fc2ブログ
 Where the rose is sown 
はじめに
今の自分にとってのブログは自己表現の場であり、大切なブロ友様との社交の場でもある。ブロ友様との会話は世間話でも何でもいい。話の内容は二の次ぎであり、ブロ友様と誼を通ずることが第一なのである。自分のブログを一口で言えば、昔で言う文通交換の場である。但しアナログの文通は返事が来るまで暫く待たねばならない。自分はこの「待ち」をけしてまどろっこしいとは思っていない。

それどころか返事を待つ間にああだ、こうだといろいろと想像に及ぶ。その想像する時間そのものが愉しいのである。文通とブログの違いはウェーブの周期が違うだけで根本的に何ら変わらない。自分はSNS上のこうしたやり取りがたまらなく好きなのである。

リンク曲について
もうすぐヤフーブログを始めて10年経つが、これまで自分は2100以上の記事を更新してきた。比率から言うとその中の約20パーセントは音楽リンクの記事である。自分のブログはけして音楽ブログでないが、好きな音楽を聴きながら記事を書くのは至福そのものである。今宵は週の中休み前の美酒に酔いながらこの曲を聴いている。

話は変わるがブログでもっとも大事なことはアイデンティティー(自己同一性)と認識している。皆さんの中にも経験したかたが居られると察しているが、人の目を必要以上に気にし過ぎると記事は書けなくなる。それでも自分を信じてPCのキーボードを叩く。同じ曲を過去にリンクしたから…、或いは似たような記事を過去に書いたから…などという躊躇は一切捨て去り、自分という個性をインターネット上に惜しげもなく曝け出す。これは一種の開き直りと言えるのかも知れない。

本日リンクした曲は過去に何度かリンクした記憶があるが、それでも何度もリンクするのは、人様の目をさほど気にしてないという証でもある。有体に言えば自分にとってのアイデンティティーとは「人の目を気にしない」ということである。但し自分は人様に対して「好みの押し付け」だけは行ってない。横町という男はこのような曲を好み、このよう記事を書くのだなという程度に思ってもらうだけで十分である。

横町挨拶
自分は毎日仙台のビル街を通って通勤しています。仙台の都心部に勤務地があるからです。これは数年前の相馬勤務時代とは大違いです。相馬はローカルな土地だったので、さほ人の目が気にならなかった。でも今は違います。嫌が上にも自分の格好が人の目に晒されるのです。これが今の自分には適度な刺激となっています。

もちろん毎朝のカフェ通いでも人の目は気になります。そんなシチュエーションにあって、自分は自分なりのファッション哲学を持っています。それはブログと同様、即ちアイデンティティーを失わないことです。だから自分は口髭を剃らないし、ダンディズムは絶対失いたくないと考えます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)