fc2ブログ
 青森県十和田市の某畳屋さんは、1997年4月ころ、自宅敷地内の倉庫周辺を草刈り中、草むらの上にちょこんと乗っていた石に気付きました。すぐそばのトタン屋根の軒先に同じ形の四角い穴もあいていました。 

 拾い上げた石をしばらく放置した後、ある人の勧めで鑑定を受けたところ1985年~90年ころに落下した隕石であることがわかりました。




 隕石のUPです。この隕石は重さ53.5グラムの比較的小さいもので、ほぼ4センチに3センチの四角形、厚みが3.5センチで、てのひらにすっぽり入る大きさです。青森県で隕石が発見されたのは、1984年6月30日に青森市松森に落下した「青森いん石」以来17年ぶりのことです。

 後でインターネットで「隕石」を調べると、結構日本にも隕石が落ちた記録があるようです。この隕石は夜空に落ちるときに、きれいな流れ星のような形で地上に落下したのではないでしょうか?

 この隕石は青森県十和田市の市民文化センターの1階ホールに展示されています。



関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)