FC2ブログ
現在、歴史小説を『我がルーツと大河北上』を執筆中の私だが、数日前に良著との出遭いがあった。その本は石巻市教育委員会発行の「石巻の歴史」である。これは以前石巻の郷土史家の千葉賢一氏が書いたものを教育委員会が精査して書き直したもので、石巻市の中学校の教材ともなっている本である。本日はこの本の見解に基にストーリーを展開して行きたいと考えている。

本日は開墾されたばかりの牡鹿原(現:石巻市大街道)に、祖父方ルーツが根付いた頃にスポットを当てて話を進めて行きたい。

※開墾事業を始めたばかりの牡鹿原地区(時期的には1880年代と思われる)

牡鹿原開拓事業は戊辰戦争で敗北を帰し、石を半分以下にされた仙台藩が士族授産の為に行った開墾事業である。この時藩からは8千人にも及ぶ武士が新天地を求めて北海道に渡っている。牡鹿原以外の開墾地としては三居沢や愛子も挙げられるが、我がルーツである大川家が関わったのは牡鹿原であった。

これは1951年(昭和26年)に米国軍医のジョージ・バトラー氏によって撮影された大曲地区(牡鹿原と隣接する地域)であるが、往時の牡鹿原にもこれとさほど違わぬ長閑なロケーションが広がっていたものと察している。

私が昨年の2月に作成した大川家の家系図である。牡鹿原の開拓が始まったのは1880年なので、この時の曽祖父Gは満で16~17歳、高祖父Tに至っては44~45歳となる。

※下記の文は石巻市史第四巻からの引用である。
明治維新で石高が半分以下となった仙台藩であるが、士族授産という名目の下、1880年(明治13年)、牡鹿原(今の大街道)には43名の旧仙台藩士(数名の平民を含む)が入植した。

この入植は県の事業で、米谷村の大川何某(身分は平民)という人物の名前が出てくる。この人物と祖父方の苗字と合致するものの、我が大川家と縁戚関係にあるかどうかは全くの不明である。以下、牡鹿原入植の趣旨を抜粋する。

1、牡鹿原開墾に於いては、明治13年(1880年)に歴史的な第一鍬を下ろすものとする。
2、新墾(初期の開墾と解釈)は明治14年より同17年までの4箇年に於いて成業するものとする。
3、開墾地は専ら、稲田、桑園及び芦栗の植栽を目的とする。
4、入場を許すべき士族は身体強壮にして労力に耐え、兼ねて農業篤志の者に限る。
5、入場者には独立移住の期まで、食費を給し且つ、一日五銭の手当金を支給する。
6、精勤に及んだ者には特に賞与を給する。
7、入場者には家屋、農具の貸与を行う。
8、開墾に供する農地の貸与期間は15年とし、その後に貸渡料を徴収する。
9、入植者が家族を呼び寄せる際、独立家屋の建造資金を支給し、別に扶助料(移住を開始した月から三ヶ月、一日一名食費・三厘三毛)を給付する。
10、成功を収めた場合、各一戸につき、田一町部、畑五反、宅地一反を支給し、家具や農具の貸付を行う。

このような条件であったが、実際は私財を投入しないと、とても生計が成り立たないほどの状況だったという。特に穀物(さとうきび等)や野菜、果物(梨等)の収穫は入植者にとって大きく期待外れとなり、その多くが失望し離散したという。そのような経緯もあり、開拓を始めて僅か三年後の1883年(明治16年)には入植者の数は、約半数の二十戸ほどに減った。我がルーツは死に者狂いで生業に励み、その二十戸の中に入った。これによって大川家はこの地に広い農地を有するに至った。そうして曽祖父Gの次男として1890年(明治23年)に生まれたのが私の祖父Sである。本書では、大正時代に入ってようやく入植者の生活に安定と繁栄がもたらされたとしている。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
横町挨拶
難産に難産を経て、ようやく幕末から明治にかけての我がルーツが見えて参りました。曽祖父Gは大地主ゆえ、士族授産を目的とした大街道開拓で、我がルーツは一旗も二旗も挙げたようです。或いは、この時代に大川家は全盛を迎えたと言っていいのかも知れません。但し43人の初期入植者のうち、誰が我が大川家と繋がっているのかがわかりません。このあたりは今後の課題と捉えています。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

