FC2ブログ

宮城県北部の登米市に残る120年以上前の古い小学校の校舎、旧登米高等尋常小学校

9月20日のKROG登米ミーティングでこの建物の見学をしたので紹介します。


この国指定重要文化財の建物は現在は教育資料館として一般に公開されています。

それにしても登米市は水澤県庁、警察資料館、武家屋敷が3ヵ所など非常に文化遺産の多い町です。
この地は江戸時代は北上川の水運の拠点として栄えたところでも有名です。


何度かの改修工事で修復されているため、建物のコンディションは良好です。



この建物の顔とも言うべき正面のバルコニーは当時としては洋風でモダンなデザインです。

この時代は西洋文化の模倣が盛んに行われた時代なので、この建物もこれに類するものなんでしょう。


バルコニーの格子状の化粧天井、化粧鼻隠し、柱上端部の化粧と盛んに洋風建築のデザイン手法が取り入れられています。



バルコニーの柱のストライブ、化粧手摺のデザインもかなり凝っています。



これは開放廊下ですが、天井の竿縁、真壁、垂木などは和風建物調…そう当時の建物の多くがそうだったように、この建物も和洋折衷です。



これは時鐘(じしょう)と言って今で言えばチャイムに該当するもので用務員さんが鳴らしていました。

電気器具があまり普及していなかったんですね。それにしても用務員さんも大変だったようで、居眠りしている間もなかったようです(笑)


中庭の井戸です。創立当初は水道もなかったのでしょうか?



建物の特徴です。和洋折衷で、吟味された建材を使って建てられたようです。



建物の間取りです。トイレは別棟になっています。



建物の設計者(大工の棟梁)の山添喜三郎です。この建物の設計する前にヨーロッパのオーストリアとアメリカに出向いて現地の建物を視察してきました。今で言う建築家です。



住所:宮城県登米市寺池桜小路6、入場料¥400、東京方面からのアクセスは東北道~仙台南JC~三陸道~登米IC下車後5分で着きます。


詳しい地図で見る

次回は建物の内部と展示品について紹介します↗お楽しみに!

関連記事

コメント

No title

小学生の時 ちょうど校舎建て替えの頃でしたので 大変懐かしく思いますが、この様なバルコニーは在りませんでした!
渡り廊下は在りましたが、開放廊下ではありません。
この小学校は特別な創りだと思いますよ!

URL | yesmac ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

豊前あまごさん、この間取りはカタカナのコの字にすることによって中央(中庭)に向かっての一体感(児童、職員)が生まれるという棟梁の狙いがあったと思います。
それにしてもこの時代に、この場所によくこういう学校を建てたものです。それだけこの地が要衝の地だったという証なのでしょうね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

歴史的に貴重な建物なんでしょうね。。。
和と洋の感じが良いですねぇ~
僕も今度、行ってみます。

URL | DRZ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

こんな素敵な校舎でお勉強をした 当時の子供たちがうらやましいですね^^
開放廊下・・・とても 気にいりました♪
ポチです!

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

DRZさん、この界隈は冒頭でも紹介したとおり歴史的建物が多く見ごたえは十分です。僕のブログでも完全に紹介しきれていません。
全部見たら一日コースで歴史好きにはたまらない観光散策ポイントだと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

みぃ~さんは小学生の時に勉強した校舎を思い出したのではありませんか?そういう僕も小学校5年まで木造でした。
でも不思議と(僕の場合は)木造校舎のほうが思い出が残るものなんですね。あー、昔に戻りたい(笑)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

これは立派な学校ですね!
私の通っていた小学校も100年以上経っていましたが
途中で改装などが入りこんなに趣がなかったですねぇ~!!!
校庭でビー玉やメンコなどで遊んだのが
今となっては懐かしいですね (┯_┯) ウルルルルル

URL | ノス ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ノスさん、木造校舎は消えゆく運命にありますが、この校舎で学んだ日本のよき情緒(一種のロマン)は忘れられませんね。
他にけんだまやベーゴマも懐かしい遊びです。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

すばらしい建物ですね。
少し前にJRが宣伝していました。
今度スケッチに行かねば、と思っています。

URL | KOX ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

KOXさん、この地区は歴史的建物が多い場所です。是非描いてください。楽しみにしてます。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

凄い建物ですね。古い時代から教育に力を注いでたという県の
姿勢が良く出ていると思います。
まあ、建物が良いからって事でも無いのですが、
それにしても、学舎が素晴らしいのは、現在の泉区辺りの状況を見ると
当時から現在まで続いている、姿勢なんでしょうね。
いやいや、こういう地域で育った方がうらやましいって思います。

URL | すなよし ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

すなよしさん、この建物は結構有名なようですが、中越のほうのこういった古い建物も興味があるので、良かったら紹介してください。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

素敵な建物ですね…
一度行ってみたいです
っていうか・・・東京より北に行ったことないんです(;^^A

URL | kyasarin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

Kyasarinさん、飛行機って手もありますが、同じ本州でも結構遠いですよね。
でも歴史的な古い建物が好きなかたには登米市はお勧めポイントですね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

前回「旧登米小学校」とコメントしましたが「尋常小学校」だったんですね。
母は昭和初期生まれで高等小学校卒なんでそれよりも旧い学校ですね。
私は展示物を大いに興味深く拝見しましたが、
母は意外にもあまり興味深くはなかったようで淡々としてました。
近くにある地場産品の販売所は双方楽しみました。
私は母との精神的不一致を忘れることにしています。

URL | ☆アツ☆ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

アツさん、お母様とここに来ただけで素晴らしいことだと思います。
この小学校を撮影した時、同じバイクの仲間二人と一緒でした。
そのうちの一人は3月11日の震災で返らぬ人になってしまいました。
そういう意味でこの今改めて記事を読み直すと彼のことが思い出されるのです。
彼は歴史好きで博学でした。
今NHKで「あの人に会いたい」という故人を偲ぶ番組が放映されていますが、私もこの場所に行って、彼を偲んでもう一度彼に会いたいと思います。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)