FC2ブログ
【はしがき】
 若いころから古風で落ち着いた喫茶店が好きでした。珈琲そのものも好きですが、建物やロケーションが作り出す雰囲気にひたって、日常の繁雑から抜け出してゆったりとした気分になりたい(心の贅沢を味わいたい)のがその理由です。個人的には日本の伝統的な建物も好きですが、どちらかといったら洋風で古い建物が好きです。
 地方に行っても街中でモダンな外観の喫茶店をよく見かけます。このシリーズ(アンティーク喫茶店)ではそのようなシャレた喫茶店を皆さんにリリースしていきたいと思っています。

 今回訪れたのは宮城県気仙沼市魚町のエースポート(気仙沼観光桟橋)の道路をはさんで向かい側にある「可否茶房亜紀」です。可否はコーヒーの当て字なんでしょうが、なかなかインパクトがあります。下の地図で印+のところが「可否茶房亜紀」です。


 エースポート側から見た「可否茶房亜紀」の外観です。観光客でにぎわう客の目を引くのに十分な洋風

の落ち着いた外観です。





 看板です。建物と植栽のバランスがなかなかGOO、アールのついた窓も洒落ています。デザイナーのセ

ンスが光ります。





 窓に着いた手すりは化粧です。ランプも洋風で建物とマッチしています。




 内部のカウンターです。夜はスナックになるんでしょうか?港町なので観光客の他に船乗りの方も来る

のかも知れません。

 【追記】そう言えば28年くらい前の社員旅行(気仙沼旅行)で宴会が苦手(今は得意)だっ

た私が先輩と一緒に逃げてきたのはひょっとしてこの店だったかも知れません。




 内壁の赤煉瓦がまたおしゃれです。照明器具もランプ風です。




 ブレンド珈琲です。どちらかというとアメリカンに近い感じでした。立地条件もよくまた来てみたくな

る喫茶でした。ここにきて港町気仙沼の旅情にひたるのもいいかも知れません。

 ちなみに向かい側のエースポートからは観光の目玉の大島行きの船(片道15分)が発着しています。



関連記事

コメント

No title

雰囲気のいい純喫茶みたいで、砂糖とミルクの容器もいい感じで、こういう所を行き付けにしたいですね。

URL | 不来方 条 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

不来方さん、観光客でにぎわう観光桟橋を横目に見てのコーヒーもなかなかいいですよ(笑)三陸に来たときは是非気仙沼にもお立ち寄りを…

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ミックさんこんにちは^^
渋い趣味ですね~、
私は東京にいた頃、「純喫茶」なんとか みたいな昭和を感じる喫茶店で(地下にある場合が多い)混雑を避けて、まったりするのが好きでした。
女の子とデートに行ってもそんな怪しい喫茶店に連れて行くので、よく笑われました(笑)

URL | ケ〇ジ ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ステキなお店ですね^^
とぉ~~~~とも、静かな雰囲気の喫茶店に・・・
いつも、元気なミックさん・・・なるほど^^
ミスマッチも良いですね(笑)

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ポチッ 忘れた^^
ポチ っとなぁ~~~^^。

URL | - ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

この2階は住居なんでしょうか?
生活空間よりも外観にこだわったって感じで
オーナーさんの熱の入れようが伺えますね (*´∀`*)ノ

ここならのんびりコーヒーが飲めそうだ!

~~■Pヽ( ̄▽ ̄*) コーヒードウゾ♪

URL | ノス ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

け○じさん、趣味がいろいろと合うようで(笑)よかったら相双地区の喫茶店も紹介してください。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

みぃ~さん、昔、柏原芳江の歌で「紅茶のおいしい喫茶店♪白いお皿にグッバイ、バイ、バイ…」って歌がありましたが、この店に来るとそんな歌を歌いたくなるでしょう?ナ~ッ、ハッハッハッ。

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

ノスさん、2階は何になっているか今度行ったら聞いてみます。ひょっとして鳩時計用の鳩がいたりしてね(笑)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

今でも『オムライス』の美味しい喫茶店巡りしています♪

URL | yesmac ID:79D/WHSg[ 編集 ]

No title

豊前あまごさん、是非紹介してみてください。九州出張になったら行きたいです(笑)

URL | 横町利郎 ID:79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)