FC2ブログ
私が宮城県南部の沿岸である亘理町の荒浜地区を訪れたのは8月2日のことだった。津波襲来の地という石碑が痛々しい印象を与えるが、実はここには藩政時代に御城米(年貢を納める為に収穫された米)を蓄えた蔵のあった場所である。

蔵があったのは亘理町立荒浜小学校の体育館の南側の辺りである。実は阿武隈川の水運に深く関わっていたのが城米浦役人(一時は舟肝煎り)を代々務めた武者家である。本日は武者家のルーツと同家が果たした功績について話を進めて行きたい。

これは昭和62年の河北新報に掲載された武者家の米蔵である。(千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」P11より引用)武者家の旧敷地には200年以上も前の米蔵が1棟だけ残っていたという。(18世紀半ば~後半頃の築造か?)

これは天正年間(1644~1648)に作成仙台領の国絵図を元禄年間(1688~1704)に転写し清書したものである。(千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」P9より引用)
武者家がこの地に土着したのが元和年間(1615~1624)であるので、それからさほど経ってない時期である。荒浜は河口の左側(右岸)であるが、往時の荒浜はまだまだ寂しい漁村という佇まいであった。

複数の文献とインターネット(井上拓巳氏のサイト等)を基に、武者家の家系図を作成してみた。武者家のルーツは武田勝頼の家臣・土屋惣蔵にあるのは、多くの文献の一致するところだが、惣蔵の娘とされる竹姫とその配偶者(ここでは武者家初代と書いているが)が誰なのかがはっきりしない。果たして竹姫の他に養子となった惣右衛門までが磐城の釣師浜(現福島県新地町)から来たのか、このへんは定かでない。

こうしたことを推し量る際に重要なことは往時の釣師浜の統治が誰だったのかを背景に見据えねばならない。1580年代後半まで相馬領だった釣師浜は1589年に伊達政宗の手に渡っている。然らば一度は相馬についた竹姫や従者も、両者の勢い、力関係から言って寝返るほうを選択せざるを得なかったと私は推定している。ただ、気掛かりなのは言い伝えである武者家が荒浜に住みだした時期(1620年前後)と期間が空き過ぎていることである。(三十年前後のブランク)この間、土屋惣蔵の子孫や郎党が何をやっていたのか?或いは武者主計なる人物が何者なのか?このあたりを推し量るのは今後の課題と考えている。

文化9年(1812年)における阿武隈川図(千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」P10より引用)である。幕末も近づき、荒浜も活気を呈してきた頃の図と捉えている。

御城米積替作業絵図(福島県国見町深山神社所蔵:千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」P13より引用)である。荒浜では、小さな川舟によって上流から運ばれてきた米が大きな帆船に積みかえられた。下のほうに描いた二人の人物は身なりから言って幕府の代官か?

これは武者家屋敷図である。(千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」P12より引用)中央が主屋と見られるが、周囲には納屋や土蔵が立ち並び大きな屋敷だったことがわかる。

(同じくP12より引用)これは御用米絵符といって陸上では全ての通行人に道を譲ることを促す札である。海上に於いては運搬する船が不足している際、この絵符を投げられた船は事情があろうと御城米輸送に携わらなければならなかったとされるものである。武者家は苗字帯刀も許された家柄で、正に士族並みの待遇を受けた家柄であった。

武者家家系図その2である。武者平十郎が何代目かはわからなかったが、18世紀に活躍した人物であったようである。

荒浜には昭和の頃まで城米輸送に使われた堀が残っていたようだ。瑞賢堀は東廻り、西廻り航路を開拓した河村瑞賢にちなんだ命名である。(千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」P33より引用)

震災後の荒浜地区には護岸工事で高い堤防が建設され昔と全く風情が変わってしまった。明治末期のこの写真を見ると堤防が全くないことに気づく。(千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」P19より引用)

米蔵のあった辺り(武者家の屋敷があったのもこの辺りか?)は、荒浜小学校になっている。大変残念なことだが、往時の面影を残すものは、小さな堀を除いて)ほとんどなかった。

