FC2ブログ
 The Beatles - Penny Lane 
リンク曲について
ビートルズのペニー・レインは非常に軽快なリズムの曲である。ペニーレインはビートルズのメンバーの出身地である。この曲には彼らのリバプールへの郷土愛を強く感じるとともに、正統派として王道を行く、音楽的な才能を改めて感ずる気がする。

※リバプールの街中に立つビートルズの銅像(インターネットより)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
司馬遼太郎が「街道をゆく」取材の為に英国とアイルランドを訪れたのは1987年(昭和62年)のことであった。実際に彼が書いたのは『愛蘭土紀行』であったが、本日はもう一つの取材地であるブリテン島のリバプールにスポットを当てたい。

先ずはこの地図(インターネットより)をご覧願いたい。国家としては
❶イギリス
❷アイルランド
の二つに分かれるブリテン島とアイルランド島であるが、区分としては五つに分かれる。このうちイングランドと北アイルランドは同じ国家となっている。ラグビーの国際試合となると北アイルランドとアイルランドは一体となり、非常にややこしい印象を受ける。これは先住民族であるケルト人と後からドイツ北部から移住してきたアングロサクソンとの民族抗争によるものである。

この時の司馬のスケジュールはかなりタイトなものであった。3月23日に飛行機でロンドンに到着した司馬はケンブリッジなどで講演をする為、ブリテン島(イングランド本島)には一週間ほど滞在した。リバプールに着いたのはイギリスに渡ってから6日後の3月29日のことであった。司馬はこの時、ロンドンで夏目漱石の留学を偲んでいる。漱石はこの時の孤独が祟って精神を病む原因となった。(躁鬱病を発症)但し、そのことが後に彼の文才を開花させる大きな要因ともなった。

リバプールはイギリスではロンドンとバーミンガムと並び最も人気のある年である。超高層ビルも建ち新旧の建物が入り乱れているが、リバプールの住民の約40パーセントはアイリッシュ(アイルランド系)であるという。実はビートルズの4人のメンバーのうち、3人がアイルランド移民の子孫であるという。

※画像はインターネットより

18世紀後半の産業革命で大きな役割を果たしたのが大工業都市・マンチェスターであったが、その工業製品の積み出し港を担ったのがリバプールである。ここは地理的にアイルランド島にも近く、物資とともに多くの移民や奴隷がここから渡航していったという。民族紛争で敗れた民族は時として侵略を許さず勇敢に戦い独立を勝ち取ったが、不幸にして奴隷となった者もあった。司馬はそんなリバプールに港町特有の哀愁を感じた。

※画像はインターネットより

横町挨拶
恥ずかしながらビートルズを生んだ町がリバプールであるのを始めて知りました。司馬は仕事柄、音楽にさほど触れる機会がなかったようですが、ビートルズに関することはこの作品の中で書いています。ブロ友様の皆さん、ビートルズの曲はお好きでしょうか?自分は以前はローリング・ストーンズを好んで聴いていましたが、今はビートルズの曲も好きになりました。

個人的にイマジンなどは惜別に相応しい曲と受け止め、人事異動の季節である春先や故人を偲ぶ際によく聴きます。数十年前の学生の頃、こうした指向がなかったわけではありませんが、耳によく馴染んできたのは五十代後半を過ぎてからです。それだけ自分も人間的に丸くなってきたのかも知れません。それとリバプールは港町で、規模こそ違いますが自分の出身地の石巻と重なるものも感じています。

司馬遼太郎のこの作品『愛蘭土紀行』は題名通りアイルランドのことをメインとした作品ですが、敢えて拙ブログでは「英国」で一区切りさせて頂きます。アイルランドのことは日を追って記事に著して参りたい所存です。ところで、司馬遼太郎の「街道をゆく」は国内の街道のみに留まっていません。

実は自分は「郷土史家」と言われることを好みません。それは自分の見据えねばならない歴史の対象はけして郷土のみでないと考えるからです。アンテナを広げる対象は日本史だけでもない。やはり世界史までその範囲を広げてこそ、哲学との接点が見えてくると捉えています。そんな自分にとって今回の司馬の作品との出逢いは大きなインパクトがございました。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

