fc2ブログ

日本ブログ村カワサキランキングに登録しています。クリックしていただくとランキングと注目度が上がります。    ↓↓↓https://bike.blogmura.com/kawasaki/

それは今年2009年8月22日のKROG東北ミーティングの前夜祭でのことだった。


静岡のWさんと宮城県のCさんと石巻市内の旅館で談笑していた私の携帯に突然風雲急を告げるメール

が入った。

『会長車、宇都宮IC付近でガス欠、今からバイクを押してICから出ます。』…

やはり彼はただものではなかった。

高速道路でガス欠してもなんら動じない象(エレファント)の心臓に一同ビックリ!

「大丈夫でしたか?」と後で聞いたら「JAFを呼ばれない限り問題ないです。役者に徹して大したこと

ないような表情、身振りをすればJAFは呼ばれないですから…」(呼ばれると自腹をきらなくてならな

いので…)とのこと返事が返ってきた。

まさに大物!!

右からCさん、RED会長、ミック



KRの強い個性にも負けない人物…それがKROG(KRオーナーズグループ)のRED会長だ!!

初めて彼に会ったのは9年前の蔵王ミーティングだった。

初対面の時の人懐こい笑顔は今でも忘れはしない。

あなたがもし彼に初めて会ったなら、小説家、詩人のように右脳人間特有のものを感ずるだろう。

彼はまさに感性で生きているのだ。

今年私はコバルトラインを彼と一緒に走った。

KRに乗ってる彼は生き生きしていた。

ツーリング先の景色の美しい峠道をKRで攻める彼の心にはすでに彼独自のポエムが頭に浮かんでいる。

そんなとき、休憩時に彼のコメントを聞くと彼が一般人と違った感性を持っているのに気づく。

彼は自分を第三者的な目(主観的でなく客観的に)で見れるという作家などにみられる特殊な能力がある

のだ。

まばゆいばかりの太陽とコバルト色の澄んだ海、抜けるような夏空が松林の間に垣間見えた時に彼の感性

とこの大自然の波長がピッタリと調和した。

そして彼は感動に浸った。

おそらく彼の頭の中は二次元の道を走ると言うよりも三次元の空中飛行(トリップ)しているのだろう。

ラテン語を借りればリベラ(自由人)と呼ぶにふさわしい人物、それがRED会長だ。

2009年コバルトラインミーティングでのRED会長(左から三番目)



過去に私は3度のKROGのミーティングに参加した。

それは2000年の蔵王ミーティング、2009年のコバルトラインミーティング、同年の三京ミーティ

ングだ。

最初は単に同じバイクに乗る気の合う者同士のミーティングだったが、今は少し違う。

それは『RED会長は元気かな?久しぶりに会いたいな。』というのが偽らざる気持ちである。

個性派!実力派!にふさわしいカラーリングの会長車



真夏の深夜の高速道路のパーキングエリアにコメディアン顔負けの個性派が集う。

『ここはどこかの劇団サークル?』…きっとあなたがなにも知らなければこう思うだろう。

コーンフレーク早食い競争を始めユニークな時間を愉快な仲間と一緒に過ごし

た今年の三京ミーティングはそんな錯覚に陥るような楽しい時間だった。

何と言っても彼には人を引き付ける天性の魅力があるのだ。

もはや彼の感動は私の感動でもあることに私は気付いた。

彼にはカリスマがある!とここに私は断言するものである。

RED会長が管理しているKROG(ケロッグ)ホームページへのリンク↓↓↓http://u-go.to/krog/
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)