fc2ブログ
     虎は死して皮を残す。
   ではヒバは枯れてなにを残したのか?
本州最北の地、下北半島。ここは訪れた人にしかわからない寂寥感(人工的な開発が入っていない殺伐とした原生林が延々と続く独特の雰囲気)があります。
幾度か仕事で訪れて慣れた私ですが初めてこの地を訪れればこの雰囲気がわかって頂けると思います。
東通村猿ヶ森のヒバ埋没林はそんな場所に存在しました。

まさかりのような形をした下北半島の東側、太平洋に面した場所が東通村です。ここは本州と言うより北海道に近い感覚(人口密度、原生林の多さ)といったほうがピンとくるかも知れません。

ヒバの埋没林はこの小川に沿って存在するようです。ここからは自転車を降りて遊歩道を歩きます。

まるで蒸し風呂。息詰まるような蒸し暑さ…本州最北端の下北半島と言えど、この湿気と温度はまるでうっそうとした熱帯雨林のような感覚でした。人手の入っていない下北の原生林は煩雑な人間社会を見ている私に、新鮮な感覚(自然の偉大さ、自然への尊厳)を与えてくれました。

熱帯雨林のような遊歩道を歩くこと300メートル、ようやくヒバ埋設林に到着、大雑把な地図ですが、周囲は原生林と海岸があるのみです。これぞ未開の地、秘境、下北半島!

最初に目に付いたのはこの門柱のような柱状の枯れたヒバでした。すっかり砂に埋もれています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遊歩道沿いに立つヒバの枯れ木です。生きている木と入り乱れています。

これは見かけた中で一番の巨木ですが、残るのは切り株のみでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少し寂寥感を誘う小川沿いののヒバの枯れ木です。しかしこの枯れ木の後にはこの木を養分とした無数の植物の命、蟻などの昆虫の命がはぐくまれていました。これを見ると輪廻(生まれ代わり)の思想を連想せざるを得ませんでした。

これは天然の蔦ですが、眼鏡のような非常に珍しい形状になっています。解釈のしかたによっては無限マークにも見えますね(笑)

ヒバの埋設林誕生のいきさつです。大昔に飛砂によって埋もれたとされています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事

コメント

No title

こんばんは~
一昨年に下北キャンプにここに来ました~
その時の自分はきのこ探しで忙しかったな~

URL | qaq*64 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

なんか、すごい世界ですね~
しかし、営林署の地図はなかなかの出来です(笑)

URL | 魚忠 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

qaqさん、ここ下北は道路がいいので秘境と言っても来やすいところで、ツーリングのライダーもかなり来ていたようですよ。
キャンプツーリングしても楽しいところですね。
ヒバの埋設林は別な季節(例えば晩秋)に来ればまた別の印象になったのかも知れませんが、今回は植生は違えど高温多湿の熱帯雨林といった感じでした。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

魚忠さん、むつ営林署の地図はシンプルでいいと思いますよ。
この地図を見るとここから海まで近いのかな?と思って歩いたら行けども行けどもたどり着けず、途中で引き返しました。
原生林の深い森を見るにつけ、自然の驚異を見せ付けられたようでした。
返って精密な距離のわかる地図よりも(秘境下北っぽくて)いいと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

私は東京よりも東へ行ったことがないのですが、東北方面には色んな興味深いところがあるのですね。
埋没林という言葉は初めて聞きました。
いつも勉強させていただいてます!!

URL | gt_yosshy ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

gt_yosshyさん、東北でもここは秘境と言ったほうがいいと思います。
人工的なものばかり見ている人にとってここで目に映る景色は驚嘆に値すると思います。
私もこの地域に出張して自然に対しての尊厳を認識し、人生観を新たにした次第です。
私も九州、沖縄に行ったことはありますが、関西、四国には行ったことがありませんので、gt_yosshyさんからの情報を楽しみにしております。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

大自然の営み、生命の連続を感じさせる光景です。
悠久の時の流れを一瞬の時に封じ込めたような光景に見えます。
タイムスリップしそうな錯覚に襲われますね。

URL | ☆アツ☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、ここを見るまで枯れた木は(亜炭や石炭を除いて)朽ち果てるものとばかり思っていましたが。
それだけにこの光景には驚きました。
それも紀元前700年の埋没林とは!
埋設林には一種の神々しさも感じ得るとともに、改めて下北の秘境たる所以を認識したこの日の私です。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)