fc2ブログ
 
 
自分好みのマシンに仕立てる
 バイクでも車でもメーカー量産車は万人が扱って支障がない機能(最大公約数的な使い勝手)は備えていますが、必ずしも自分の乗りかた、理想の操作性、機能性とは異なる場合が往々にしてあるものです。
 
 でもその作りに合わせて乗る(ノーマルに合わせる)のではなく、合わないところやモアベターなところは改造してでも自分に合わせるのが私のバイクスタイルです。(笑)
 というわけで今回はKRの細部を見直して更に自分好みのマシンに仕立てるべく、いろいろと工夫をしてみました。(純正、ノーマルにこだわる人には参考にならないと思います。)
 
 まずクラッチレバーですがノーマルのホルダーにはミラー取り付け用のネジ切りの入った受け、がありますが私のKRの場合ミラーはフロントカウルにマウントしているので、必ずしも純正にこだわる必要はありません。
 
 今回クラッチホルダーを破損した経緯もあり、思い切ってGSXR-1100用(中古品を安価で入手)のものに変えてみました。(上がノーマル純正品、下がGSXR-1100用)
 赤丸印の部分を見るとレバーを握る部分の形状には大差ないようです。これは使えそうと思いましたが別の問題が浮上。
※注釈:もう一つの変更点である青丸については後述

 なんと当初、この部分の突起がバッティング(赤丸印参照)して一番レバーの握りたい部分が外側にいってしまいクラッチ操作が重くなっていました。でもこんなことではあきらめないのが私流です。(笑)
 
 作業中の写真は撮りませんでしたが、クラッチホルダーを取り外して干渉する部分をグラインダーで研磨してこの通りです。(削り過ぎると穴が空いて強度がなくなるので様子を見ながら少しずつ削ります。)
 
 まずはこの加工改造でホルダーを1センチ近くトップブリッジ側に移動させることに成功しました。
日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/
KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/
鉄馬再生LIFEへのリンクhttp://tetsu-uma.web.infoseek.co.jp/index.html

今回の作業に使用した私のこだわりの品(工具)を紹介します。これは建築現場のコーキングに使われるコーキングへら(こて)です。
(メーカー:Hirata製、サイズ12ミリ、全国の金物店、ホームセンターなどで販売)
これを何に使うかというと…

固着したラバーグリップを外すのはこれが一番いいようです。このへらは適度なしなりがあってラバーグリップを傷つけません。へらの形状は細めに限るようです。これを使えばどんな接着剤でもたちまちブレイク!です。

交換作業を終えて取り外したグリップの復旧ですが、市販の建築用シリコンコーキング(ブラック)をお勧めします。色もバッチリだし強度も十分、ラバーグリップについた少々の欠けも補修できます。(ホームセンターなどで販売、約¥350)

ここで一番上の写真の青丸部分について説明します。
このままでも乗れないことはないのですが、私はよりクラッチ操作が軽くなるようにラバーグリップを外側にマウントしようと考えました。
使用したのはこれ、イス用の樹脂製保護キャップ(商品名:床マモール24Φ)です。(ホームセンターなどで販売、4個入りで¥283)
これを15ミリに切断(輪切り状)してカラーとしてラバーグリップと操作スイッチBOXの間に入れます。(ホルダー研磨による移動とこのカラー設置により25ミリほどレバ―位置が変わったことになります。)…効果は絶大

レバーハンドル端部は長すぎるので思い切って切断、グラインダーで面とり処理をしました。
以上の改造(荒技?)によ操作性に優れた機能的なもの(軽い力でOK!)になりました。

次に用意したのはご覧のような丸座金です。(サイズ30ミリ、穴径8ミリ、厚さ1.2ミリ、材質スチール製、ネジ専門店などで販売)

 大きくてなかなか良い座金ですが、取り付ける場所によっては干渉のため切断しなければなりません。ベビーサンダー(グラインダー)を使用しますが、この作業は座金が外れると危険なのでこのような固定用万力を事前に用意します。また万力に直接座金を挟まずに滑り防止のためにゴムパッキンなどを挟んで作業すると安全にできます。
このときゴーグルと保護手袋は必ず着用して下さい。

切断した座金をどこに使ったかというとフロントカウルとミラーとのマウント部です。左は既存の補強プレートですが丸座金のほうが軽くて、面積を広く出来ます。

ミラーマウント部の丸座金の使用状況です。これできれいに収まりました。

切断した丸座金はこんな部分にも使用しました。FRP製シート(ピットクルー津田沼製)とアルミフレームとのマウントです。
以前はもっと小さい座金でしたが今度は大きいので安心感があります。

次に行ったのは分厚いゴム板に切り抜き加工です。(空調室外機防振ゴム厚さ18ミリ切れ端を使用)
この時、切り抜きは大きめに抜いて、後から削って仕上げるようにします。

切り抜いたゴム板はフロントカウル用ミラーのカラーとして使いました。
ゴム製なので振動を吸収してブレ防止効果も期待できます。
これによって後方視認性が大幅に改善。
ちょっと段つきが気になりますが、素材がゴムなので後でやすりで削ればきれいに仕上がります。
尚、ミラーはTZR250後方排気(型式3MA)純正を使いました。(ボルト6ミリ、ピッチ47ミリ)

グラインダーを使ったついでにアルミフレームの不要な部分を切断しました。
ヘルメットフック、荷物用のボッチなどは以前撤去していましたが、溶接強度に支障がない部分を切断しました。(赤丸印)
軽量化というよりも後ろから手を突っ込みやすくなったのでウインカー交換や配線外し(このスペシャルシートを外すにはリアの左右ウインカー配線とテールランプの配線を取り外す必要がある。)の時のメンテナンス性が大幅に向上しました。

切断したアルミ片です。(左がフレーム、右はクラッチレバー)

丸座金はサイドカバーとアルミフレームマウント部にも使ってみました。
またステップについてはライムエンジニアブーツ着用に備えての滑り防止対策(ナイロン製網をカラー結束バンドで固定)も行いました。

 最後に細かい部分ですがキャップを入れる部分(フロントシールド下のすきま)の滑り対策です。
私はキャップをこの部分に入れて走っていましたが、ノーマルのままだと風や振動を受けてキャップが動いてしまい、飛んでしまう恐れがありました。
 
 そこでご覧のように粗めのサンドペーパーを計器側に両面テープで貼ってみました。これでキャップは動かなくなりました。

以上の細かい改造により機能性、操作性が向上してライディングがいっそう楽しくなりました♪
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)