北海道に渡って土地を開墾した武士のこと、TVで見たことがあります。成功した人は、少なかったようです。
横道さんのご先祖さまも、その土地で成功した人のひとりだったのですね。
1冊の本の存在で、いろいろ解明され、広がっていきますね。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

随分と先祖の歴史に進歩が見えてきました。
その時代の背景から3代の様子が見えてました。
寺の過去帳などあればよいのですが。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

横町利郎様へ
これは辛い開墾事業だったと思います。想像を絶する感じがします。政府軍から何もかにも取り上げられ。生き残るために身分も平民となり。一から出直しです。過酷だったと思います。それでも家族を思えば生き残らなければならない。おそらくですが。耕しても耕しても穀物はそれほど出来上がらなかったのでは。それを考えると。生き残るための戦いであったのでしょうね。良く生き残った。考えただけでも辛いです。本日も勉強になりました。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
我がルーツ調べに関しましては、一度は壁にぶつかったものの、郷土史との接点を見出し、またバトラー氏との写真とも出遭い、輪郭が少しずつはっきりしてきた気が致します。

然らば、お膳立てが揃って参りました。後は書き進むのみと認識しております。
本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
ここまで輪郭がはっきりしてきますと想像は難くないと考えています。細かい点はございますが、骨子が見えてきたのです。入植してしばらくは成果物に恵まれず、落胆も大きかったのが祖父かたの我がルーツですが、その度に不死鳥のように甦ってきた。そしてその血は我が体内に脈々と流れている。そんな強い気持ちが自分の五十代の復活に繋がったと認識しております。

この良著との出遭いで一気に光が見えて参りました。お陰様で、本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

段々とルーツが解明して良かったですね。私は以前相続関係で古い戸籍を取ったのですが、かなり前まで遡ることが出来ます。戸籍は明治に作られたものですから、限界もありますが、江戸期生まれた人も記載されていたり、どこから来たのか、どこの生まれなのか等も書かれている場合があるので、何かの手がかりになるかもしれません。ただし、既に系図を作られているようですから、調査済かもしれませんね。

URL | motoyoshi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます

若い頃は自分のルーツには何の興味もなかったのですが
年齢を重ねるにつけ
自分がここに存在することの不思議に気がついてきました。
横町さんのように家系図を作り祖先の偉業に尊敬の念を持つことができるのは素晴らしいことですね。
それを作品になさろうとしているのですから。

これからも地道に頑張ってくださいね。

URL | つや姫日記 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

お早うございます、
牡鹿原開拓事業は並大抵の苦労では無かったのでしょうね、
開拓を始めて僅か3年後には半分に減ってる事が苦労の証拠でしょうね、
1908年に始まった南米移民も入植者の苦労も大変だったそうですね、

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は

先祖代々の苦労の結果が見て取れます

大変だったでしょう
ナイス☆

URL | 62まき ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
仙台藩は幕府に次いで侍の数が多かったと言いますが、8000人というのは想像を絶しますが、賊軍としてレッテルを貼られた立場ゆえ、蝦夷地への移動は止むを得ない選択だったと受け止めております。

自分のルーツは川村孫兵衛に仕えたこともあり石巻に根付いたのだと思います。石巻は人為的に造られた港湾都市ゆえ、伊達政宗と川村孫兵衛なくして今の自分はなかったと考えています。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
祖父方の菩提寺の過去帳は火災によって消失したようです。過去帳と原戸籍はルーツを紐解く大きな鍵となるので、痛手にございます。但しそれで泣き寝入りはしいられません。そんなシチュエーションで郷土史に打開策を求めたのは正解でした。

