fc2ブログ
 港町として有名な宮城県気仙沼市の中心地は古い建物が多く残っています。かつての繁栄を思わせながらもどこか哀愁を漂わせる味のある建物をお伝えします。
 ほとんどの写真は下の地図の+印のあたり(国道45号線沿い)で撮影したものです。

詳しい地図で見る

 この建物だけが港の前の通りにありました。海産物の問屋のようです。外壁が緑っぽいのは銅板の緑青(ろくしょう)のせいでしょうか?幕板部分のギザギザの模様や古い屋号もなかなか味があります。どこか港町情緒のある建物です。




 これは本通りで見かけた石張りの洋風建物です。1階は居酒屋さんが入っているようです。




 本通りの板張りの建物です。昭和初期の建立でしょうか?かつては活気あふれる商店(事務所?)として栄えたのでしょう。




 これは上の写真の建物を斜め方向から写したものです。右側の円形の窓が大きなポイントとなっています。




 本通りで見かけた古い商店です。かつての繁栄を伺わせます。




 角地に建つモルタル塗りの商店です。看板を見ると今でも現役のようです。どこか哀愁が漂います。




 気仙沼女子高近くで見た板張りの建物です。現在は使われていないようです。




 45号線の現在の街並みを撮ってみました。古い建物もだいぶ少なくなりましたが、かつての港町の活気を思わせる本通りです。



関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)