fc2ブログ

常磐地方の魅力にせまる

 今回の小旅行のねらいは単に常磐に行くことではない。はしがきに述べたように常磐に行くまで、いや

行ってからも国道6号線を走らずにできるだけ旧道や農道を、時には名もない畦道、獣道を通って常磐の

豊かな自然よき田舎の情緒に触れることである。

 東北の中にあってこの地は太平洋岸に面していて、温暖で住みやすいと言われている。東北では比較的

少ない落葉樹の林が多く見られるのも魅力的なところである。落葉樹といえば秋の紅葉が見事だが、今の

季節は紅葉の干渉にはまだ早いが紅葉前の状態を一度見ておかないと紅葉を見ての感動は半減する。それ

があえてこの時期に常磐を散策する今回の理由である。

原野と雑木林が茂る丘陵地帯




 9月21日(土) 昼過ぎに愛車Kawasakiシェルパで仙台を出発した私は太平洋岸の国道6号線を通っ

て、午後1時過ぎには福島県との県境に近い宮城県南部の亘理郡山元町にいた。紅葉にはまだ早いが秋風

が心地よい。人家と林、道路のほどよいアップダウン、そして林の中にたたずむ沼の織り成すアクセント

がすばらしい。それは都会のような合理的な作為のないあるがままの古き良き時代の日本の原風景であ

る。叙情歌「ふるさと」がよく似合う風景である。アップルラインと言われる果樹園の中を通る旧道(農

家の生活道路)を通って、とあるところにさしかかると右手に沼が見えてきた。シェルパを止めて一休み

することにする。

 そこには中学生と思われる3人組が魚釣りに興じていた。秋の午後の穏やかな日差しに照らされた波の

ない水面…時間が止まって感じられる……さりげない風景だが、このゆったりとした感覚は私の経験で言

うと沖縄の離島や奄美大島などの離島の島時間の感覚と似ている。現代人が失いつつある感覚である。

穏やかな秋の休日に沼で釣りに興じる少年たち




なにもしないでぼんやりと自然のなかに時間の経過を意識しないでたたずむ…沼の脇の野道に座ってそ

んな贅沢な時間を私はしばし過ごした。………



この沼のあるところは下の地図の+印の地点です。

詳しい地図で見る
 ……小一時間はこのような初秋の好日を堪能したのだろうか?私はシェルパにまたがるとまたしても道

を決めずに気まぐれに走り出した。

 県境の宮城野ゴルフカントリークラブを左手に見て通過してからアップルラインをわき道にそれた。道

はどんどん細くなっていくがかまわず進む…いつの間にか私は車では入ることのできない畦道のようなと

ころを走っていた。

 前方の林の影から急に視界が開けて白い花びらの花畑が現れた。農家の人が人工的に植えた花なのだろ

うがこれだけ広範囲に咲いているのを見るとうれしくなってしまう。日ごろの仕事のストレスなんかはど

っかに吹き飛んでしまいそうだ。常磐の田舎の空気が一層新鮮に感じられ、自分がここに存在することを

感謝したい気持ちになった。今日は本当にここに来てよかった。

花畑の中で至福の時を過ごす。




花畑を過ぎて農家の散在する林の中を少し行くと、またしても右手に沼が目に入った。土を盛った堤が

沼の水を堰き止めている形状を見ると溜池のようである。その堤に目をやると釣り人と2匹の猫がいた。

野良猫だろうか?のんびりとしゃがんで日向ぼっこしている猫たちを見ると心が和む。

のんびりとたたずむ釣り人



堤の上で日向ぼっこする猫の兄弟






 猫に別れを告げて、そろそろ日も暮れてきたので今日の宿泊予定地の南相馬市の原町区に向かった。午

後4時過ぎに原町火力発電所に予約なしで到着、チェックインする。(素泊まり税込み¥2,600)


エコノミーホテル、マルマンビレッジは下の地図の+印の地点です。


詳しい地図で見る
スーパーで買った持込みの缶ビールと酒の肴で晩酌する。地図で明日の走行ルートを確認してうちに眠

りに着いた。

旅のささやかな楽しみは飲むこと♪



関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)