fc2ブログ
 無敵と言われたモハメドアリに強烈な左フックをあびせるスモーキングジョー(人間蒸気機関車)ことジョーフレージャー、これは1971年3月8日、ベトナム戦争の徴兵拒否でタイトルをはく奪され3年半ぶりにリングに戻ってきたモハメドアリが、東京オリンピックで黒人初のヘビー級金メダリストとなって、プロ転向後4年間で20連勝した全盛時代のジョーフレージャーと戦った死闘です。




 身長、リーチに劣るフレージャーですが、スピードそして蒸気機関車のような上体を激しく揺さぶる、前かがみの変則的な動き、そして非常に重いパンチに注目、15ラウンドにフレージャーの渾身の力をこめた左フックがアリの顔面にヒットするとさすがのアリもダウン…フレージャーが判定で死闘を制します。
 この一戦でフレージャーは真のスーパースターとなりますが、アリの宿敵になったことによってその後の人生に重い影を落とすことになります。
関連記事

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)