fc2ブログ
 相馬大作事件(そうまだいさくじけん)とは、1821年(文政4年)4月23日に参勤交代を終え、江戸から帰国の途についていた、弘前藩主・津軽寧親を狙った暗殺未遂事件です。
 事件の首謀者は、盛岡藩士の下斗米秀之進であり、彼が別名として“相馬大作”を名乗っていた事に事件名が由来します。
 裏切った仲間の密告により、寧親の暗殺に失敗した秀之進は藩を出奔しますが、後に幕府に捕らえられ、獄門の刑を受けます。なお、斬首で使用された刀の「延寿國時」(南北朝時代の作)は青森県弘前市指定文化財として市内に現存します。
 この事件で逃亡を図った、相馬大作こと下斗米秀之進は追手を逃れて秋田県の田舎の土蔵に隠れ潜んだのがこの土蔵です。場所は小坂町の小坂鉄道、豆機関車の展示してあるところから、東北道小坂ICへ向かって200メートルくらいのところです。(事件の内容はウィキペデイアから引用)

 これは小坂ICへ向かう道路から撮影した写真です。シャッターが付いているところをみると、改築して倉庫か車庫に使っていたのでしょうか?



 これは裏側から見た建物です。昔の農協のマーク?がついています。外壁の一部は改修工事でモルタルが塗られているようです。



 同じく裏側の道路に面したほうのアングルです。道路側に説明書きの立て札があるようです。



 立札のアップです。200年近く前に建てられた木造の土蔵が、改築はされているものの現代に残っているのは驚きでした。この立て札がなければ通り過ぎるところでした。

関連記事
[タグ] 相馬大作事件

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)