FC2ブログ
79年前にプロペラ機で初めて太平洋を無着陸で渡った男たち

その思いは幾度の失敗の後に成し遂げられた偉業でした。また初めて挑むということは男たちにとって非常に価値のあることでした。



ここは青森県三沢市にあるミス・ビ―ドル号記念広場です。



赤を基調とした配色に男たちの情熱を感じます。(この機体はレプリカです。)



79年前(昭和6年)はまだプロペラ機の時代だったのですね。



アメリカ人パイロットのハーン・ドーン(26才)、パング・ボーン(35才)が挑みました。



Miss Veedol…なんて遊び心があって優雅なネームなのでしょう。この飛行機にかけた男たちのロマンを感じます。ネームだけでなく機体も歴史を感じさせる形をしています。



滑走路は南向きだったのでしょうか?機体は太平洋に対して平行に南に向かって置かれていました。



展望台上空から見下ろしたミス・ビ―ドル号レプリカです。



太平洋越しにアメリカの方向を望んだビューです。79年前に男たちがここを飛び立ったと思うと私自身も熱いものがこみ上げてきます。



内陸側(西側)の野原ですが、おそらく79年前とほとんど変わってないのでしょう。



これは北側(下北半島側)の広大な防砂林です。



なんと約7850キロを41時間もかかって交代で操縦して飛んだのですね!
しかも機体を軽くするために車輪を捨てて最後は決死の胴体着陸でした。


 
これが離陸した淋代海岸の地図です。



二人の米国人パイロットの熱い思いを感じました。祝、太平洋無着陸横断飛行達成!
Fine!
関連記事

コメント

No title

こんばんは~
当時の79年前の内燃機エンジンの精度は良くない時代で、なおかつ延々と続く海原を41時間も飛ぶパイロットの勇気には思うものがありますね~

URL | qaq*64 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

qaqさん、成功の陰に失敗ありで幾度か挑戦した後の快挙ですが、このペアは一回で成功させたようです。
年齢が9才違っても、ペアの呼吸はやはり成功へのカギだったと思いますよ!
このペアを見習いましょう!んっ…

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ちょっと不思議に思ったのですが…燃料補給はどうしたのでしょう?

男はいつまでも少年の心を忘れなければ
歳の差は関係ないですよぱぱ、は何時まで経ったも脳内は子供です

URL | パパ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

パパさん、この機体は見たところ部屋が大きくなっていて、その中に操縦席があるようです。(レプリカのため窓がFRPになっていて中を伺い知ることはできませんでしたが…)
この大きな部屋でパイロットは交替で休んだ(仮眠?)のかなと思います。
したがってこの部屋に燃料タンクスペアを置いて、操縦してない人が給油して飛行を続けたのではないか?と推測します。
私も興味があるので、この快挙のことを書いた文献があれば調べてみたいですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

当時としては想像を絶する挑戦だったのでしょうね(◎o◎)

しかし79年前とは思えないスタイル!

プロペラ機はいいなぁ~\(^ー^)/

URL | KAWASAKIイクイク ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

KAWASAKIイクイクさん、ミス・ビードル号、その名に負けないほど、可憐なスタイルで今でも人目を引きますね。
KRはまだ誕生から26年なので3倍経過してるんですね~
KRもこれだけ年月が経過しても、そう言われるかも知れませんね(笑)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

三沢にこういう展示があるとは知りませんでした。
なかなかナイスなデザインの機体ですね。
昭和6年は私のオフクロの生まれた年です。
この機体のレプリカを見ていると、ついこないだの出来事のように連想させます。
燃料をもたせるために、機体は途中、グライダー滑空したのだろうか、などと考えたりしました。

URL | ☆アツ☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、このミス・ビードル号は最近もっと精密なレプリカが作られてお披露目されたはずです。
次のお目当てはこの精密なレプリカということになりますね。
でもここで紹介したレプリカは飛行機が実際飛び立った現地にあるということで存在価値があると思います。
確かにグライダー滑空もあったのかも知れませんね。
いずれにしても決死の飛行であったのは間違いないようです。
機体に書かれた二人のパイロットの名前が誇らしげに見えます。
80年前の男たちのロマンと情熱が感じられます。
また大航海時代の冒険家の精神とも重なります。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)