FC2ブログ

秋のシルバーウイーク初日に秋保(あきう:仙台有数の温泉街)と並ぶ仙台市の奥座敷、作並(さくなみ)を訪ねました。バックに見える山はJR仙山線(せんざんせん)脇にそびえる絶壁、磐司岩(ばんじいわ)です。

仙台中心地からはクルマで30分ほどで到着します。遊園地やゴルフ場、サーキットのある西仙台ハイランドの西のあたりで、山形県境まで15分くらいのところです。


この赤煉瓦の外壁の色は非常にインパクトがあります。この日は秋晴れ♪に恵まれました。



一見、札幌の時計台(時計がついていませんが)を思わせるとがった屋根の建物です。



外に飾ってあったポットスチル(単式蒸留器)です。なんと1953年から北海道の余市蒸留所で使用されていたものということです。(大きさは仙台工場の物の1/10)



中にはには池があって白鳥が泳いでました。白鳥って結構デカイんですね(笑)



それではゲストハウスの中に入ってみましょう。入って最初に目をひいたのはお馴染みの髭のニッカの看板です。



もちろん一般の小売店と同じようにウイスキーの市販品が置いてあります。



これは5年ごとのウイスキーの熟成度をサンプルで展示したものです。25年ものよりも20年もののほうが色が濃いのは樽が違うためとのことでした。



いい雰囲気のカウンターですね♪…と言っても飲み屋さんではありません。カウンターにおられるのはニッカの社員の方で、お客にウイスキーの香りや味について説明してくれるようになっています。



真ん中と右は50年前(昭和34年)に仕込んだウイスキー、左は昭和35年です。髭のラベルもなかなかレトロな雰囲気です。古いウヰスキーっていいですね↗まさに琥珀色の宝石ってところでしょうか?



東北一の飲食街国分町(こくぶんちょう)名がついた非売品のウイスキーです。

私も若い時はずいぶん、国分町(略してぶんちょうって言うのが通称になっています。)に行きましたが、このボトルを見たのは初めてです。(驚!)でもバイクなので飲めないのがつらい↘


最後に、北欧風の中庭と磐司岩をバックにしてのニッカの看板です。(本音)香りだけ嗅いで蛇の生殺し状態になってしまった(笑)だから、今度来るときはJRかバスで来て美味しいウヰスキーを味わいたいです。



ニッカウヰスキー仙台工場の場所は下の地図の+印のところです。住所:仙台市青葉区ニッカ1番地


詳しい地図で見る
関連記事

コメント

No title

こう言う所に行っちゃうと、試飲したいって思ってしまいそうです。
さすがに、足つきで行ったらムリですからねぇ。
うーん、欲求不満が溜まりそうな場所です。

URL | すなよし ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

すなよしさんもウヰスキー党ですか?これは『乗るなら飲むな』じゃなくて『飲むなら乗るな』の世界ですね。(笑)交通機関としては町はずれでタクシー代が高くつくので、JRかバスで行くしかないようですね。
余談ですが、この場所の立地の理由は良質な伏流水(地上の流水が地下に浸透して流れるもの)が得られるのも大きな理由のようです。
またこの工場は仙台の街から隔絶していて、北欧風の建物や庭とともに異質で非常にいい雰囲気を出してました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

おはようございます^^
そうです。
とっても きれいなとこでした。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

みぃ~さん、↑にも書きましたがウヰスキー工場の立地条件として良質な伏流水が得られるかどうかは重要なポイントのようです。
アルコール類(日本酒も洋酒も)は原料の質もそうですが水の良しあしが出来栄えに大きく影響しますよね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

見事なレンガ造りですね。圧巻です!
同じようなニッカウィスキー工場、近所にあったのですが
移転してしまい寂しいなと思っていた矢先なので何か懐かしいです。

URL | ジュン ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

国道48号線のところですね。。。

この道、よく仕事で通りますよ。でもウィスキー工場は行ったこと
ないですけど。今度行ったら「グイッ!」と試飲でも。。。
僕はバイクで行っても飲んじゃいそうです(笑)

URL | DRZ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ジュンさん、九州にもニッカの工場があったとは思いませんでした。近くにあるとうれしいんですが…
でも今度はマジでクルマ、バイクを置いて行ってたっぷりとウヰスキーの昼酒を飲んで、国分町(仙台の繁華街)に直行したいですね♪

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

DRZさん、バイクの運転代行あればいいんですが…(笑)
僕も最初は見るだけと割り切ってゲストハウスに入ったんですけど、カウンターの人に『ウヰスキーの匂い嗅いでみますか?』と勧められてから、生○し状態になってきましたね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんの記事のお陰でNIKKA WHISKYのHPを見ました^^
工場見学って面白そうですね♪♪♪
アルコールは嫌いじゃないけど…ほとんど飲めない(;^^A
飲める人が羨ましい・・・

URL | kyasarin ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

kyasarinさん、役に立ててうれしいです。まあ飲めなくてもいいじゃないですか。ウヰスキーの匂い嗅ぐだけで酔えそうですよ(笑)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさん、おはようございます^^

いいところへ行かれたですね!
ところで、試飲はできたんでしょうか?

私は、50年前に仕込んだウィスキーを試飲したいです^^

URL | kurumi ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

くるみさん、残念ながらバイクのために飲めなかったんです。ウヰスキーの匂いだけ嗅がせられて○○の生殺し状態になってテンパッて家に戻ってきてビールをガブ飲みしてしまいました。(笑)
ウヰスキーの飲み方としては以前にも言った通り、ロックでちびりちびり(ウヰスキー本来香りと味を堪能)のが基本ですね。
僕が飲んだウヰスキーで一番ねかせたのは17年(バランタイン)ですが、ウヰスキー好きとしてはそれよりもねかせたのがどんな味がするのか興味はありますね。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

試飲も出来るのですか!?
日本一周計画に ここもエントリーします♪(笑)

URL | yesmac ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

豊前あまごさん、日本一周とは楽しみ♪ですね。どうせならコンポにバイクとゴルフ道具、釣り道具を積んで道楽行脚??したらどうですか?(笑)
でも僕もしてみたいな~↗

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

バックの山は 鎌倉山 と言うのだと思いますが・・・

URL | ひろ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ひろさん、鎌倉山 は七ッ森のほうのようです。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

定年まで未だ10数年ありますが、定年後は 軽キャンパーに釣り道具を積んでの日本一周温泉巡りを目論んでいます!
ゴルフ道具にバイク積むとなると軽キャンパーではムリですねぇ~!
前向きに検討しまぁ~す♪

URL | yesmac ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

豊前あまごさん、バイクまで積むなら軽では難しいですが、キャラバン・ホーミークラスならできそうですね(笑)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

トラックバックありがとうございます。

ニッカウヰスキーと聞けば弘前のにニッカシードル工場とダブります。
こうした工場の見学は香りにノックダウンしますね・・・
蛇の生殺し・・・お察し申し上げます(笑)
北海道のワイン工場を訪れた際の夫の顔を今でも覚えています。

看板も味がありますね・・・
帰宅されてさぞお酒美味しかったでしょうね♪

URL | 和奴 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

和奴さん、弘前のにニッカシードル工場の記事、以前拝見させて頂いた記憶がごさいます。
酒飲みにとって見るだけ嗅ぐだけというのはきついですね(笑)
今度は電車かバスで行ってしっかりと呑んできたいと考えています。トラックバック先にコメントを頂き、また相互トラックバックを頂き感謝しております。本日はありがとうございました。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)