本ブログ◆司馬遼太郎の研究◆シリーズ
街道をゆく「仙台・石巻編」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/33102757.html
街道をゆく「羽州街道編」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34445516.html
街道をゆく「神田界隈」https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/35091094.html
街道をゆく「甲州街道」https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34996925.html
街道をゆく「横浜散歩」https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/35234726.html
街道をゆく「神戸散歩」https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34981580.html
街道をゆく「芸備の道編」https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34973489.html
街道をゆく「南伊予、西土佐編」https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34521389.html
エッセイ「大内定綱の稀なる生き残り」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32479117.html
「桃太郎の末裔たちの国」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34505112.html
「加賀百万石の長い眠り」http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34470973.html
日露戦争で秋山真之が用いたT字戦法http://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/34211828.html
関連記事

コメント

No title

こんばんは 横町さん

更新お疲れ様です。

ビートルズ、懐かしいです。
私の通っていた中学校では、清掃の時間にビートルズの曲を流していました。
少女時代にビートルズを知ることができたのですが、はまることなく代表的な曲しか知りません。
私はデビッド・ボウイに走りましたので(笑)。
イギリス、死ぬ前に一度は行ってみたい国です。
夏目漱石はイギリスに留学していたのですか。
漱石が精神を病んでいた話は有名ですね。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は

リバプールって聞いて あッ ビートルズって思いました

今はもう昔ですね
ナイス☆

URL | 62まき ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ビートルズの曲は何曲か知っていますが、この曲は知りませんでした…。。。軽快ないい曲ですね…。。。

リバプールもアイルランド側の港町だとは、初めて知りました…。。。

イギリスの田園地帯、ウイスキーの故郷スコットランド、荒涼たる風景のアイルランド…。。。訪れてみたいところですね…。。。

本日もありがとうございました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは。
司馬遼太郎さんも英国を訪れていた事があったのですね。
母親がビートルズの大ファンで英国へビートルズゆかりの地を訪ねるファン・ツアーで若い頃に行った話をよく聞かされていました。私も曲は大好きです。
横町さまも日本のみならず海外へも視野を向けて
多くの発見をされていますね。
英国は行ってみたいですし文化にも触れてみたい国ですね。

URL | joeyrock ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんばんは!

ビートルズの曲は当時大ブームでしたので何曲かは耳馴染み好んで聞きました。司馬氏が興味持たれていたのは不思議ではありませんが一寸驚きでした。

作家は多かれ少なかれ精神を患う共通の処が有るのではと感じました。然しその後開花して成功につながる方式
の様なものを横町さんにも見られると思いました。

本日も懐かしい曲と素敵なお話を有難うございました。

URL | suisyou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

横町利郎様へ
ビートルーズは偉大なバンドです。このグループがいなければ。今のロック界は存在しないとまで言って良いバンドです。その昔アメリカの黒人天才ギタリスト、ジーミー・ヘンドリックスが。『何をやってもビートルーズのコピーでしかない』という言葉を残して薬中毒となり亡くなっております。それと5Bと称えた人もいます。ベートーベン、バッハ、ブラームス、ビートルーズ、バート・バカラック。そしてイマジンを作ったジョン・レノンはこの曲により。おそらくアメリカで殺されます。9.11の時、イマジンを流して。禁止されております。この歌は危険な扇動行為の歌であるとアメリカでは解釈されております。それを堂々とアメリカに滞在し。FBIから再三の退去命令を無視して殺されます。これほどの人がこの歌を歌う事がアメリカにとっては脅威であったと思われます。それは彼がそれほど偉大であった事と思います。アメリカの政局運営に対する脅威であると思われるほどの人物となった。彼等の名前は永久に語りつがれる人たちであるのでしょうね。ナイスです。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズは海外にも及んでいます。自分は彼の足元にも及びませんが、視野の広さは見習いたいと思いこの本に目を通した次第です。

記事にも書いた通り『愛蘭土紀行』が原作なので『英国紀行』としては著作がございません。アイルランドのほうは期日を改めまして、紹介したい所存です。人間の音楽の嗜好は多岐に渡りますが、ヤスミンさんはデビッド・ボウイ派なのですね。

自分はシャーロック・ホームズにも興味がございますが、その理由として単なるストーリーのみでなく、ビクトリア王朝時代の英国への憧憬がございます。74年も続いたこの時代に今の英国人の気質(利己主義と一線を画した個人主義)と習慣(待つことにいらいらしない。古いものを重んじる。茶の習慣が国民に深く浸透。)の礎があると察しております。これが、この国(隣国アイルランドも含めて)に行ってみたい理由です。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
自分は港町生まれですので、リバプールには憧憬を抱きます。更にビートルズゆかりの地と聞き芳香漂うものを感じます。

