fc2ブログ
 芥川龍之介大正8年(1919年)作「舞踏会」

 明治十九年十一月三日の夜であつた。当時十七歳だつた○○家の令嬢明子は、頭の禿げた父親と一緒に、今夜の舞踏会が催さるべく鹿鳴館の階段を上って行った。明るいガスの光に照らされた、幅の広い階段の両側には、ほとんど人工に近い大輪の菊の花が、三重の籬(まがき)を造つていた。
 
 菊は一番奥のがうす紅、中程のが濃い黄色、一番前のが真っ白な花びらをふさの如く乱しているのであった。そうしてその菊のまがきの尽きるあたり、階段の上の舞踏室からは、もう陽気な管絃楽の音が、抑へ難い幸福の吐息のように、休みなく溢れて来るのであった。
※写真:当時の栄華を偲ばせる鹿鳴館(1940年に取り壊される


 明子はつとにフランス語と舞踏との教育を受けていた。が、正式の舞踏会に臨むのは、今夜がまだ生まれて始めてであった。だから彼女は馬車の中でも、折々話しかける父親に、上の空の返事ばかり与えていた。それ程彼女の胸の中には、愉快なる不安とでも形容すべき、一種の落着かない心もちが根を張つていたのであった。彼女は馬車が鹿鳴館の前に止るまで、何度いら立たしい眼を挙げて、窓の外に流れて行く東京の町の乏しい燈火を、見つめた事だか知れなかった。
                 …中略…
 見知らないフランスの海軍将校が、何処からか静に歩み寄った。そうして両腕を垂れたまま、丁寧に日本風の会釈をした。明子はかすかながら血の色が、頬に上って来るのを意識した。しかしその会釈が何を意味するかは、問うまでもなく明かだった。
 
 だから彼女は手にしていた扇を預ってもらうべく、隣に立っている水色の舞踏服の令嬢をふり返った。と同時に意外にも、そのフランスの海軍将校は、ちらりと頬に微笑の影を浮べながら、異様なアクセントを帯びた日本語で、はっきりと彼女にこう言った「一緒に踊っては下さいませんか。」

 間もなく明子は、その仏蘭西の海軍将校と、「美しく青きダニウブ」のワルツを踊っていた。相手の将校は、ほおの日に焼けた、眼鼻立ちの鮮な、濃い口髭のある男であった。彼女はその相手の軍服の左の肩に、長い手袋を嵌めた手を預くべく、余りに背が低かった。が、場馴れている海軍将校は、巧に彼女をあしらって、軽々と群集の中を舞い歩いた。そうして時々彼女の耳に、愛想の好いフランス語の御世辞さえもささやいた。
 
※ヨハン・シュトラウスの名曲「美しき青きドナウ」の優雅なメロディーにのって二人は華麗に踊ったに違いない。
ヨハン・シュトラウス「美しき青きドナウ」
   
      …このあと舞踏会はいよいよ佳境へと入っていく…
 
 フランスの海軍将校は、明子と食卓の一つへ行って、一緒にアイスクリイムのさじを取った。彼女はその間も相手の眼が、折々彼女の手や髪や水色のリボンを掛けたくびへ注がれているのに気がついた。それは勿論彼女にとつて、不快な事でも何でもなかった。
 
 が、ある刹那(せつな:瞬間)には女らしい疑いも閃(ひらめ)かずにはいられなかった。そこで黒い天鵞絨(びろうど)の胸に赤い椿の花をつけた、ドイツ人らしい若い女が二人の傍を通った時、彼女はこの疑いをほのめかせる為に、こういう感歎の言葉を発した。
「西洋の女の方はほんとうに御美しうございますこと。」
海軍将校はこの言葉を聞くと、思いの外真面目に首を振った。
「日本の女の方も美しいです。殊にあなたなぞは…」
「そんな事はこざいませんわ。」
「いえ、御世辞ではありません。そのまますぐにパリの舞踏会へも出られます。そうしたら皆が驚くでしょう。ワトー(フランスの画家)の画の中の御姫様のようですから。」
 
 ところが二人のロマンスが盛り上がったところで期待に反し、事態は意外な方向に進む。彼女はワトーを全く知らなかったのだ。したがって彼女を賛美しようとして比喩を加えた海軍将校の言葉は、逆にその場を白けさせてしまった。
 
 そして二人で腕をくみながら花火をじっと見ていた海軍将校に彼女は問いかけた。「お国のことを思っていらっしゃるのでしょう?」しばらくして海軍将校はこう言った。「私は花火の事を考えていたのです我々の生のような花火の事を。」
                   …中略…
 それから32年経過した大正7年、49歳(文中では老婦人として表現)になった明子はこの海軍将校がフランスの有名な作家ピエル・ロティであったことを知らない。
 
                以下読後感想
 
 西洋文化に造詣の深い芥川にとって、鹿鳴館は非常に関心があったものに違いない。鹿鳴館は当時の文明開化の象徴とも言え、国際的な交流の場でもあり、当時の上流階級の社交の場でもあった。あくまで本筋とは違った枝葉のことになるが、鹿鳴館の豪華絢爛たる雰囲気は彼の筆力により巧みに描写されており、思わず目を見張ってしまう。近代化のさきがけとなったきらびやかな文明開化の当時の模様に触れたい人には是非お勧めする作品である。
 
 芥川はこの作品を通して何を描きたかったか?メインとしては花火のはかなさを通して人の世のはかなさを訴えたかったに違いない。そしてサブテーマとしては二人の歳の差から来る考えかたの食い違い(大人と子供の考えの相違:転じて文明大国フランスと開国したばかりの小国日本)をさりげなく訴えたかった私は見る。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)