fc2ブログ
 気仙沼港に船を見に行ったら、ちょうど岸壁から船に足場板をかける作業が始まろうとしているところでした。建設業に携わる私にも作業順序に興味があったのでしばし(異業種の作業を)見物することにしました。
 まず、船をロープでこのようにアンカーに巻きつけて固定します。船にぶら下がっている数珠のようなものは、船同士がぶつかってもダメージを受けないようにするための衝撃緩衝用クッションです。船から水が排出されています。
 余談ですが船のエンジン音は水平対向式なんでしょうか?「ボボボボボ…」という独特の音は港の情緒を感じさせます。




 いよいよ大人数で足場板を担いで船にかけます。「いくぞ~」…「せ~の~」




 足場板がかかると、今度は手摺ロープの張りかたです。最初は親綱も安全帯も使ってないので、ハラハラしました…建設現場だったらこういう危険作業は厳禁です。失敗したら海に落ちるだけですが、救命具くらいはつけたほうがいいのでは?と思いました。




 ここまでくれば大丈夫でしょう。あ~、落ちなくてよかった。でも勇気があります。やはり海の男です。私も船酔いさえしなければ船乗りになってもいいんですがね~(笑)



関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)