fc2ブログ
恩讐の彼方になにが残ったのか…
すさまじいばかりの自己肯定の極致、激躁(げきそう)をどうやって乗りきったか?(後編)
日本ブログ村、短編小説ランキング「ノンフィクション小説」に登録しています。クリックすると同サイトにワープします。
https://novel.blogmura.com/novel_short/
(前号までの粗筋:05年末に転勤をきっかけにうつ病を発症した私は、闘病2年後に病状が躁中心(激躁)に転じた。躁状態でテンションが異常に高くなり、自己過大評価と自信過剰になり、周囲との調和がとれないまま二度目の休職に追い込まれた。休職から復帰した後に待っていたのは激しい躁と自己抑制との戦い(自己葛藤)だった。仕事を遂行するうえでテンションを上げることは必要だが、それをコントロールできなければ周囲との摩擦につながる。そんなジレンマをどうして私は乗り越えたか?)

※生涯、躁鬱病に悩まされたゴッホだが、『炎の人』と呼ばれた彼の作品を見ると激動した彼の心境とたぐい稀なる才能を伺い知ることができる。(自画像1889年作)

 ある人から相撲取りにとって一番の薬は白星(相手に勝つことだ)という話を聞いたことがあった。当然ながら白星は相撲取りにとって最もうれしいことで自信にもつながる。なにげないことだがこれは大きなヒントにもなり、励みになった言葉だった。まず自分に与えられた仕事を着実にこなすことが一番の薬(自信)なのではないのかと私は考えた。
 
 信じられないかも知れないが、激躁のときはエンジン全開状態(レッドゾーンは無限∞)で、この絵のように夜でも明るいと感じることがあるのだ。(ローヌ川の星月夜1888年作)本人にとっては睡眠時間はごくわずかでもなんともないと感じるが、これはある意味非常に危険なことである。
 
何故ならば躁病で気が高ぶって眠れずに過労死した症例があるからだ。肝心なのはその前に精神の高ぶりをなんらかの方法で押さえなければならないのだ。一般的には薬を使うのが手っ取り早いがそれは一時的な症状の抑制であり、根本的な解決とは言えない。
 
 ここで激躁(躁が極めて強いこと)の状態をチューニングカー(改造車)に例えよう。ノーマルとはまったく比べ物にならないほどに、エンジン出力を上げすぎたターボつきのチューニングカーはエンジンブローにつながる危険性が多分にある。それ故タービンやエンジンを保護するためのブーストコントローラー(ブーストを制御する装置)やウエストゲートバルブ(タービンに大きな圧力がかかる前に強制的に排気圧を大気に開放する弁)を装着する必要がある。
 
 これはエンジンだけの問題ではない。チューニングカーで速く走ろうとするには大パワーに負けない足回り(サスペンション、ハイグリップタイヤ、強化ブレーキ)の装着も不可欠となってくるのである。
 
 これを躁に言いかえれば無尽蔵に高まろうとする自己を未然に制御し、かつ過剰なエネルギーを他人に向けないようにする制御的な自己管理(高まる感情を理性で押さえる強い気持ち)が必要なのである。
 
 一見なんの関係もなさそうなチューニングカーと躁の関係が実は酷似しているのは意外でもあり、非常に面白いことである。

 職場復帰後、私に与えられた仕事ではけして容易なものではなかった。組織人の一員として自我を抑え、いろいろな立場の人間との調和を考えて努力した。しかし決定的な回復への手掛かりは掴めないでいた。
 
 そんなある日、私は自分が生かされているのはけして偶然でなく、先祖が存在した(感謝の気持ち)からだと考えて、こっそりと実家の墓参りに行った。この時、墓に向かって合掌した私はポルトガル国歌の一節の「祖国を勝利に導く偉大なる先祖の声を聞け」という歌詞を思い出していた。
 
※うつの時の私は沈んでいたが、けして下ばかり見ていたわけではない。この下の絵の中央の金髪の男(囚人)のように私もシャバ(うつからの回復)を見ていたのだ。
(刑務所の中庭にて、囚人の運動1890年作)

 墓参りの後、しばらくして胸のつかえが取れような思いがした。この時から自分の躁を客観的に見ることができるようになった気がした。そしてそのとき気づいたのは躁と鬱との決定的な違いであった。躁は強い理性でコントロール(自己抑制)できても、鬱はできない(自らテンションを上げることは不可能)ということであった。
 
