fc2ブログ
2010秋コバルトラインミーティング中編
前編を見てないかたはこちらをクリックして下さいhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/26757626.html
9月19日昼過ぎ、我々は牡鹿半島の先端部、黒崎よりわずかに南西に位置する鯨の町鮎川、「おしかホエールランド」前にバイクを止めました。ここは家族連れにはお勧めの場所です。
日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/
KROG(ケロッグ)ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/

鮎川に来た時は必ずこのレストランに立ち寄ります。今回もそうでした。
きょうはマニアックにこの建物の内部を徹底的にお伝えしましょう。

3連休の中日とあってバイクツーリングで来てる人もかなりおりました。
関東ナンバーも見受けられました。青いゲートのようなものは離島への船乗り場です。

2階のレストラン内部です。13時過ぎで団体さんが出たばかりのようですが、この通りかなり混んでいました。

ここに来て頼むメニューは事前に決めていました。鯨カツ定食はボリュームがあって美味いのももちろん鯨の町、鮎川ならではものだと思います。税込¥1,050

さんまの煮つけ、漬物、マカロニサラダがついての¥1,050はかなり割安感があります。

鯨のカツですがくせがなくて脂分がのっていて噛めば噛むほど味わいがあって珍味という感覚です。

ちょっとオタク系の人にサービスしましょう。(笑)まずは地図オタクの人へ。
これは船の待合室にあった古い牡鹿半島の地図です。おそらく運行が昔から変わっていないのでしょう。

次に看板オタクの人へ。船乗り場の地図のそばにあった鮎川ステーションに掲げられた看板です。とにかくスゴい看板の枚数でかなり古そうなものありました。
これは立派なコレクションと言っていいでしょう。

1階の土産物売り場です。?の玉子をはじめとする菓子類、写真には写ってませんが海産物も置いています。

さて鮎川を出てから向かったのは金華山を間近に見られる半島の先端黒崎です。
左からとっちゃんさん、shuuさんです。

金華山をバックに記念撮影、まずはとっちゃんさんです。

続いてAさん、バトルスーツがきまってます。ちなみにこのガンマはサーキット走行に照準を合わせたセミレーシング仕様です。

そしてしんがりはKR500レプリカを駆る私です。
少年時代の思い出のある島金華山の前で撮る写真はひときわ感慨深いものがありました。
※少年時代に祖父母と金華山へ旅行したときの模様を描いた自作ノンフィクション小説「祖父からのメッセージ」へのリンクhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/23139406.html

続編(最終編)では御番所公園、未公開の離島のビューetcについてお伝えします。お楽しみに。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)