横町挨拶
今回の記事から書庫を新設し、これからはその書庫に投稿するようにしました。書庫の名前は「荒浜武者家の功績」です。片手千人斬りの異名を残した猛将・土屋惣蔵の子孫が深く阿武隈川の水運に関わったのはインパクトのあることでした。また同じ亘理には、かつて相馬がたにつき、伊達に攻められ小牛田に逃れていった豪族・十文字氏も居りましたが、武者家はこれとは全く逆で、他国から逃れてこの地に居つきました。これには対照的なものを感じます。

8月2日非常に残念だったのは、藩政時代の面影が残っていなかったことです。震災に遭い、以前よりも戸数の減った荒浜地区ですが、かつて、この地に栄華があったのは事実です。僭越ながら、この地区のかたがたには、こうしたことを心の拠り所とし、希望を持って進んで頂きたいと存じます。本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

No title

横町利郎様へ
ありとあらゆる方法を駆使して生き残った人たちも天災には適わない訳でして。こうやって横町様がこの地を取り上げる事で往時を偲ぶ。そして新たにこの地が栄える事を祈ります。有難うございます。

URL | 不あがり ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 不あがりさん
武者家の家系図を書いてみました。自分が書かねば誰が書くという強い使命感が自分の背中を押しました。歴史や文芸は芯に入るほど俗から見放される。(山本周五郎「樅ノ木は残った」のワンフレーズから引用)今の自分はそれでいいと考えています。

それでもこの日の自分は少しがっかりしました。往時を偲ぶ縁が全くと言っていいほどないのです。ゆえに帰り道に亘理図書館への立ち寄りを決めました。栄華を極めた頃の荒浜に触れたかったからです。千葉宗久氏「地図と写真で見る荒浜の歴史」は大変内容のある本でした。

健在ならば是非誼を通じたい。今は真剣にそう考えております。本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんにちは 横町さん

更新お疲れ様です。
「津波襲来の地」の石碑。目にすると心にがつんとくるものがあります。
後世のためにもこのような石碑を置くことは大切ですね。

横町さんがこの地の過去を研究され、
忘れ去られそうな歴史を残していただけたら、
地域のためにもなりますね。
この先の未来のためにも、研究が順調に進まれるようお祈りいたします。

URL | ヤスミン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ヤスミンさん
宮城県の二大大河と言えば北上川(某が生を受けた石巻に注ぐ川)と阿武隈川です。自分は郷里に注ぐ北上川のみでなく、福島県内陸部から宮城県南部に注ぐ阿武隈川の水運も知らなければ、創作を志す者として視野の狭い者になるという危惧を抱き、阿武隈川に興味を持ちました。
そんな折にセカンドライフで入社した企業に阿武隈川水運に関わった武者家の子孫が居ることが判明し、これを願ってもない好機到来と捉え、去る8月2日に現地を取材しました。

彼は武者家の子孫に相応しく律儀で徳の深い人物でした。然らばこの誼を己の創作で著し、彼に対しての誼を更に深めたいと考えました。武者家の家系図発表はインターネット初見算ですが、誰かが書かねばならないという強い使命感を感じて作成に至りました。

某の書いた記事がこの地の復興に少しでも貢献できるならば、他に望むことはございません。本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今日は、

津波襲来の地の石碑が有る場所が年貢米を蓄えた蔵が有った
場所でしたか、
武者家の旧家跡地に200年以上も前の米倉が1棟残ってたのも
興味が湧きますね、
明治末期の堤防がない写真が残ってたのも其の後の震災の
教訓に繋がったのでしょうね、

URL | 雲MARU ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

色々な理由で、歴史的価値のある資料を失うこともあるかと思いますが、ネットの普及により、調べ易くもなっていますね。横町さんのような興味を持たれた方に、洋々な方法で、まとめていただければ、後々どなたかのお役にたつのでしょうね。頑張ってください。

URL | 布遊~~☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

武者家の由来の調査、緒についたばかりで、前途は多難かと思いますが、これからを楽しみにしております…。。。

ところで、阿武隈川、「智恵子抄」にも出てきますね…。。。私にとっても、北上川とともに東北で訪れてみたい大河です…。。。

URL | boubou ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今晩は

今日は足跡だけでごめんなさい

ナイス☆

URL | 62まき ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 雲MARUさん
国や県、町は復興を優先したのでしょうが、この町の歴史にも少しは配慮して欲しかった気が致します。即ち、水運経済で賑わった往時の繁栄ぶりを偲ぶ縁が極めて少ないということです。先ずは教育委員会が率先してこれに向かって頂きたい。某は記事でこれを訴えたいと感じています。