 この時、私は回復に向う大きな手がかりを掴んだ。自分の躁を冷静に見ることが可能になったとき、躁はネガティブなものから一挙にポジティブなものに変貌したのである。毒をもって毒を制するということわざがあるが、あえてこのことを「躁をもって躁を制する」と表現したい。
 
 今、ここに隠さずに告白する。当時私は何度も激情にかられた。しかし自分を客観的に見ることで、少しずつではあるがかすかな復調への兆しを実感し始めたのだ!
※激情にかられた炎の人ゴッホは生涯二度の精神病院への入院を経験している。この絵は耳を切ったあとで療養生活を送った療養所で描いた作品である。明るい色彩と力強い構図に彼の復調の兆しが伺える。(アルル療養院の中庭1889年作)

 しかしながら、ネガティブなものをポジティブなものに変えることはそんなに生易しいことではなかった。そこには大いなる心の葛藤(過去の自分との決別)があった。
 
 そんな時、私は折しも大正時代の小説家、菊池寛の書いた「恩讐のかなたに」という小説を読んだ。
 
※活動中期のゴッホの作品、後期作品とはあきらかに違うが、19世紀後半の市街地の華やかな雰囲気と躍動感があふれる絵である。
(アニレールのレストラン1887年作)

 
 以下、菊池寛小説「恩讐のかなたに」(1919年作)粗筋
 
 封建時代に主人を殺して逃亡を図った男(主人の家来)は各地を逃亡し追剥になって強盗殺人などの非道を働く。その後男は改心して仏門に入り、罪滅ぼしの意味で隧道(トンネル)を掘る。初めのうち、周囲の人間は男を狂人扱いしたが、しだいに何年もひたむきに隧道を掘る男に共感して隧道堀りを手伝い始める。
 
 そこに殺された主人の息子が敵討ちに現れる。男は切ってくれと言ったが周囲は隧道が完成するまで待ってくれと言って敵討は延期になる。息子は男をいつ殺して敵を討つかということだけを考えていたが、男の経文を唱えるその姿を見て自分も手伝う決心をする。
 
 死に物狂いで掘った隧道が完成したのは隧道を掘りはじめてから21年の年月が流れていた。このとき息子とよぼよぼになった男に残ったのは恩讐でなく、一つの物事を成し遂げた人間同志の絆だけであった。
 
 私はこの小説を読んで復讐心からは何も残らないと思った。息子が仇討ちを遂げていればおそらくはこのような隧道は残らなっただろう。この小説は一見このトンネルを掘りあげた男が主人公に思えるが、実は父の仇討ちを思いとどまった息子が主人公だったのだ。息子の過去への恩讐を捨てる気持ちが人様の役に立つ隧道の完成につながったのだ。
 
 これからは生き方を変えよう。主人公である息子を見習い私自身も過去の恩讐を捨てて、後ろを振り返らず前だけを向いて人生を歩みたい。過去の恨み、つらみを捨ててこそ明るい未来が見えてくるのだ!
 
 病気の副産物によるものとして寛解(躁鬱の症状が収まったニュートラルな精神状態に戻ること)に至った私は以前の私と比べて性格がまったく変わった。それはアグレッシブという性格を得たことである。アグレッシブは積極的とも訳されるが一方で攻撃的とも訳される。私は攻撃的と言われないように日々努力している。もっともこのアグレッシブ性が元来持ち合わせた潜在的な性格によることなのか、或いは病的なものなのかの境界は誰にもわからない。知るのは神のみである。
 
※日中の風景を描いた珍しい作品、彼が描こうとした勤労の尊さ、そして豊かな収穫をもたらした農地はこの絵を見る者に生きる希望を与える。
(ラ・クロの収穫1888年作)

           完(全3編)
関連記事

コメント

No title

躁鬱って激しい感情の起伏なんだなと思いました。
私は躁鬱ではなかったようですが十年ほど前に神経系統をやられました。
自分の魂が浮いているような感覚でした。
私の場合、笑うことも怒ることも泣くこともできない状況でした。
社長に2年半いじめられました。
病院で診てもらったけれど、先生はわからないまま、無難な薬を処方され、お茶を濁されました。
会社を休職して半年間病院通いしましたが、治りませんでした。
コントロール不能・・・辛いですね。

URL | ☆アツ☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、本記事への初コメントありがとうございます。字数オーバーにつき二回に分けてコメントします。

