fc2ブログ
元F-1チャンピオン、ナイジェル・マンセル
92年ウイリアムルノー時代にチャンピオンになったマンセルですが、写真は90年のフェラーリ時代のものです。ニックネームは大英帝国
の愛すべき息子、ライオンハート
荒法師
と非常に個性に富んだレーサーでした。
彼の熱い走りは古館アナウンサーの「アドレナリンが噴出
…」でも有名です(笑)
 

フェラーリ在籍の後、すぐにウイリアムズに戻った彼ですが、私はロータス(漆黒の名車、ジョンプレイヤースペシャルカラー)時代、ウイリアムズ時代のマンセルが一番好きでした。これは85年のホンダV6ターボを搭載したFW10を駆るマンセルです。
ブースト(ターボ圧)規制の緩かった87年の予選時にはホンダターボは1500馬力を絞り出していたと言われています。

これはターボマニア好みの映像です。86年のウイリアムズFW11(ホンダV6ターボ)でデトロイトGP(デトロイト市街地コース)でポールポジションのセナと激しく競り合うマンセルです。
これは92年のモナコGPのオンボード映像です。最も難しいと言われるテクニカルコース、モンテカルロでのマンセルのテクニックをご覧ください。
マンセルと言えばヘルメットが特徴的でした。
これは92年時のウイリアムズルノー在籍時のヘルメットです。
Labatt's
elf

彼のヘルメットの大きな特徴はおわかりかと思いますが、上方視界を絶ったバイザーステッカーのついたシールドです。
レーサーの中でもこんなに深いバイザーのついたヘルメットは珍しいと思います。
信号機のないレース場での上方視界は西日をひろい眩しいだけなので、彼はこういうデザインのヘルメットをかぶり続けました。
まさに荒法師
らしい走りに徹したヘルメットです(笑)
Canon
RENAULT

フェラーリ時代のヘルメットにもやはりバイザーが付いてます。

今回は走り屋向け?のこだわりのサングラスを紹介しましょう。
名付けてナイジェル・マンセルサングラス(笑)
まず柄の部分の分厚さ(4センチ)に着目、走り屋は上からだけでなく側面からの光も嫌うのです。
もし信号待ちで並んでも隣のドライバーの視線は一切気になりません(笑)

ナイジェル・マンセルサングラスの内側です。このように上と側面の視界がカットされているのがわかります。
それとレンズがスーパーブラックで非常に濃いので、朝日や夕日に対しても抜群の遮光性能を有します。
私の場合、目玉
の色が茶色いので黒目の人よりも光をひろいやすく眩しく
感じるので、朝と夕方日差し
があるときの運転はサングラスが必須アイテムなのです。
このサングラスの他に車のフロントガラスにアクリル板のスモークのバイザーをつけていますが、バイザーとサングラスの両方を通せば、太陽光線は全く眩しいと感じなくなります。
尚鼻に当たるところは自分の顔に合わせてコーキングを盛って、カッタ―で削り改造しています。
これで自分オリジナルのサングラスになります。
ヤングファッション館で¥315で購入しましたが、コストパフォーマンスは抜群と言っていいでしょう。

ナイジェル・マンセルサングラスから見た視界(イメージ画像)です。
実際の視界はもっと上まで見えるので信号機を見るにも問題ありません。

次に紹介するのはKRを駆るときにかけるサングラスです。
なんと80年代のものでレンズはブルーメタリックです。
このサングラスも側面が分厚くゴーグルのような形状になっていて、目にゴミが入りにくく2輪車向きと言えます。
またカワ車特有のワル
の演出にはピッタリです。。
名付けてKawasakiワル
演出サングラスです(笑)

ついでにちょっと渋いものを紹介しましょう。
これは4輪用サングラスですが、柄がべっ甲柄です。
名付けてラッツ&スター
サングラスです(笑)

これは昔流行った垂れ目ですが、ローリングストーンズのミック・ジャガー
がかけていたのでミック・ジャガー
サングラスと名付けました。
私は洋楽嗜好なので、用途はカラオケでミック・ジャガー
の歌を歌う時にかけています(笑)
100円ショップダイソーの210円商品で購入

これは100円ショップダイソーで購入した作業用ゴーグル(スモーク)ですが、晴天時のバイク用のゴーグルとしては十分の機能です。

これは私オリジナルで老眼に悩む中高年向けのナビ用のゴーグル(市販改造品)です。

この下のほうにつけられた老眼鏡がみそです。ナビを見たい時は視線が下に来るのでこれでバイク用ナビの細かい字もばっちり見れます!固定方法は透明ゴーグル(ダイソーで¥105で販売)のレンズにドリルで3.5ミリの穴をあけ、透明結束バンドで縫って固定します。
以前はボルトナットで固定していましたが、視界が悪くなるのでこの方法に改めました(改善した成果はGOO!でした)
老眼のかたでバイクナビ装着をあきらめていたかたにも是非お勧めです!

最後はサングラスでなく老眼鏡です。これもダイソーの¥105の商品でしたが、私の顔に合わなかったので改造してみました。(鼻に当たるところを黒のコーキングで盛り固まってからカッタ―で削る)
以上の改造によってこの眼鏡は使い心地が格段によくなりました。
かけ心地がよく長時間かけても疲れないのです。この方法もコストパフォーマンス抜群です。

使用したブラックコーキング(シリコン)です。
全国のホームセンターで400円ほどで売られています。

最後にナイジェル・マンセルの切れた走り?を動画でご覧ください。
これはセナとのデットヒートの模様です。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)