fc2ブログ
 数度の移設によって現存する仙台城唯一の遺構
この建物は数年前に宮城県亘理郡山元町で私が撮影したものですが、今回初公開します。
 あくまでも推測の域を出ませんが、この貴重な建物は京都伏見城→仙台→宮城県亘理郡山元町坂元要害→同町民家地内と三度の移築を経て現存します。

今から44年前にこの場所に移設されたようです。

瓦葺きの大手門です。

建物が老朽化しているため、見学は危険ということで遠くからから離れて撮影しました。
この茶室は仙台藩祖伊達政宗が豊臣秀吉から拝領した伏見城の遺構と言い伝えられており、その後国家老の監物道直が12代仙台藩主伊達斉邦から拝領したものとされています。
茶室としては宮城県最古の貴重な建物ということです。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)