fc2ブログ
    利府丹勝ゴルフ練習場
宮城県仙台市北東部の利府町に18ホールからなるショートコースゴルフ場を発見しました。
先日、18ホールのうち、ハーフの9ホールプレイしましたので、その概要についてお伝えします。料金はハーフで¥1400でした。
まず1番ホールは20ヤードパー3、これは距離が短く上級者ならべたピン(ピンにぴったりと寄せること)も難しくないでしょう。
※日本ブログ村ゴルフ上達ランキングに登録しています。クリックすると同サイトにリンクします。https://golf.blogmura.com/golfprogress/

2番ホールは25ヤードですが、ご覧の通り小さなバンカーもありますのでバンカー練習にもいいと思います。モデルは友人のカンちゃんです。
おっと、バンカーの砂が飛んでプロみたいでカッコいい(笑)

3番ホールは51ヤードです。手前にくぼみがあり、砲台のような形のグリーンが特徴です。
おっとカンちゃんの打った直後のボールの軌跡がわかります。このときはグリーン左側にワンオンに成功しました。

1打目をくぼみに落としてサウンドウェッジでアプロ―チする私ミックです。最近は下りのアプローチも確実に止めたいので、ロブとパンチの複合ショットを研究中です。でもなかなかうまくいきません。スポーツはほとんどがそうですが、体が大脳で動いているうちはダメで、小脳で動くなるようにならないといけません。それでも好きこそものの上手なれをモットーに頑張っています。

同じく3番ホールでパター練習するカンちゃんです。パターはやはり場数を踏んで感を養うことが肝心だと思います。

4番ホールは85ヤードと少し長くなります。両サイドの林に入れるとOBなので、曲げずに正確にグリーンに落としたいところです。一般男性ならサンドウェッジでフルショットという距離です。

5番ホールは87ヤードと本コースの中では最長です。これも曲がると林が待っています。

6番ホールです。64ヤードとやや距離が短くなりますが、それ以外は前の2ホールとあまり変わりません。一般男性ならコントロールショットが必要な微妙な距離です。

7番ホールは80ヤードです。写真がなくてすみません。

8番ホールに来るとまた短くなって57ヤードになります。ここも一般男性ならコントロールショットが必要な距離です。

9番ホールは40ヤードと短めです。ボールを打ってからも真下(ボールのあったところ)を見ているカンちゃんの視線はゴルフショットの基本です。

これは打ち放し場です。斜面に描かれている距離は250ヤードまで明示されていました。これならドライバー練習も安心してできます。(写真に写っているかたは一般客のかたです)

利府丹勝ゴルフ練習場の場所は下の地図の+印のところです。
仙台近郊にお住まいのかたでドライバー練習とアプローチ練習、パター練習がしたいという方には是非お勧めの練習場です。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)