FC2ブログ
昨日の震度7の地震で北海道全域が停電になった。その時「ブラックアウト」(連鎖的な電気供給の遮断)が起きたという。ブラックアウトとは聞き慣れない言葉だが、その原理をわかりやすく説明したい。

これは通常時の電気供給パターンである。苫東厚真火力発電所は全道の電力の半分以上をまかなっている発電所である。このように需要と供給のバランスが取れることで支障なく送電できる。

ところが、メインの苫東厚真火力発電所が地震で被害を受けて発電を停止してしまう。

苫東厚真火力発電所が止まったことによって他の発電所への負担が一気に増えることになると…

他の発電所は破壊を免れる為に自動的に停止してしまう。これによって北海道全体が停電してしまったのである。

横町挨拶
今回もコメント欄を閉じさせて頂きます。また本記事の転載は可能としましたので、希望されるかたは「横町のブログから引用」と一言だけ書き添えた上で、転用して頂いて結構です。ニュースでは道内の三分の一ほどが停電を回避と聞いていますが、全道復旧までは、まだ暫く掛かりそうです。病院などは発電機で停電に対応しているところも多いゆえ、一刻も早く復旧することを望んでいます。改めまして、被災されたかたに心からお見舞い申し上げます。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)