この家系図は傍から見て初験算と察しております。これがないと前後関係が理解し難いと思ったからです。自分の存在は過去の郷土史家と後進のかたの単なる中間に位置すればいい。アナログ時代とデジタル時代の中継ぎ役で十分と認識しております。それには先ず己が頭を低くせねばなりません。その姿勢なくして誼などないと捉えています。

本日もお励ましを頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 布遊~~☆さん
今回二冊の文献を調べて感じたのは、インターネットに掲げられているのは情報が浅いということです。自分は武者家のルーツにも興味がございましたが、ここににメスを入れることで荒浜の隆盛を語りたかったのです。

先ずは調べることで書きたいものがはっきりと見えて参ります。取あえず第一ステップ(叩き台作り)はこれでいいと思っています。

本日も格別なる追い風を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> boubouさん
昨夜、某が所属している石巻千石船の会のHPを見たところ、研修として震災前に亘理荒浜地区を訪ね、武者家の子孫のかたと対面していることがわかりました。もの書きとして自分は北上川水運関係のみの知識では浅いと考え、阿武隈川や最上川も視野に入れています。

貴兄の東北旅行が実現した折には山形を流れる最上川の観光もお勧めしたいと存じます。最上川で芭蕉の旅路を偲ぶなら舟下りもございます。

昨日はとにかく第一段階である風呂敷を広げたと認識しております。これを足場として更に研鑽を深め、新たな執筆に繋げて参ります。
本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> 62まきさん
とんでもございません。いつも多大なるモチベーションを頂戴し痛み入っております。

今週もいい週となりますことを心からお祈りしています。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます。
地域の歴史というのは、掘り下げれば下げるほど、知れば知るほど興味深くなるものですね。また、新たな疑問も生じて来る訳ですね。

URL | motoyoshi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> motoyoshiさん
歴史というのは奥が深いです。最初は点に過ぎなかったものがどんどん繋がってくる。即ち、武者家は武田家臣から伊達についたのではなく、明らかにワンクッション入れて相馬に籍を置いた形跡がございます。これは数年前に相馬勤務を経験し、相馬郷土研究会に入り、いろいろと学ばせて頂いたから読めることです。

本日も厚誼を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

昔から水運の発達した場所であり、よって米蔵にも
適した立地だったのですね。
昔の写真では往時の繁栄の一端を測り知ることが
できます。
いつもながら詳細な調査には感心いたします。

URL | ことじ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ことじさん
災害で疲弊した地域にスポットを当て往時の栄華を偲ぶ。これが少しでも復興の一助になれば幸いと認識しております。
過去に仕事の都合で一年半ばかり住んだ亘理ですが、改めまして武者家の末裔との出会いに不思議な因果を感じます。然らばこれをペンを進める推進力に向けたいと心得ます。

本日もお志を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

亘理町沿岸は津波襲来の地なのですね。阿武隈川
水運にかかわった武者家のルーツを辿って
解りやすく書いてくださいました。今後も
より以上の復興を祈ります。
執筆活動お疲れ様です。

URL | ボタンとリボン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> ボタンとリボンさん
歴史を記事に書くというのは不思議なもので、マイナーなものでも突如脚光を浴びるときがございます。三代目の武者惣右衛門と荒浜で会った河村瑞賢は全国で名の知られた大商でしたが、武者家の知名度はさほどでございません。

しかし誰かが取り上げることで武者家のほうも知名度が上がります。自分は敢えてその役を買いたいと考えました。いつしか郷土史家の目に止まることを信じて、地道に精進して参りたい所存です。

本日も格別なる追い風を頂戴しました。コメント、ナイスを頂きありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

> だにえるさん
そうおっしゃって頂くと心が軽くなります。今は壁に当たった武者家の家系図作成ですが、武者惣蔵氏、或いは子孫とお会いすることで、この家系図は更に進展するものと考えています。同時に郷土史家との接触も大きな鍵を握るものと考えています。

余談ですが、自分は数年前相馬勤務時代に相馬郷土研究会に所属していろいろと学ばせて頂き、相馬のかたには親近感を抱いています。本日は厚誼を頂戴しました。おはからいに感謝しております。ありがとうございます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)