fc2ブログ
ようやく涼しくなってきた9月のシルバーウイークの休日、久しぶりにシェルパで仙台市西部の川内の界隈を散策してみた。9月の乾いた空気が心地よい。
軽量なボディと低速トルクの効いた走りはこんなシチュエーションにはぴったりだ。

ここは仙台で著名な資産家の住む高級住宅地である。

広瀬川河畔の赤門自動車学校の脇にて撮影。

シェルパの走破性を活かして仙台第二高等学校脇の川原を走ってみた。そして中ノ瀬橋の下をくぐり抜けようとしたそのとき、私の目の前に別世界が広がった!

ヌヌッ!これは昭和30年代に見た懐かしい街並み、まさにタイムトンネル(超古いネタ)を通った感じ。

新しいマンションも見られたが、この界隈にはどういうわけか昭和中期の建物が多かった。

そしてこの建物のはす向かいに懐かしい中華食堂「養ちゃん食堂」を発見!オオ~!

ノレンの脇に「広瀬名取川遊漁証販売所」の札発見。
やはり川原のそばだから釣り客も来るようだ。

思い切って中に入ってみた。客は私一人だったが、予想通り室内も昭和チック。

店の中の置物には雉の剥製、花瓶などが飾ってあった。
腕を組んだ番頭さんの人形は仙台では商売繁盛の縁起物として知られる「仙台四郎」である。
なんともこっけいでほのぼのとした雰囲気ではないか(笑)

メニューはごくポピュラーで、値段はそれ相応だ。

この店では自家製麺を作っている。これが製麺機である。①右側のミキサーで原料をこねて、②ローラーで伸ばして平べったくする。③その後カッターで千切りにする。

これが自家製麺を使用したラーメンだ。味は正直言って少ししょっぱいがこの際そんなことはどうでもいい。昭和の雰囲気を味あわせてくれたのでよしとしよう!
のんびりとタイムスリップして、昭和の雰囲気にどっぷりとつかりたい人は是非利用されたい

養ちゃん食堂の場所:仙台市青葉区川内仙台第二高等学校東側
 
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)