枝葉はともかく幹になる部分が見えてきたのです。文芸誌の秋号の締め切りが間もなくとなりましたが、これを追い風として一気にペンを進めたいと考えています。本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
実はこの開墾地では騒動も起きています。穀物や野菜、果物の収穫が思ったように上がらない。恐らく首謀者はこれに業を煮やしたのでしょう。実は1880年の43人の入植者の名前は全て石巻市史第四巻に掲載されています。

恐らくこの43人の中に某のルーツが深く関わった人物が居るに相違ないと受け止めております。自分のルーツは或いはこの騒動に関わったのかも知れませんが、これは今後の研究課題と受け止めております。

大川何某という人物、それにしても気になります。おはからいにより、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> motoyoshiさん
この家系図はCADで作りました。家系図では文字の大きさや位置が自由自在に変えられるものであることが求められます。CADはそれにもってこいなのです。往時は四十の手習いですが、現役時代に身に着けた技術がここで役に立つとは夢にも思いませんでした。

話は変わりますが、昨年の二月1700年代後半の生まれと推測される6代祖父の名が明らかになったとき、感動を抱きました。

これで得たモチベーションを落とさないよう、執筆に励みたい所存です。お陰様で、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
ルーツを調べていく中で資料や写真が色々と
発見され、更に確信が持てたり、内容の深さが増して行っていますね。
長い時間をかけての大作、本当に感動のある発見も多いと思います。頑張ってください。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> つや姫日記さん
台風のほう如何でしたでしょうか?案じておりました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
自分もそうですが、殆どの人間は「己の存在が様々な偶然が積み重なってもたらされたこと」をなかなか認識出来ません。歴史に触れて行くとようやくその有り難味が実感として湧く気が致します。

さて、この本に記載されていた牡鹿原開拓入植者の苦難を知り、自分のルーツはけして平坦な道を歩いてきたわけでなく、様々な紆余曲折を経て血を残してきたと強く感じました。自分が存在するのはそんなルーツがあったからであり、その遺志を確と受け継がねばならない。そしてその感謝を作品に綴りたいと考えています。

返しコメントが遅くなり大変失礼しました。本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
台風のほう如何でしたでしょうか?案じておりました。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

自分のルーツは恐らく穀物等の不作時は衣食住に困り、大変な窮地に立たされたものと認識しております。
然らば、踏まれ強く雑草のように生きるしか術がなかった。そうでなければこの地に根付くことは出来なかったと推察しています。

家系図を書いたことが作品の執筆に大きな追い風をもたらした気が致します。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
七転び八起きを地で行ったのが我がルーツと察しております。この資料でそれを更に確信した次第です。これを糧として執筆に励みます。

本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
謹んで申し上げます。台風のほう北海道西を通過と聞いています。案じております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
様々な資料を読みあさり、大街道開拓がけして平坦なものでなかったと知り驚いています。同時に苦難を乗り越えてきた我がルーツには畏敬の念さえ、抱いています。

但し、先の震災で一族18人が亡くなったことも重く受け止めております。これに報いる為にも作品の執筆に励みたい所存です。本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歴史小説執筆途中ですね。
ルーツを調べて先祖のご苦労がきっと
報われるでしょう。
執筆頑張って下さい。ご無理なさいません様に~

URL | ボタンとリボン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ボタンとリボンさん
激励を頂戴しありがとうございます。今回は新たな進展がございました。それは我が大川家は川村孫兵衛という仙台藩士(旧毛利藩士・土木技術者)に仕え、新田開発に携わった可能性が高いということです。原戸籍を調べると、一族の殆どが川村孫兵衛の屋敷の近くに散らばっているので、そう考えるのが自然(先祖代々の言い伝えとも符合)と捉えています。

本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)