fc2ブログ
 Bruce Springsteen - Born to Run 
リンク曲について
ブルーススプリングスディーンの「明日なき暴走」である。その昔は若気の至りで随分と矩を外すことがあった自分である。思い出せば恥ずかしい限りだが、自分は柿で言えば渋柿ゆえ、それだけ渋が抜けるのに時間が掛かったということなのだろう。それでも儒教と出会ってから自分は変わった。人との接点を重んじることが儒教の中枢部だが、その気持ちを若い頃から持っていたのなら、全く違った道を歩んだのかも知れない。

浮世を渡るのがままならず、一度はアウトローに走った自分だが、それでもけして変わらないものがある。それは家族を大切にする気持ちである。十数年前に欝を患い、厭世観が頭をよぎった私にブレーキを掛けたのが家族であった。家族の為に絶対に死ねない。その気持ちが出張先のウイークリーマンションから飛び降りようという気持ちに歯止めを掛けたのである。今は生ける屍であっても家族の為なら耐えに耐えよう。そうこうしているうちにいつしか復活の目が出る。いつしか不死鳥のように甦って侮った奴らを見返す…そんな潜在意識が自分の奥底にあったのかも知れない。本日もそんな苦い過去を振り返りながら週末のオンザロックを嗜んでいる。

この曲はアウトローだった自分を思い出させてくれる曲である。あのころは道を大きく外れていた。しかしながら、あの時大きく外れたからこそ、その後の復活が在り、今の自分が在る。五十代後半から身につけた儒教という甲冑を身に纏い、セカンドライフの舞台に躍り出た自分だが、そこに待っていたのが今の会社であった。これを比喩するならば「捨てる神あれば拾う神あり」となる。奇しくも今所属している会社は倫理教育に力を注いでいる企業であった。その倫理教育の根底に流れる思想こそが儒教である。こうして私は還暦を過ぎてからようやく日の目を見ることが出来た。

家族の絆には感謝しているが、それと遜色ないほど追い風を受けているのが我がルーツであり祖父母から受けた限りない恩愛の数々である。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
昨日は北海道で大きな地震があり、それを思うと心が痛み、とても私的な記事を更新することができなかった。これは7年半前の東北太平洋沖地震の被災当事者になって初めて実感したことである。

これは昨日の一番町の風情である。振り替えで一時間ほど早く上がったので、勤め人は結構少ない。

ブログのメンテナンスの為、真っ直ぐ帰ることの多い私だが計画的な寄り道をすることにした。目当てはかねてから目をつけていた中華料理店「中嘉屋食堂ぶっかけちゃいな二日町店」である。

Google航空写真で「中嘉屋食堂ぶっかけちゃいな二日町店」の位置を確認して頂きたい。

Google3D立体画像で「中嘉屋食堂ぶっかけちゃいな二日町店」の位置を確認して頂きたい。日産レンタカーの東隣である。ブロ友様の視点から見れば、まさに水晶の玉
を見るが如しと察している。(笑)

オーダーしたメニューは四川風麻婆焼きそば(税込¥810)である。四川風の名に恥じない辛さと歯応えは本場仕込みという気がした。

席は一つ一つがBOXとなっている。これなら酒を飲みながら、心置きなく改まった話もできそうだ。今度は是非息子を連れてきたい。

横町挨拶
ブロ友の皆さん、本日の記事のメインはけしてマーボー焼きそばが美味かったなどということではございません。趣旨は自分のセカンドライフにスポットを当てたとお考えください。自分がセカンドライフで通用する人間なのか?これはサラリーマンとしてばかりではなく人間としての真価が問われる場面でもあり、同時に以前在籍した企業への飽くなき挑戦でもございました。

新たに在籍した企業から必要とされる人材となった今はこのリベンジがサクセスに至ったのを実感しています。全ては過去のこととなり太刀も脇差も、今の自分には無用の長物となったわけですが、これには儒教との出遭いがあったからに他ならないと認識しております。今の自分の気持ちは無事に仇討ちを果たした赤穂浪士四十七士の気持ちと寸分も変わらないと考えています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)