保存するためにそばを一度蒸したのです。蒸すとそばは茶色くなって固くなり、うまみが引き立つのです。」

この店に貼ってあったパンフレット。
9月25日(日)には復興を祈願してドリコローレ音楽祭


のセレモニーが開催されるようである。

石巻焼きそば
を食し、満腹
になって帰りのバス
を待つ私だが、ふと振り返ると再びこの文字が目に入った。
そうだ。合言葉は「がんばろう!石巻」
巻石は水面下に沈んだが、石巻は必ず浮上
する!
そして最後に女神が私に微笑んでこう語った。「また来てね!」


NEVER GIVE UP 石巻!
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)