①躁と鬱は相反するもののように思われますが実は密接な関係があるのです。
人間の手足を例にとると一度骨折した部分は治癒すると強くなり、二度と折れなくなります。
これが躁です。
でも骨折で折れた部分の隣は弱く再び折れる可能性があります。
また躁はある程度コントロールができますが、鬱はコントロール不能(回復するまでは時間がかかり、それを待つしかない)なのです。
今回の震災で受けた大きなストレスをきっかけに再び鬱に転じないように気を付けました。
それと躁鬱病はなかなか完治しないので完解の状態をいかにキープするかということに心がけています。
私も鬱の時ある医者からお茶を濁されましたが、躁に転じるとそれが相手への追及(あの治療はおかしいのではないか?という疑問)に変化しました。…続く

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、続きのコメントです。でも感情を押さえ冷静になって考え、私はその医者を追及するのはやめました。
はっきり言えばその医者は未熟で技量不足で相手にするに及ばないからです。
実は私のかかった医者は患者の私に挨拶(おはようございます。こんにちは…)に返事が出来ない人物でした。
そういう問題外の医者は相手にしないことです。
医者の選択は治癒への大きな足掛かりです。
アツさんもその医者に納得がいかなければ替えてみるのも一法だと思います。
アツさんの参考になれば幸いです。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アドバイスありがとうございます。
続きのコメントします。
あの後、会社をリストラされ、そして十年以上経ちました。
その間肉体労働を3年半やって快方に向かいました。
最近はほぼ完治に近い状況です。
時折体調を崩した時に症状が出る程度です。
私は全体として回り道人生でしたが、
この十余年の紆余曲折の経験も小説に書けないだろうかと考えています。
他にもよくばりすぎてまとまりませんが、構想の一つです。

URL | ☆アツ☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、若輩者の私が言うのもなんですが、その経験は貴重なものだったと思います。
私も鬱の時にこのまま会社を辞めて、家庭も失い社会の藻屑となって消えるだけか?というまで落ち込みました。
でも回復してからはそのことをネガティブに考えずに逆に小説のネタにしてやろうと思って開き直りました。
アツさんの得難い経験も小説に著してみてはいかがでしょうか?
事実は小説よりも奇なりという言葉があるようにノンフィクションはきっと読者に大きなインパクトを与えるものになると思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今現在、鬱病の人間として(ほぼ寛解していますが)短編を読ませていただきました。

鬱になり、確かに排気量が激減したような、もどかしい状態が続いています。
嘆くばかりの状態は過ぎ、今はある程度自分を冷静に見ることが出来ています。しかし仰るとおり気分や能力を引き上げることは不可能です。

躁はコントロールできるとの事ですが、それでも大変ですよね。
「自分も躁鬱では?」とたまに疑うのですが、やっぱり病的なハイテンションとは違う気がします。私の世界は、未だに薄暗いままなので。

貴重な体験を教えていただき、ありがとうございました。

URL | みきてぃ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ライトさん、躁と鬱の状態を五段階ダイヤルで表しましょう。
上から激躁(周囲との摩擦が絶えない状態で怖いものなし)、弱躁(テンションが高くてやや上ずった感がある状態)、ニュートラル、弱鬱(ちょっとやる気がなくなった状態)、強鬱(全くやる気がなく場合によっては死も考える状態)としましょう。
実は躁をコントロール出来るのは上から二番目の弱躁だけなのです。
逆に言えばこの弱躁を保ってやや上ずったところを強い理性で抑えればいいのです。
そのコツを見つけた時、初めて躁はポジティブになるのです。
車で言えばターボの圧力を変えられるチューニングパーツを身につけたのと同じ状態になります。
つい最近のNHKTV(うつの最新の研究)をご覧になりましたか?
実はうつと診断された患者の41パーセントは躁鬱病という研究が報告されているのです。…続く

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

鬱から躁に切り替わるきっかけは酒を飲んで騒いだ時など何らかの弾みで一時的ハイテンションになった時に起こり得るというのです。
実は私にも思い当たるふしがあります。
私がゴルフを始め、より飛距離を出そうと筋力トレーニングに励んでいたころです。
この頃は早朝の散歩もやっていました。
これらがトータル的に作用して私は鬱から躁へと移行して行った…
今となって私はこのように分析します。
ライトさんも寛解に至ってればその必要はないのかも知れませんが、良かったら参考になさってください。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

