fc2ブログ
 南国奄美に移り住み命をささげた男
8年ほど前に仕事で訪れた奄美大島。南国の楽園と言われるこの島は私の人生観を変えるような極めて大きなインパクトを与えた島でもあった。
南国の楽園奄美大島出張へのリンクhttp://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/13027089.html
その奄美大島で今から33年前の昭和52年9月11日、無名の画家が一人淋しく誰にも看取られずになくなった。
画家の名は田中一村(本名、田中孝)
下の絵は田中一村の代表作「アダンの海辺」(昭和44年作)である。
この精密な描写に着目してほしい。
奄美大島の熱帯植物であるアダンの葉、実はもとより海辺の波、砂粒までが驚くべき精度で丁寧に描かれている。
一体、この絵を描いた田中一村とはどんな人物なのだろう?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 田中一村略歴
田中一村(1908~1977)は現栃木県栃木市に生まれた。芸術家だった父の血をひいて日本画を志し、7歳にして大賞を受賞して神童と呼ばれた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彼は50歳を前に前身全霊をかたむけた自信作「岩土村」が中央画壇で落選、落胆のあまり、その絵を火に投じる。
そして心に残った47歳の時の九州~奄美への旅行を思い起こし、南国の自然に魅せられて奄美大島に移り住む決心をする

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 一村の没後33年を経過した今日、NHKの日曜美術館で彼にちなんだ放映があった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奄美に移り住んでからの一村は創作活動のために一軒家を借りた。そして大島紬の工場に勤めて生計を立てた。このため絵画の製作に没頭できた期間は彼が奄美大島で生活した20年のうちで9年に満たないものであった。そんな境遇でも彼は20点近い奄美の作品を世に残した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 昭和40年代の作品「ヨウジュに虎みゝづく」フクロウの豊かな表情に注目してもらいたい。そしてこの精密な描写。熱帯植物ガショマロの根が複雑に絡み合う様子の極めて正確な描写は彼の真摯な人柄を表している。また左下の浜辺をバックに存在するイソヒヨドリが生の象徴をアピールしている。
 
 奄美大島に移住した田中一村は中央画壇の目を意識しながらも、力強く自信を持って自身の作風を表していた

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 作品「不喰芋と蘇鉄」(くわずいもとそてつ)…この絵を見た奄美の多くの人が怖いという印象を持った意味の深い絵であった。怖いという理由はまずこの絵は昔風葬のあった場所(聖地)からの眺望であること。中央右側に描かれた神宿る岩、立ち神(奄美の人の信仰)。赤い実をつけた不喰芋の一生、蘇鉄の雄花と雌花の存在(実際にはありえない現象を表現)。一村は生命の輪廻をこの絵で描こうとしていたのだ。
 
 一村はこの時知人への手紙にこう記した。「この絵は百万円でも売れません。これは私の命を削って描いた絵です。この絵は閻魔大王の土産ですから…」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 作品「奄美の杜」中央に描かれる鳥アカショウビンは一人奄美に渡って独自の世界を極め、展開しようとする一村自身の姿が比喩されているようにも見える」。そんな一村は昭和52年9月11日、自宅で夕食を作ろうとしていたときに突然脳血栓で倒れ、誰にも看取られずに69歳の生涯を閉じた。
 
 そして田中一村の絵が世間の脚光を浴びたのは彼の死後数年を経てからであった。
彼はおそらく生きているうちに世間(中央画壇)に認められようとは思わなかったのだろう。
「自分の死後に必ず認められるときが来る」こう信じて孤高の画家田中一村は一人旅だったのである。ある意味で彼は強い信念で自分の作風を貫いた画家であった

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そんな一村の没後33年目にちなんで、私は黒糖焼酎「奄美の杜」を手に入れた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 岩と岩の間に奄美の海が確認できる。濃密な亜熱帯の杜、そしてサンゴ礁に囲まれた南国の楽園奄美大島を象徴する絵である。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
町田酒造の黒糖焼酎「奄美の杜」今宵は田中一村の大きな志を心に刻んでこの酒に酔いたい。
そうだ。何も、今認められなくてもいいのだ!」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は誓った。奄美大島を再び訪れ、田中一村の歩んだ軌跡を偲ぶことを。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)