本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
この曲の直訳は「ペニー レイン通りの景色」とのことで彼らの故郷への想いを強く感じる気が致します。歌詞に登場する床屋や消防署などは実在するもので、リアリティなものも感じます。

彼らはこの町に生まれたことを誇りに思った。そしてそれを曲に表したかったと察しております。この曲への思い入れとしては、かつて休日の午前中などに聴くリラックスモードの曲という印象がありますが、今は曲の趣旨がそれを損じないという安堵さえ抱いています。

拙ブログの司馬遼太郎シリーズは国内に留まらずに海外にも範囲を広げましたが、今後はケルト人の気質の漂うアイルランドにも是非視野を広げて参りたい所存です。

本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> joeyrockさん
お母様がビートルズファンであることを以前ご教示頂いたことを記憶しております。ローリングストーンズは同じ路線で勝負しなかったわけですが、今改めて、ビートルズの曲を聴くといろいろな面での先駆けを痛感します。それだけ彼らの残した軌跡は深く、世界中に浸透していると認識しております。

この国は個人主義が浸透している国ですが、利己主義ではございません。その理由は敬虔なキリスト教徒の国ということもございますが、何と言ってもビクトリア王朝時代の習慣を引きずっている点が大きいと捉えています。即ち、如何に人生を優雅に謳歌するか…というものが彼らの人生観の中にある。これが働き蜂と称される我が国民性との大きな違いと認識しております。

おはからいにより、本日も慈悲を賜りました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> suisyouさん
とんでもございません。夏目漱石の足元にも及ばない某ですが、躁鬱病がどんなものかはよく知っています。これは上手く自分を知らないと自分を追い込んでしまう病でもございます。このあたりへの対策としては散策、音楽などを生活に取り入れるなど、適度な精神の解放は不可欠と認識しております。

話は変わりますが、この国は大変厚い文化を有する国にございます。司馬は著作でそれに迫ろうとした節がございますが、メインはアイランドの取材でした。英国取材は短期間でしたが、ビートルズゆかりの地を訪ねるなど、巡るべきところを巡った(短期間にしてはという意味)と認識しております。

司馬遼太郎は「菜の花の沖」などで海路にも作品を広げた作家ゆえ、港町リバプールと司馬遼太郎の関わりには、何か不思議な因果さえ感じます。本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
この本を読むまで、この国のリバプールにはサッカーチームがあるな…程度の知識しかございませんでした。但し、ここはアイルランドとの接点がある港町と聞き、司馬がこの地にただならぬ関心を抱いた理由がわかる気が致します。

英国はともすればスマートに見える国ですが、アヘン戦争やヤルタ会談などを振り返るに、同国の帝国主義的な側面も多大に感じます。但し、この国には’あばたを十分に補うほどのえくぼがある’のも事実。その中で魅力を感じるのは、何と言ってもビクトリア王朝の生んだ文化遺産にございます。

同時に某は隣国アイルランドにも興味がございました。そのきっかけとなったのは「汽車に乗ってアイルランドのような田舎へゆこう」という丸山薫のポエムにございました。同国への憧憬は『愛蘭土紀行』の読後感想の中で語りたい所存です。

本日はビートルズに関するお話を聞かせて頂き感謝申し上げます。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今日は、

若い頃はビートルズは好きでした、
欧州航路でリバプールには3度行き「ましたがビートルズの
出身地だとは知りませんでした、
勿論、銅像などはだいぶ後の事でしょうね、

(話はそれますが此処二日ほど前からYahooブログの訪問者数が極端に少なく感じませんか?
ブロ友さんに訪問してもカウントされてない見たいです、
Yahooさん最近は色んなトラブルが続いていますね)

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
貴兄のリバプールの思い出、確と承りました。英国やアイルランドは機会があったら是非行って見たい場所ですね。

ヤフーの訪問者ですが、自分の場合ここ一箇月前から減ってきています。ヤフーはこういうことに信頼性を欠くことが多いので、あまりこれに一喜一憂しないようにしています。

本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

日本だけに留まらす世界の歴史に目を向ける
のは流石ですね。
イギリスは歴史があり世界を牽引してきた国ですから
調べるのも楽しいですね。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
この作品の題名は『愛蘭土紀行』ですが、隣国の英国にもかなり触れていました。いつしかアイルランドのことも書きたいと思っています。

おはからいにより、本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)