fc2ブログ

 
 KR同志、深緑の山形路を心行くまで堪能する。
 今日の朝、ブログを見ていたらKROGのみのたんが山形の寒河江に朝ツーに行ってることを知りました。早速みのたんにメールして天童のR13とR48の交点の通称天童タワーで会うことに…彼とは先週の29LSUGOミーティングで会ったばかりで二週続けてのデートになりました。
 
 仙台から待ち合わせ場所までは1時間10分、R48の関山峠を通ってあっという間に着きました。待ち合わせ場所には写真のようにオフ車3台が来て我々のそばで集っていました。
「就職が決まって今研修中です。」とみのたん。みのたんはいつ会っても笑顔が爽やかです。

彼のKRのカスタムしているところを紹介します。まず社外品のスモークスクリーンです。
なかなかセンスよく仕上がってました!

そしてヤフオクで落札したGPZ400用のFフェンダーです。このカーボン調の模様がポイントです。

ステップはKR-1用が付いてましたが、彼曰く購入時から付いていたとのことです。

 この後山寺に行くことになりました。天童タワーから山寺へ行く道はワインディングで高速コーナーが続きます。薫風の中、2台のKRが心地良い天童郊外のロードをランデブー❤で快走します!まさに2ストレプリカ向きの道です。
 
 私は今回みのたんのKRの後を初めて走りましたが、スペシャル塗装されたライムの鮮やかな車体とタンデムツイン独特の排気音が強く印象に残りました。
そして15分ほどで観光名所山寺に到着。暑くも寒くもなく最高のコンディションでした。
 
みのたんKRIN山寺

日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/
KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/
鉄馬再生LIFEへのリンクhttp://tetsu-uma.web.infoseek.co.jp/index.html
ミックKRIN山寺

最初にJR仙山線の山寺駅に行きました。震災の影響でしょうか?観光客はまばらでした。

 駅前の山寺ホテルは木造建築で大正ロマン漂う旅館で、大いに興味をひかれました。
みのたんの「若い時はこういう建物に興味はありませんでしたが、最近になって嗜好が変わり興味が出てきました。」とのコメントに私も同感しました。
 
 機会があったら是非泊ってみたいと思います。こういう宿は特に冬場に風情があるのではないでしょうか?

この後、駅の裏(南側)にある松尾芭蕉記念館に行くことになりました。
風流人芭蕉、私も彼のように風流にゆったりと人生を送りたいものです(笑)
今回は内部は見学しませんでしたが、次回は是非見てみたいと思います。

記念館での2台です。

 記念館のそばにはこんな古い建物もあります。松尾芭蕉の時代にはもちろんこんな建物はなかったでしょうが、なかなか趣のある建物です。

喉も乾いてきたのですぐそばのお土産処に入りました。

この窓格子はほんとにいい雰囲気を出してます。まるで明治や大正にタイムスリップしたみたいな不思議な感覚です♪

非常に恐縮しましたが、みのたんからラフランスジュースをおごってもらいました。

100パーセントのラフランスジュースは糖度が高くマイルドで、とても印象に残る味でした。「みのたん、ごちそう様でした。」お土産に山形名産の「そば茶」を買いました。(¥525)

みのたんは午後から用事があるということで、ここで解散しました。
正面に見えるのは蔵王とともに山形を代表する山、月山連邦です。
ため息が出るような美しさ、そして5月半ばなのに残雪があるのには驚きました。

帰路は再び高速コーナーの連続するロードを楽しみました♪

リンゴ畑を始めとした果樹園の続く中、KRのトルクフルな走りを存分に堪能しました。そして再びR48に合流、山形に来たら手打ち蕎麦を食べなくては…関山峠沿いの大滝ドライブインに寄りました。

ざるそば¥560です。歯ごたえがあって、GOO!でした。

この後、あっという間に仙台のつきましたが、5月の風が心地よいミーティングでした。みのたん、ありがとうございました。また一緒に走りましょう。地図は山寺の場所です。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)