fc2ブログ
頑固一献(がんこいっこん)
会津人の気質は真面目一途で頑固だと言われる。
それはどうしてなのか?

会津若松市の酒蔵、末廣…いかにも老舗といったたたずまいである。

玄関、中庭に植えられた松の趣はいかにも老舗の酒蔵といった感じである。
よく門を見ると表札には「末廣酒造株式会社」とある。

末廣の看板は木でできており、老舗の酒蔵らしい風格がある。

酒林と言われる杉の門と杉の葉で作った大きな玉、これは新酒発売時の合図(客寄せ)に使われたようである。

末廣の内部、高い天井と提灯のような照明が独特の雰囲気(質実剛健さ)をかもしだしている。

次は渋川問屋と言われる大きな商店を紹介しよう。

渋川問屋の店構えは古都、会津若松の中心に建つ建物に相応しく堂々としている。こののれんがまたいい!

この問屋は今で言えば商社のようなもので、いろいろなものを扱っていたようだが、海産物は越後から越後街道を伝わって入ってきたようである。

真面目な会津人気質を表す『会津藩の掟』を紹介しよう。
一、年長者の言うことにそむいてはなりませぬ。
二、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。
三、戯言をいうことはなりませぬ。
四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ。
五、弱いものをいじめてはなりませぬ。
六、戸外で物を食べてはなりませぬ。
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ。
ならぬことはならぬものです。
この会津気質の背景は言うまでもなく武家社会に不可欠な儒教思想にある。
有名な白虎隊もそうだが、会津人の根底には質実剛健(飾り気がなく真面目なこと)、文武不岐(学問と武道は同一の流れにあるものであり分けることはできない。)の精神があり、これが会津気質の原点である。

 社会倫理、規律を重んじることの大切さ、至誠の精神。私も会津気質を見習い心に念じていきたい。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)