fc2ブログ
  
個性的な形をしているKRのウインカー
 KRは絶版部品が多いので、立ちゴケなどでウインカーを壊してしまうとヤフオクなどで入手するしかないと皆さんはお思いでしょうが、そんな困った時に自家製ウインカーレンズを製作し、オークションなどに頼らずに壊れたウインカーを復旧する方法をお伝えします。

壊れたウインカー本体は粉々に壊れない限り、瞬間接着剤で復旧できます。(写真左)
ホームセンターなどで市販されているオレンジ色のアクリル板(半透明厚さ5mm)を用意します。(税込値段¥525、写真右)

アクリル板にウインカー本体をあてがいマジックペンで型どりをします。
日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/
KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/
鉄馬再生LIFEへのリンクhttp://tetsu-uma.web.infoseek.co.jp/index.html

引きまわし鋸でアクリル板を切断します。

市販の透明接着剤(¥105)を使って自作レンズをウインカー本体に接着します。
ウインカー本体についた細かい傷はブラックのタッチアップペン(¥300くらい)で補修します。

接着材は一気につけ過ぎないように二回に分けて充填します。一回目はおおどころの接着を行い、乾くのを待ってから、二回目にピンホールを埋めて完成です。オリジナルにこだわる人には勧められませんが、機能的には全く問題ありません。
少しラフなイメージはありますが、レプリカ系バイクにはかえって似合うのかも知れません。

 
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)