fc2ブログ
  皆さん、この乗り物はなんでしょう?こうして後ろから荷台を見ると普通の4輪トラックにしか見えないと思いますが…






 この部分を見るとクラシックバイクの前輪に見えるかな?




 種明かししましょう。これは福島県のゴルフ場に行く途中のガソリンスタンドで見かけた三輪トラック(オート三輪)です。残念ながらこの三輪トラックはナンバーは付いていますが、車検が切れており現役ではないようでした。型式は1960年代にマツダが製作した最終発展型のT2000です。
 
 私が小さいときはそんなに珍しくないくらい普及していたんですが、今ではほとんど見かけなくなりました。生産中止から40年以上も経つので当然ですが…




 フロントのマツダのエンブレム、昔はこんなロゴだったんですね。




 運転席を横から見たところです。このデザイン今見ると斬新に見えますね。型式のT2000のエンブレムもついてます。




 運転席の屋根は結構アールがついています。屋根にはブルーシートのようなフォロがついていました。




 ハンドルの真ん中のマツダの「m」のロゴマークも昔のものです。ヒーターは露出になっているようです。計器類もスピードメーターが真ん中についているだけで、非常にシンプルです。助手席のつかまり棒もなかなかユニークです。

 今、こうして見ると懐かしさの中に哀愁を感じます。戦後の日本を、高度経済成長を、オイルショックを見続けて昭和の町を忙しく疾走した貴重な乗り物をいつまでも保存してほしいと思います。まさに昭和ロマンと言えるのではないでしょうか。



関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)