内緒投稿のかた、本質を見抜いたコメントに恐縮しております。
客観と主観のせめぎ合いの葛藤を克服するには、自然と接したり、落ち着いた人生観をもったかたとの接触、或いはそういったかたの思想吸収が不可欠と感じております。
私の再発防止法を要約するとこのような主旨となります。
ご感想、ご意見に深く感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
すみません。内緒投稿になってしまったようです。
その理由が判りません。これは内緒にするようなコメントではありません。再度投稿し直します。その失礼を何卒お許し下さい

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミック様へ
私はこのミック様の躁鬱病に関するレポートを見てあらためて躁鬱病の怖さを知りました。私は鬱状態が一番危険と思っていたのです。そして躁状態になると快方に向かっているとばかり思っていた事がとんでもない誤りだった。逆に躁状態は非常に危険な状態であると判りました。この客観的に躁状態を見ることが治癒に向かうためのキーワードかと思いますが。なかなかこの客観視する事は非常に難しいと私は考えます。この客観視に関しては今の医者も判っていないと思います。このレポートは躁鬱病に苦しんでおられる方にとっては本当に有難いレポートと思います。より多くの方に読んで頂く事を切に願います。ナイスです。有難うございます。

追伸、昨日投稿させて頂いたものです。申し訳ございませんでした。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不あがりさん、気にされないでください。実はこの記事は投稿してから10か月後に初コメント頂いたのです。
今改めて客観視するにつけてもこの内容であればコメントのし辛い、否内容が理解し難いものを感じます。
しかし、これを普遍的な目で見るとこういう特異性を有するものは一般に理解されるのには時間が掛るということが言えます。
躁鬱病は完治が難しい病気ということも自覚しなければなりません。
それだけにエドワードグレイが言い、小泉信三と志賀直哉が支持した快適な人生を送るための生活信条の4条件(思想、取り巻き(家族、友人)、生きがいがある仕事、閑)を私は重視している次第です。
ご安心ください。こんなことで不あがりさんへの信頼は揺るぎません。
お気づかいありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんのよく言われる、自己の客観視は、この「恩讐の彼方に」をきっかけに、身に付けられたのですかね…。。。一般的に言う「自己の客観視」よりも、深い意味があるように感じました…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、一般的に言う「自己の客観視」の意味と某の「自己客観視」の違いをよく理解できませんが、要は罪も人も許し、全てを将来志向で考えるのが某の目指すところです。
但し現在の某はまだこの心境に達しておりません。その心は自作エッセイ「恩執を恩讐に変えられない私」に書いております。
この件で何かご意向、ご助言があれば忌憚なく伺います。
コメントを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、お手数ですが、「恩執を恩讐に変えられない私」へのリンク(アドレス)を教えていただければ幸いです…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

boubouさん、只今貴兄の記事にトラックバックして参りました。
本日三つのトラックバックの中で最も新しいものをご覧ください。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

トラックバックありがとうございました。

ゴッホの絵を間に挟み大変興味深く読ませていただきました!

最後の絵は穏やかですね・・・
題名は分かりませんが、黄色い光の中で二人が腕を組んで歩く絵は
非常にインパクトあります!
やはり絵とは描くもの・見る者の精神状態に大きく左右するものなのですね・・・

比喩を交えての説明に説得力「大」です。
生き甲斐のある仕事にさらに情熱を注ごうと思いました。
貴重なお話をありがとうございます。

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、この記事を投稿したのは2010年7月で初コメント頂いたのは2011年5月となんと10ヶ月もかかりました。
その間、十数度に及ぶ訂正を重ねています。
コメントをもらえなかった理由は想像にお任せしますが、ほとんどのかたはトラックバックへのコメント或いは誘導によるものが多いと記憶しています。

そして或る出版社からも声がかかった作品です。但し暴露的な意味合い(読者の好奇心を煽るという雑誌社のもくろみ)が強いと判断し、自費出版の条件を蹴りました。もし事情が許すものならば更に磨きをかけて他の雑誌に売り込みたいと考えています。

実は95年前の菊池寛の「恩讐のかなたに」の内容と似たことが今の某に起ころうとしています。事実は小説よりも奇なりという言葉がごさいますが、文学や歴史に触れていると人間の辿ろうとしている普遍性が良く見えて参ります。トラックバック先にコメントを頂き、また相互トラックバックを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)