fc2ブログ
81年型KawasakiKR500
バイク雑誌RACERSにも紹介された81年型KR500
ライダーはコークバリントン(南アフリカ出身)
この年はダッチTT、フィンランドGPと二度の3位入賞を果たしてランキングは8位を獲得した。
日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/
KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/

82年型KR500でタイトコーナーを通過するコークバリントンの走り。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レプリカマシンではあるがカウルが外された81年型KR500
フレーム形状は82年型のバックボーン式と違ってプレート式となっている。
81年型KR500はエンジン性能に比してシャシー性能が大幅に上回っており、キックバックが出てライダーを悩ませた。
だがコークバリントンは乗りにくいマシンを乗りこなすのがプロのライダーとの観点で、このマシンを駆っていた。

今までコークバリントン氏が82年型KR500(カウルを外したストリップ)で、水冷スクエア4エンジンを始動する動画が出回っていたが、今回、81年型KR500レプリカのエンジン始動動画をユーチューブで見かけたので、お披露目する。
途中で交替してエンジンスロットルをあおっているのは元ワークスライダーの清原明彦さんだ。

KR500 RGB500 this must be heaven.MOV
ロータリーディスクバルブスクエア4独特の吸入音が聞こえるのが確認できる。
カワサキの2ストマシンと言えば多くがロータリーディスクバルブを採用しているのが特徴だ。
  動画を見ていくとなんと往年のチャンピオンマシンKR350のアイドリング及びスタート映像が登場する!
81年型KR500の剛性の高いプレート式モノコックフレーム

これは82年型KR500だが、81年型とのフレームの違いをおわかりいただけると思う
バックボーンというだけあって、脊椎動物の背骨のようにエンジンを上から吊る構造になっている。

ライバルを打倒すべく、細部に渡って改良を繰り返したKR500だったが、大きな成果(優勝)が得られないまま、82年でGPシーンから姿を消した。
しかし、その独創的なフォルムと斬新なメカは「ライムグリーンの異色マシン」として、多くの人の注目を集めた。
他にない創造と挑戦、いかにもカワサキらしいマシンではないだろうか?

 
 
 
 
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)