fc2ブログ


日本ブログ村バイク部門カワサキランキングに登録しています。クリックすると同サイトにワープします。↓↓↓https://bike.blogmura.com/kawasaki/

きょうは春の彼岸、故郷石巻(いしのまき)で私は早々に墓参りを済ませました。

先祖供養はもちろんですが、私は牡鹿半島のバイクでの走破の無事を先祖に祈りました。

日和山(ひよりやま)からの石巻市街地の眺めと愛車シェルパ

生まれ故郷の石巻ですがここに来たのは初めてでした。



岩手県内陸部を水源とする大河、北上川河口に拓けた港町石巻市

古くから港町として栄えました。

詳しい地図で見る
昭和30年代は遠洋漁業の大型船も停泊して非常に活気がありましたが、現在は港が海側に移ったせいもあって閑散としています。
(人口約11万人)


川の中央に浮かぶ島は中瀬(なかぜ)と言って川の堆積によってできた珍しい島です。


詳しい地図で見る
島には劇場(岡田座)と石森章太郎漫画館があって人気を集めています。


北上川河口と河口に掛った日和大橋

私が生まれたころはこの橋はなく、中瀬を通って対岸(牡鹿半島側)に行くしかありませんでした。


日和山公園は桜の名所としても有名なところです。



日和山の名前の語源です。

「日和を見ることができたから」というのは面白いですね。



日和山公園の看板レストラン「かしま」

私はこういうところで空中遊泳して舞い上がるのが好きなんですがね~(笑)
残念ながらこの日はクローズでした。

次回は是非訪ねたいスポットです。



次に向かったのは湊側の川岸にあるラーメン屋さんです。

小学校二年生の私にラーメンの味を教えてくれたのがこの店大華楼(たいかろう)です。



この階段を下りたあたりでハゼ釣りに使う餌のゴカイをよくとったものです。


大華楼(たいかろう)ののれんとシェルパ



メニューです。



この日頼んだチャーシュー麺¥700、安い!

鉢いっぱいのチャーシューに感激!

昔より味が薄口になったような気がしますが、昔ながらの魚ダシの味は変わっていません。
オーナー夫妻とは顔なじみで私も石巻に来たときはよく利用します。


続編では友人qaqさんと合流していよいよ牡鹿半島探検が始まります。お楽しみに!

関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)